>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【大石忍】えげつなくエロい熟女が年を重ねて更に淫乱に熟成されていく過程を追ったドキュメンタリーとしてのAVシリーズ

この人が年をとった姿を見てみたい

熟女好きであれば、誰もが感じたことのあるこの想い。

若くポテンシャルの高い女優を見た時・・・

どうしても、”今”ではなく10年後、できれば20年後を見たくなる。

そして、それがもし「最初から熟女」だったら・・・

そして、それが実際に叶うとしたら・・・

「ビデオ」という、”映像”という媒体に感謝だ。

何を言っているのかわからない方もいるかもしれない。

もう、そういう人は置いていくブログにしている。

続ける。

いい熟女AV女優を見つけた時、ある意味でそれは”ゴール”の予感を伴う。

この人は熟女として現れてくれた、それ以上はない、と。

しかしながら、熟女も年をとるのである。

熟女としてデビューした女優が、更に熟成していく姿を見られる可能性はあるのだ。

若くしてデビューした「単体AV女優」が、いつしか「熟女AV女優」になっていることはよくあること。

「森下雫」としてデビューし、「川上ゆう」として極めた例もある。

【川上ゆう】プリティーエロサイボーグな彼女は「AV史上最高のAV女優」の可能性がある

また、30台でデビューし、40台の素晴らしい姿を見せ続けている方もいる。

【翔田千里】現役最高級レジェンド熟女AV女優の”素晴らしさ”や”いやらしさ”や”最高傑作”について整理しておく

そして、それがもし「最初からアラフィフ」だったとしたら・・・

最高過ぎやしないか?

正統派ドスケベおばさんの成長記録

女性というのは、年をとるほどにエロくなっていきます。

おそらく、これは妄想ではなく事実です。

熟女がエロいのは、当たり前。

更にプラスアルファが必要な時代になっています。

そんな中、”エロさ”という単純要素で存在感を放つ人がいます。

・大石忍

初撮り五十路妻ドキュメント 大石忍

この人はエロいぞ〜。

どすけべ丸出しの、最高のおばさん。

でも、それだけなら、他にもいます。

この人は、「熟成」を楽しむことができるのです。

そして、その作品シリーズが”最高のでき”となっています。

大石忍は、このブログではお馴染みの”ゴーゴーズ”の名シリーズ「人生紀行」に出演しています。

初出演時は45歳。

人生紀行 #036

そして50歳で再出演。

熟女色情旅番外編01 続・人生紀行#036

このシリーズでは、度々”再出演”の作品があります。

監督と相性が良かった証拠であり、何より間違いなく年をとっている。

より、ヌける要素が増しているのです。

その中でも、この大石忍は45歳と50歳という比較的熟度の高い内容。

ぜひ両方見て、ジーンとヌイて欲しいと思います。

ちなみに、デビュー作と旅行1作目は同時期に発売されています。

”センビレ”から出たデビュー作では、「51歳」という設定。

でも、旅行の1作目は「45歳」という設定。

深く考えるな。

間をとって、48歳にしましょう。

48歳の大石忍と、53歳の大石忍を楽しめばいいだけなのです。

自分自身がディレクターになれ!

AVのジャンルとして、「ドキュメント」というスタイルがあります。

ハメ撮りを抜きどころとして、監督と女優が一定の期間過ごすというもの。

それはそれで、面白い。

しかし「ドキュメンタリーもの」になったとたんに、それは「制作物」となってしまう。

デビュー作から最新作までをいい感じに見る

これこそ、ドキュメントとしての本当の楽しみ方なのではないでしょうか?

時の流れ

それは事実。

ディレクターは、自分自身なのです。

ただただいい熟女AV女優でもある

もちろん、大石忍は上記シリーズ以外でも活躍しています。

深く考えずに、”ただの素晴らしい熟女AV女優”として楽しみましょう。

これとか、すごくいいです。

熟女一人旅 大石忍

大石忍のエロさが、十分に引き出されています。

作品のコンセプトが、非常にそそります。

この作品は、かなりお得ですよ。

嫁の母~淫らな性愛

以下の記事でも紹介している「牧野紗代」も出ています。

【牧野紗代】どこにでもいそうな生活感が溢れるスケベ過ぎる華奢な熟女AV女優-これはもうどちゃくそ突きまくりたくなるぜ-

ヘンリー塚本監督のドラマ作品にも出ていて、演技もなかなかです。

ヘンリー塚本原作 義母(おふくろ)という名の女 男なしでは生きられぬ未亡人の母/二度目の母を眠らせてレ●プ!/娘は妊娠中!…婿を誘惑する母

「どこにでもいそう感」のエロさがしっかり演出されています。

とってもお得なやつ。

程よくたるんだ体の五十路熟女18人

他の女優も、かなりいい総集編の良作です。