>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【ザーメンを大量に放出したい】「エビオス」以外で!エビオス以上に!精子(液)が増えるアイテムや成分はある?

「精液の量」というのは、勃起や精力や”快感”に大きく影響する要素です。

”妊活”といった目的があるのであれば「精子」の量や質も重要になりますが、射精時の快感を増幅することが目的であれば、やはり精液全体の増加が必要です。

精液は、精子だけでなく「精漿(せいしょう)」という物質で構成されています。

精漿とは、

前立腺から出る「前立腺液」

精嚢(せいのう)で作られる「精嚢液」

といったもので構成されているものであり、実際に射精される精液の中で精子はほんの少しの割合に過ぎません。

ただし精子は睾丸(金玉)で作られるため、”金玉がパンパン”という表現は合っていると言えば合っています。

実際に、精子の量が多いということは、精力(勃起力)が高まっている状態です。

まあ、難しいことは置いておき・・・精液を増やしたい男性というのは

「ザーメンを大量にぶっぱなしたい」

ただ、それだけだと思われますが。

「エビオス」は実はバランスが悪いかも?

精液(精子)を増やす。

と言えば、「エビオス(EBIOS)錠」です。

ザーメンの射精量を増やしたい男性が、まず知ることとなるアイテムです。

大手食品メーカー「アサヒグループ食品」が販売する”精液ドバドバサプリ”

・・・ではなく、主に”胃腸のケア”を目的とした「医薬部外品」です。

胃もたれ

消化不良

下痢・便秘

といった、症状の方を対象にした商品です。

”精液を増やすため”ではなく「精液が増えた!」という意見があることから、精液をドバドバにするアイテムとして一部に支持されている商品です。

実際に「エビオス」は、”精液が増える成分”で構成されているとも言えます。

「ビール酵母」を中心として、

ビタミン

ミネラル

アミノ酸

をバランスよく配合しています。

その中には、「亜鉛」と「アルギニン」という2大勃起成分も含まれます。

精力(勃起力)増加にもつながる、と考えられます。

また生命活動に必要な栄養素のかなりの割合をカバーしており、トータル栄養バランスを求める方にもおすすめできるアイテムです。

一方で、「エビオス」はその”副作用”的な面も知られています。(薬ではないので副作用とは言わないが)

その最たるものが、ビール酵母に含まれる「プリン体」です。

ご存じ、「痛風」の原因となる物質です。

インポに悩む世代というのは、もれなく痛風の症状に悩んでいる・不安を持って過ごしている、という方が少なくはないと思われます。

そのため、

痛風の脅威を感じながら勃起力を求めていているおじさん

には、「エビオス」の摂取はおすすめできないことが現実です。

その他にも、

  • 満腹感(膨張感)
  • げっぷの増加
  • おならの増加と香りの強化
  • 体臭の強化
  • 脇汗が黄色くなる
  • 精子がゼリー状になって怖い

といった変化が報告されています。

この辺は基本的には”体質による”と言える要素であり、自分の場合は服用後に確かに「げっぷ」と「おなら」が増えました。

服用していた期間のザーメンの量の変化としては、”微増”でした。

メリット(精液の増加)とデメリット(不快感)のバランスで利用を考えるべきですが、その他にも「エビオス」を劇的におすすめすることはできない点として・・・

亜鉛やアルギニンを大量摂取したいと考えた際には、実はそれほど効率的ではありません。

成人男性に必要な量・精力サプリに含まれる量と同じくらいの量を摂取したいなら、「エビオス錠」自体を大量に摂取する必要があるのです。

これでは、”サプリ的なもの”を利用する意味があまりありません。

いい商品には違いないがそもそも”それ”が目的ではない

精液ドバドバの代名詞だった「エビオス」は、今となってはいわゆる「プロテイン」に近い存在なのかな?と思います。

”あらゆる栄養素のトータルバランスがとれている食品”ということです。

「完全食」に近いものであり、慢性的な栄養不足であれば摂取するメリットはあります。

一方で、精液を増やしたいのであれば「精力(勃起)サプリ」の方が圧倒的におすすめです。

そもそも「エビオス」は、精液を増やすために作られていません。

”それ”を目的とて作られたアイテムの方が、効率的であることは言うまでもありません。

基礎的な知識として”勃起成分”を知っておくことで、アイテムに頼らずとも日常的に精液の量を増やすアプローチはできます。

ザーメンを増やしたいなら”単純なこと”から始める

精液を構成している物質とは、結局は”タンパク質(アミノ酸)と亜鉛”です。

「エビオス」を飲むと精液が増えるのも、”ビール酵母そのもの”がたんぱく質だと考えることもできます。

そのため、

お肉をたくさん食べる

というのは、精子を増やすうえで基礎的なことになります。

「卵」も鉄板です。

そもそも、意外と盲点なのが”食事量が少ない”ということです。

当たり前のことですが、材料が無ければと精液は作れません。

ザーメンを増やす際に、一番気にするべきなのは”食事の絶対量”だったりします。

デブというのは、基本的にザーメンの量が多いです。

いっぱい食べることが、最も単純なザーメンの増やし方です。

一方で、年をとるごとに”食が細く”なっていくものです。

食事量が減っていることが、中高年のインポ化の根本的な要因でもあります。

また、肥満が”よくない状態”であることは言うまでもありません。

そのため、日々の食事の「量」と「質」のバランスを考える必要があります。

それはめんどうだ、難しいのであれば、ぜひサプリといったものを利用しましょう。

ザーメンを劇的に増やしたいなら、「エビオス+精力サプリ」が鉄板です。

お財布や体質と相談して、ぜひ試してみて欲しいと思います。