>>「バーチャルセックス」をする方法<<

”尿を途中で止める”のはEDの予防やペニスの勃ちをよくする効果がある?

勃起とは「性的な興奮」や「男性ホルモン」や「栄養素」といった様々な要素が絡み合って起きるものですが、何と言っても”陰茎”がなければ起きません。

当たり前ですが、男性ならではの現象と言えます。

そして、起きていることは極めて物理的なことです。

”芋虫”のようなパーツが、”エッチなこと”をトリガーとして硬く・太く・大きくなる。

その際には「見えている部分」だけでなく、”おちんちんまわりの見えないところ”もしっかり頑張ってくれています。

そういった、”物理的な要素”があることを考えれば・・・

「鍛えることができるのでは?」

「鍛えれば勃起力がアップするのでは?」

と、期待する方もいるのではないでしょうか?

なんだか劇的な効果があるような、ワクワクしてくるものだと思います。

「おしっこを止める力」は勃起する時に使っている部分?

おしっこを途中で止めてみる

男なら(女性も?)誰でもやったことがあると思います。

止めた後の、あのなんとも言えない”もぞもぞ”した感じ・・・

体にいいような、悪いような、でもクセになるヤツ。

”あの時”に力を入れている部分

あの部分は、なんだか「勃起を固める時に使う部分」と重なる気がしませんか?

そして、まさしく重なっている部分です。

”あの部分”とは、「PC(筋骨盤底筋)」と呼ばれる”立派な筋肉”です。

PC筋とは、

チンコをより固くしようとする時に力を入れる部分

であり、

勃起時に陰茎に集まった血液をせき止めて留めておく働き

を担っていて、

PC筋が強いということは、勃起力が強いということになります。

また、アナルを締める「肛門括約筋」に近い部分ですが微妙に異なります。

最近耳にすることが増えた、「膣トレ」で鍛えられる部分でもあります。

膣トレとは「女性のあそこの締まりをよくするためのエクササイズ」であり、その内容の1つにも「おしっこを途中で止める」というものがあります。

より気持ちよくなるためには、男女共に<オシッコストップ>が鍵を握るようです。

もともとは、「尿漏れ」に悩む人向けのエクササイズとして推奨されているそうです。

言うまでもなく、”ちゃんと締めることができるようにする”ことが目的です。

どちらにせよ、おちんちん周りにはメリットが大きそうです。

前立腺には関係ないかもしれないがメリットはありそう

尿漏れ(頻尿)といった言葉と聞くと、どうしても「前立腺」を想像してしまいがちですが、このトレーニング自体は前立腺に対して効果があるものではありません。

女性にも推奨されている(女性に前立腺はない)ように、万人に有効です。

いずれにしても、”下半身”には間違いなくメリットがあるはずです。

この「オシッコストップエクササイズ」とも呼ぶべきトレーニングが、勃起にとってメリットがあるのか、効果がないのかに関しては確かなことは言えません。

ただし、自分なりに試している結果として

勃起力のキープに役立っている気がする

ことは確かなことです。

ぜひ、取り組む価値はあると思います。

ただしやり過ぎはよくない

という注釈が付きますが。

しかし、もしかしたら”やればやるほどいいかもしれない”という可能性もあります。

デリケートな部分であるため、あまり”無茶”はしないようにしています。

”取り返しがつかない”事態を考慮した際に、過度なトレーニングはおすすめはしません。

もしかしたら、「大きなリターン」があるのかもしれませんが・・・

とは言え、やはり筋トレと同じようなものだと思います。

ほどほどに、適度に取り組みましょう。

基本的には、”それができなくなったらヤバい”と考えるべきでしょう。

結論、

  • 下半身が健康なうちに適度に実践することで、下半身健康を維持できる
  • ただし、やりすぎによって本末転倒になることもありそう?
  • 下半身が緩くなってきたら、ぜひ積極的にやるべき
  • 結果として、下半身のトラブルを食い止める効果はありそう
  • やってみる価値が大きい

と考えられます。

またPC筋を鍛えるために一番いいトレーニングは、勃起時に意識的に動かしてみることであり”いつも全力で勃起すること”こそが何よりも大切なのです。