>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【フィリピン人やタイ人のAV女優】東南アジア系の本物の素人が出演しているAV作品-日本人とのハーフ巨乳もかわいい-

世界は広い。

いろいろな国がある。

いろいろな人たちがいる。

複雑な事情がある国も、そこに生きる大変な人たちもいる。

みんなで考える必要がある。

でも、そんなおこがましいことは言えない。

日本で生まれた時点で、圧倒的に幸福だ。

幸せは、想像力を奪う。

”そうではない”人の気持ちなんて、理解できるわけがない。

自分とは違う環境で生きる人生なんて、想像できるわけがないのだ。

それでも、ひとりひとりが動かなければいけないこともある。

全ての人間に思いやりがあれば、こんな世界にはなっていない。

このブログは「社会正義」を語るブログではない。

そもそも正義などというものが、1つの答えとして存在するわけもない。

ただし、例外もある。

これは唯一間違いない正義である、「エロ」に関するブログだ。

世界が平和になって欲しい。

覚悟を持ってしっかり気持ちよくなる女のエロさ

好きな人は好き

というジャンルに、「外国人もの」があります。

その名の通り、外国人が出演している作品です。

基本的なユーザーとしては、外国人が好きな人が多いと思います。

特定の国や民族にこだわる人もいれば、日常的に接する機会がないことそのものが貴重でもあります。

ある人は「金髪」を求め、またある人は「青い瞳」を求めさまよう。

実際に行く人もいれば、AVでイく人もいます。

好きにすればいいことです。

今回は「東南アジア」に注目。

日本からは比較的近いこともあり、実際に行かれる方も多いようです。

中国や韓国とも違う、よりアジアンチックな感じ。

性的にも、産業としても、かなりオープンであると聞きます。

人々が、素朴で優しいイメージです。

まずは、こちら。

ヴェナス

国名は明記されていませんが、おそらくフィリピンですね。

ガチの素人と思われます。

現地で出演交渉し、そしてそのまま現地で撮影したのでしょう。

部屋の中でも聞こえる外の騒がしい音が、かなり臨場感あります。

本当のリアル素人です。

男優に関しても、おそらくプロではありません。

ただ撮影には問題なく、”逆にいい”というシーンもありました。

今も販売されているということは、トラブルはなかったのでしょう。

正直に、楽しませてもらいます。

おもちゃを真剣に使って真面目に感じている顔

クンニ中におもらしをしてしまう点の反応

日本人のAV女優にはない、素直な反応がとてもエロい。

カラミでも、しっかり感じています。

自分が気持ち良くなれるように、しっかり動いているのです。

高まっていく感じ、その様子が非常にナチュラルです。

基本的に感度が高く、ポルノ女優としてポテンシャル高いです。

こちらもおすすめの1人。

ベラ

「ザ・東南アジアの素人」という感じです。

見た目は好き嫌いが多いかもですか、身のこなしは絶妙にセクシーです。

彼女達の目的は、間違いなく「お金」です。

もしかしたら、不本意なのかもしれません。

ただ、それでも、そんな中でしっかり気持ち良くなって帰ろうという姿勢が見られます。

そんなきれいごと・・・と思う方も多いかもしれません。

先進国の人間が、買い叩いていることには違いないのかもしれません。

ただ、どう見ても”ちゃんと感じている場面”はあるんですよね。

だからといって、それがいいことなのかはわかりません。

「だからいいじゃん」とは言えませんが、これが世界です。

それが、女の強さでもあると思います。

まさに「新たな世界」へ

この手の作品というのは、けっこうハズレも多いです。

内容もグダグダ、カメラワークも話にならないものもあれば

タトゥー

偽パイ

といった、”ちょっと苦手な(萎える)人が多い”ものも。

ここで挙げた2人は決してピチピチではありませんが、かなり優良作品です。

両方とも”子持ち”ですが、それこそがリアルでしょう。

そういった”コントロールできない素人感”も魅力だと思います。

単体女優とも企画女優とも、また日本の素人女優とも違います。

圧倒的なリアル。

雑多な環境で、

上記2作品をリリースする「Toy-Box」というレーベルはフィリピン以外にもいろいろな東南アジアの女性が出演しています。

彼女達のページから、カテゴリページに飛んでぜひ自分の好みを探してみてください。

効率的にいっぱい見たい方は、こちらでも。

アジアン人妻紀行 東南アジア編

メーカーは同じなのかな?と思われるオムニバス作品。

微妙な感じのパートもありますが・・・入門(にしてはヘビー?)として。

フィリピンの「人妻」や「垂れ乳」という非常なニッチの世界を濃厚に摂取できます。

”わけあり”という残酷なエロさ

日本で撮影された作品の方が、もっと複雑な事情を感じます。

こちらはフィリピンと日本の「ハーフ」ですね。

あきこ

エキゾチックでかわいいですが、もちろん”わけあり”です。

フィリピン人ハーフ母乳シングルマザー

わけあり意外のなんでもありません。

緊張感が伝わってくる、リアルな作品です。

スタッフや男優のバカっぽさが邪魔なのか、救いなのか・・・

ただ、最後の方は緊張がほぐれていていいカラミができています。

結果的によかったのでしょう。

女優のポテンシャルで、作品の質は担保されています。

みんな幸せになってくれ。