>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【ヌいた後にエモくなるAV】童顔で小柄な見た目からは想像できないセルフイラマチオまでしっかりできちゃうAV女優2選

「エモい」と「イラマチオ」

この2つの言葉が共存できるとは、誰が予想しただろうか?

「オナニー」と”エモさ”の関係としては、主に2つの要素を挙げることができる。

まず、いわゆる「賢者タイム」と呼ばれる性欲が昇華され落ち着いた状態になること。

そして、AV女優や作品への<感謝>という想いだ。

ありがとう、と。

言葉にするのは恥ずかしいけど、誰もが思っていることだろう。

一方で”イラマ”と言えば、「過激なフェラチオ」とでも言うべきプレイ。

これとエモさは、ちょっと結びつかない印象だ。

今や当たり前のように見るプレイだが、基本的にはやや特殊なことと言える。

そして、

イラマチオはぐちゃぐちゃで激しい方がエロくなるものである

と思っている方が大半なのではないだろうか?

もちろん、激しさをエロスとするのも1つの正解。

ただ、それにも限度があるし、臨界点がある。

エスカレートすることと、質が上がることは異なるもの。

方向を間違えてしまうことで、エロさがなくなってしまうのはよくあることだ。

そんなイラマチオというプレイに”セルフ”が加わった時、奇跡が起きた。

自らイラマしにいくという姿勢のエロさ

イラマチオの1つの形として「セルフイラマチオ」というものがあります。

その名の通り、”セルフ(自分)” によるイラマチオです。

自ら苦しい道を行く。

どういうことなのでしょう?

それを噛み砕いていくことで、よりエロくよりエモくなって行くのです。

まず、セルフイラマチオとは「献身」です。

気持ち良くなって欲しい

気持ちよくさせたい

もちろん、”それをすることによって感じる”という人もいるでしょう。

一方で、

なんとなく、盛り上がるよね。

こういうの、好きでしょ。

という感じで、軽くクリアしてしまう人もいたりします。

そうではない「混じりっけなしの献身」を感じた時に、急激にエモくなりませんか?

そして、それには”ルックス”もと”ギャップ”が大きく関わっていることでしょう。

ただでさえエモいAV女優

「ルックスの時点ですでにエモい」というのはけっこう大切です。

巨大なデブや完全なブスだと、正直難しいですね。

”ちょい”というのが、鍵だったりします。

もちろん、”美女”でもいいんです。

ただし、美人すぎるのはそれはそれでちょっと違います。

絶妙な加減が必要なのです。

そして、それがもし”童顔”だったとしたら・・・

抜群のギャップが発生してしまうわけです。

まずは、「工藤ララ」から。

ミニマムなチクビッ痴の連れ子に妻の目を盗み毎日乳首責め射精させられています。 工藤ララ

以前は「伊藤はる」名義でしたが、再出発したようですね。

身長が139cmとか142cmとかけっこう表記がバラバラですが、まあそんな感じです。

そんな見た目で、けっこうガンガンせめます。

もちろん、めちゃくちゃにされている作品もあったりと、見た目とは裏腹にオールラウンドプレイヤーです。

インタビューとか聞く限り、バックグラウンドを感じずにはいられません。

その辺も、エモさを増幅させています。

このブログでイチオシしているメーカー「イマジン」にも、素人として出演。

はる

正直、現状ではこちらの作品が一番おすすめです。

お風呂でのセルフイラマが大変よい。

見た目通りのプレイと、見た目からは想像できないプレイの両方を楽しめる女優です。

ベタなやつだと、この辺ですかね。

小さなパイパン少●中出し~性癖異常者の猥褻行為~ララ142cm 工藤ララ

パターンが決まっているものが多いからこそ、素材の力を感じます。

続きまして、素人系からはこちら。

沙奈子

不思議な魅力があります。

見方によって、可愛い気もするし、ブスな気もするタイプ。

色気がない気もするし、ドキッとする気もする。

「見た目とは違ってツンとしてるのになんでもやってくれる」

という複雑なギャップがエモいです。

こんな感じ。

セルフイラマはお風呂ですることが多いようですね。

よだれとか、いろいろな事情でしょう。

このこはいろいろな素人ものに出演しています。

ぜひ、探してみてください。

自分の好みの作品を探す方法は、ぜひ以下の記事を参考に。

自分の好みに合っためちゃくちゃヌケるAV作品やAV女優を「FANZA」で探す方法と見つけるための秘訣

トップレベルに興奮するギャップ

この2人の女優は、明らかに”そっち系”です。

身長も低いですし。

熟女好きとしては、正直それほど魅力的には思いません。

でも、そんな自分でも、エモいなーと。

つまり、文句なしにエモいです。

何を言いたいのかちょっと分からない回になってしまいましたが、とりあえず知って欲しかったので。

このへんのギャップを感じることができれば、さらなる興奮へとステップアップできます。

いろいろな見方ができれば、AV鑑賞がもっと有意義になるはず。

まあ、結局ヌくことには変わりありませんがね。