>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【竹内夏希】”気が強そうでお嬢様っぽいのに実はマゾヒスト”というギャップが魅力のイラマチオされてガチゲロを吐いている美形AV女優

人は見た目なのか

人は見た目ではないのか

何がエロで

エロとはなんなのか

見る人によっても、違ってくるものなのだろう。

好みとか、フェチとか、ギャップとか。

好きではない人にとっては、とても耐えられないものもあるだろう。

その一方で、”最初ダメだったけど”気がついたらハマっていることもある。

食わず嫌いは、よくない。

もったいないかもしれない。

なんでも、試してみることが大事だ。

例えば、「ゲロ」とか。

なんだろう・・・

今回は「ゲロ入門」とでも考えてもらえれば。

「あの子がゲロイラマ」の代表作

好きな人は好き

受け入れられない人は無理

という対象の極致かもしれません。

そんなの見たら萎えるでしょう・・・

そんなの見て興奮できるわけない!

という方が大半かもしれません。

少なくとも、表面上は。

しかし、「超好き」という方もいるんです。

「ゲロ作品」というのはそれを冠にしたものもありますが、「作品上出ちゃったらしょうがないよね」というパターンも多いです。

特に「イラマもの」では、セットみたいな感じになっていることも。

そっち系が好きな人にとっては、別に珍しくはないもの。

当たり前に、受け入れているものかもしれません。

しかし、そこに”ギャップ”というスパイスが加わったとしたら・・・

より興奮できる、素晴らしい機会になると思います。

このブログでは何度も紹介している「えむっ娘ラボ」が、またやってくれています。

容姿端麗マゾに情けは無用 喉奥に轟くバイオレンスイラマ白書 女子大生まいさん

まず、美形です。

ツンっとして、ちょっと気が強そうでもあります。

いろいろな意味で「こんな子がこんな作品に・・・」となるでしょう。

ちょっとハードすぎやしないかい?

と、ちょっと心配になる内容ですね。

頭をお尻で抑えられながらのイラマチオ

喉が”あの形”をして動いているのは、なかなかの光景です。

好きな人は、超好きだと思います。

「実は違和感がない」というのもポイント

ギャップとは言いましたが、ギャップに見えてそれほどギャップでもないのです

とても似合ってます。

本性とか、いろいろなものが晒け出されている。

この作品では「まいさん」となっていますが、「竹内夏希」ですね。

清楚というか、潔癖というか、お嬢様的な印象がある女優です。

最愛の夫のため…マネキンになった私~麗しのマネキン夫人外伝~ 竹内夏希

正統派美人なのに、ちょっと変わった作品が多いです。

唾メイト ~エアーセックス&唾垂らし唾刷り込み~ 竹内夏希

なかなか方向性が難しいかも。

くすぐり入門 ~はじめての足裏観察&各所くすぐり~ 竹内夏希

もともと、フェチ向きの女優なんですね。

そして、竹内夏希をしっかり観察していれば「マゾだな」ということは分かるはずです。

その性癖が、しっかり活かされた作品が今回やっと出たなと。

普通のカラミが見たい方は、こちらをどうぞ。

俺の部下と結婚して人妻になった最高の愛人と種付け不倫旅行 他の男と結婚したらあなたの子種くれますか? 竹内夏希

普通の作品でも、しっかり輝いています。

ただ、本当はゲロ側の人間ですね。

世の中には、もっとハードなプレイができる女性もいます。

ただ、ここまでやるのもなかなかすごいです。

このくらいのレベルからは、”ホンモノ”じゃないとできなくなります。

”人形扱い”されるのが好きなのかな?と。

「ものとして扱われたい」というのは、完璧なマゾヒストです。

新たな一歩は軽く踏み出した方がいい

イラマものというのは、”ゲロがあるかないか”で評価が変わります。

水ゲロなのか、固形物の痕跡があるのかでも。

その辺がラインであり、こだわりがある人もいます。

これを機会に、新たな世界に飛び立つのもいいかもしれません。

どんなことも楽しめる男になろう。

女性はあっさりと飛び越えて行くのだから。