>>「バーチャルセックス」をする方法<<

お腹がすいている時の方が勃起しやすくなるの?-オナニーやセックスは空腹時の方が気持ちいい?-

お腹がすいている時に、やたら勃起してしまう・・・

空腹時は、勃起が研ぎ澄まされているように思える・・・

命の危険に晒された時に、生殖本能が異常に機能する

といったようなことを、聞いたことがある方は多いと思います。

これに関しては、おそらく”若い時限定”だと思います。

基本的に、空腹(栄養が足りない)時というのは

力が出ない

勃起力が弱まる

と考えましょう。

空腹程度では命に影響が出ない時代

”ヤバい時”というのは、勃起力が強まることもあります。

朝勃ちを利用した”ついでオナニー”はしない方がいい?体に悪い?だるくなる?いや気持ちいいだろ!-二日酔いの日にやたらと勃起する理由-

同じように、”空腹によって勃起力が増す”ということもあるかもしれません。

が、おそらく大した影響はないと考えます。

生物の目的とは、

・子孫を残すこと

・できるだけ長く生きること

突き詰めれば、この2つになります。

命に危険がある場合において、「子孫を残しとかないと!」と体が変化したり、生命力を原動力とした説明できないパワーが発生する可能性もあります。

しかし”現代の空腹”に関しては、正直言って大したことがないことが現実です。

満たそうと思えば満たせる、という状況です。

「空腹イコール命の危機」には、ならない時代です。

空腹程度では、生命の危機としては”たかがしている”のです。

そもそも現代の日本において、命の危険というのはなかなか訪れないものです。

「いい時代になった」と言える反面、根本的な勃起力が失われているのも確かかもしれません。

ちゃんと勃起したいなら”食べ過ぎない程度の食事”を意識しよう

エネルギーが足りなくても勃起することができるのは、若く・余力があり・テストステロンがみなぎっている時期だけです。

”お腹がすているおっさん”は、何か食べないと勃起どころではなくなるはずです。

当たり前のことですが、「食事しながらセックス」の方が満足度は高いです。

一方で、”食べ過ぎ”には注意しましょう。

食べ過ぎることは、確かに勃起を邪魔する可能性があります。

お腹がすいている時の方が脳の回転が速くなる

というのは、事実です。

というよりも、食べ過ぎることで頭の回転が”鈍く”なるのです。

食事をすることによって、消化するために「胃」に血液が集まります。

それによって、「脳みそ」の血流が鈍化すると考えられます。

同じことが、脳ではなく「陰茎」にも起こる可能性は否定できません。

”満腹時”という状況が、勃起しづらいことは経験ある人も多いはずです。

「大切な予定」があるのであれば、少なくとも90分前には食事を済ませておきましょう。

”感度”は上がるかもしれないけれど

ただし”気持ちよさ”に関しては、少し上がるかもしれません。

確かに、空腹時は神経が研ぎ澄まされる(敏感)になる傾向があります。

だからと言って、過度にお腹がすている状態では、そもそも”集中”できないと思います。

「お腹がすいたなー」という気持ちは、せっかくの楽しい時間を邪魔するはずです。

そもそも、食欲と性欲を競合させる必要はありません。

”腹八分目”とは、勃起にもメリットがある習慣です。

いつ、何が起こるか分かりません。

「異常者」を参考にしない

今回の空腹のお話だけでなく、”特別な例”というのは参考にしないことが賢明です。

性欲や勃起力に関しては、たまに”異常な人”がいます。

”飲まず食わずでヤり続ける”という人もいるかもしれません。

そういった人を、参考にしてはいけません。

そもそも、そういった異常者に関しても”基本的に若い時だけ”です。

そういった人に限って、最終的には「実はバイアグラに頼っている」ことも多いです。

健康的な習慣の方が、絶対に有効なのです。