>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【ガチの腹パンと飲尿】グーで殴られて本気で感じておしっこをゴクゴク飲む限度を超えたマゾAV女優【塩見彩】

「SM」というのは、非常に奥が深いものである。

簡単には、とても説明しきれない。

まだまだ自分なんぞが語れるものではない。

歴史もあるし、世界的な嗜好。

”思考”でもある。

人によって、定義や線引きも異なる。

なんちゃってSや、なんちゃってMがはびこる時代。

SMが、ライトになりすぎている。

と、憤るのは二流だ。

わかっている人、愛好家の方はブレない。

ただただ、進むのみ。

SMとは、探究心。

一方で、ハマることによって、一度は”より過激なものを”となるものだ。

探し、悩み、興奮し、深まって行く。

じゃあ、「腹パン」ってなんだろう?

暴行とプレイは何が違うのだろう?

考えるな、感じろ。

また、見つけたので共有しておく。

この人はレベルが違う。

ステージが違う人

早速ですが、”腹パン”はこちら。

お好きな人はどうぞ。

⇒ 腹パンされて膣濡らす 緊縛されて白目イキ 喉奥責めで嗚咽良し 歪な性欲マゾ解放記念日 まゆみさん26歳

見れば分かる、ルックスからも明らかな変態です。

典型的な変態顔。

才能は十分です。

パッケージに”ドキチ”と書いているところからも、本気度を感じますね。

タイトルにも「マゾ解放記念日」とあり、いい日ですね。

祝日でしょう。

”腹パン”というのはキャッチーですが、他にも注目される要素はたくさんあります。

「しっかりしたマゾ女優」が見れる良作です。

冒頭のインタビューで、もうニコニコしてるんですよ。

かわいらしい。

最初の絡みでは、軽めのイラマから腹パンとオーソドックスながら?も変態としてしっかりと存在感を見せ始めます。

ただ、”軽め”に見るのは完全に錯覚なんですよね。

十分すごいことやってます。

後半が、もっとすごかったもんで。

「イッてもよろしいでしょうか?」

という言葉が、これほど似合う人もなかなかいません。

中盤にこのキーワードを繰り返し叫ぶシーンがあるんですけど、それだけでもヌける人がいると思います。

全体を通して、まあイラマ的なものは当たり前のようにやっています。

吊るされて。

ビンタされて。

メチャクチャですわ。

でも、誰も、男優も、作品ですら、女優を超えていないんですよ。

素晴らしい作品ですが、この女優をまだまだ完全に活かしきれていない。

十分すごいことやってるのに。

上記の作品では「まゆみさん」ってなっていますが、「塩見彩」という名義で活躍されている方でもありますね。

⇒ 佇まいは上品 SEXはケダモノ 脳内性欲 高級エステティシャンAVデビュー 塩見彩

常にブレない、結果的に素晴らしくなっている作品が多いです。

⇒ 喉奥発射、希望します。 塩見彩

名義がコロコロ変わったりするのは、最近では珍しくないこと。

それでも、中身は一貫してしているので安心してください。

ぐーぱんよりも、「スパンキング」が好きな方はこちらの記事もどうぞ。

マゾ系AV女優がバックで突かれながら激しいスパンキングをされて真っ赤にお尻を腫らして感じている作品

”おかわり作品”も半端ない

塩見彩は、さすがですね。

さっそく同メーカー・レーベルで”おかわり”してます。

こちらでは、”飲尿”がご覧になれます。

⇒ 表参道で待ち合わせ 激しく尿の海に溺れたい飲尿溺水中毒女 まゆみさん

何回でも言うけど、格が違う。

オシッコで水責めって・・・

2作連続でしっかりしたコンセプト、しっかりとした内容。

小便を飲まされる塩見彩

本当に素晴らしい女優です。

一筋の光である

過激なプレイの作品も、もはやいくらでも簡単に見られる時代です。

でも、やっぱりホンモノは少ない。

「仕事で感じる」という女優は、割合的には少なくなっている気がます。

そんな中で、この人は希望。

やはりというか、こっちも出てますね。

⇒ 喉奥鬼調教 格闘女子完敗編 山咲あすか

設定はまあ置いておいて、素晴らしいことには違いないです。

こういった作品、女優というのは、そこまでの”過程”を想像する楽しみも。

ご主人様がいる(いた)んだろうな、と。

そして、これからどうなって行くのだろうか?と。

体に気をつけて、頑張って欲しいですね。