>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

ブロンド若妻AV女優【ジューン・ラブジョイ】純粋そうなアメリカ人妻の派手ではない自然な喘ぎ声がかわいい

ブロンド

金髪

アメリカ人

と聞くと、まず「喘ぎ声が派手なんだろうな」と思ってしまう。

「おーいえー」

と叫びながら、

スポーツのような絡み。

アクロバットな体位で、超高速ピストン。

わびさびを大切にする側からしたら、楽しめない。

ちょっと単純過ぎるな、と。

趣が不足しているよ、と。

「洋モノ」にはまった時期は、自分にもある。

外国のアダルトビデオというのは、エロではなく「ポルノ」なんだなという結論。

ひとことで”外国”と言っても国は様々で、AVにも差がある。

とはいえ、やはり日本のものが圧倒的にレベルが高い。

そんな高いレベルのエロビデオに、外国人が出るのも乙なんじゃないか?

そうして、外国人を出演させている日本のAVもたくさんあった。

でも、イマイチ噛み合わない。

ポルノにもなりきれず、企画にするには中途半端感があった。

昨今では、かなりレベルの高い外国人(相変わらず主にブロンド美女だが)もちらほら。

でも、定期的に現れては消えていく。

長くなった。

結局は、また見つけちゃったよ、という話です。

キュンとしてしまう雰囲気をまとったブロンド女性

AV作品における「美しい白人」というと、まさに「モデル系美女」が多くなります。

高い鼻、二重、青い瞳、ブロンド、みたいな。

まあ、でもみんな(一般的な白人女性)大体そういう感じです。

欧米コンプレックス?というのか、そうなってしまうのは仕方がないのでしょう。

違う言い方をすれば、ルックスには大差ない気がします。

欧米人にアジア人の判別ができないように、細かい美醜は分からないのかもしれない。

でも、伝わるものはあるのです。

言葉も見た目も関係ない、いわゆる”雰囲気”と呼ばれるもの。

外国人、特にブロンド美女というのは

気が強そう

ツンとしている

といった印象があります。

美女であれば、あるほど。

日本人であっても同じようなものですが、言葉がだけ違いもわかりやすいもの。

言葉が分からないからこそ、心で通じ合いたい。

・ジューン・ラブジョイ

⇒ 綺麗な顔してお尻と太ももが超ヘビー級!激しく責められたい欲求不満なアメリカ人妻JUNE LOVEJOY AVデビュー! ジューン・ラブジョイ

既婚者らしいですが、年齢的にも「若妻」と言っていいでしょう。

私の中で、傑作はこれ。

⇒ 人妻の浮気心 ジューン・ラブジョイ

「ちょっとわざとらしいなー」と感じる部分もありますが、いい。

外国人としてウケるであろう反応

日本語と英語のちゃんぽん

感じている演技と、頑張っている演技の間でいい感じになっている。

あと、やっぱり動きがエロいのは天然なのでしょう。

ブロンド白人らしさを出した作品はこちら

⇒ 真っ白な豊満尻をくねらせる欲求不満なアメリカ人妻の卑猥な肉欲性活 ジューンラブジョイ

冒頭で洋モノをちょっとバカにしちゃいましたが、これはだいぶいいっすね。

今までにないギャップをありがとう

ジューンは成長し続けます。

淫語をマスターしつつ、割とハードなこともやっちゃってます。

⇒ わたしの豚ヅラ、見てください。 ジューン・ラブジョイ

けっこう通な感じですね。

⇒ 縄酔い人妻 緊縛に憧れる金髪人妻 ジューン・ラブジョイ

いいです。

今までにない感がすごい。

白い肌ってこうなるんだー、と。

ドラマもいけんの?

ジューンは、演技もできるってさ。

⇒ 義父といやらしい アメリカ人嫁の肉体 ジューン・ラブジョイ

一流ドラマメーカーの「ながえSTYLE」の長江監督自ら撮ってます。

昭和的な義父もの。

内容は・・・絶妙です。

シチュエーションや演出は最高。

原作コミックものにも出演。

⇒ 事故物件×留学生 四畳半の不可思議な情事 実写版 ジューン・ラブジョイ

めちゃくちゃマルチです。

総合力が高過ぎる。

白人サイコー!

熟女妻になる日まで、続けてくれるだろうか?