>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【史上最強の潮吹きAV女優】潮を吹いているということは本当に気持ちよく感じているということなのか?

「潮吹き(噴き)」が注目され始めたのは、いつ頃のことだっただろうか?

いつの間にか、当たり前のようにカラミに入る前の前戯の過程に組み込まれていた気がする。

「手マン」や「指マン」を伴うので、当然のことと言えば当然である。

ように思えるのだが、いつから吹き出すまでやるようになったんだっけ?

いつのまにか、「潮吹きが得意なAV女優」といった存在も現れて、吹ければ吹けるほど素晴らしいものであるかのような風潮も。

”潮”をフューチャーした作品もたくさんリリースされ、「潮を吹かせる方法」といったものが男性向けのメディアで見られるようにもなった。

確かに、潮を吹いているところを見たいのもわかる。

”わかりやすい”パフォーマンスだ。

かわいいほどに、美人であるほどにエロく感じ、熟女の潮もまた趣がある。

もちろん、あった方がいいのかも。

ただ、吹ける人と吹けない人がいる。

だからこそ、吹ける女優に、吹かせることに価値が生まれるのだろう。

世の中には「吹かせるのがうまい人」がいて、AV男優に多いのは当然のこと。

プロの技の1つであり、重要な指標の1つに違いない。

とはいえ、そもそも潮を吹いている光景をエロいものと感じるのかは人によるもの。

そして、それは女性の側にも言えることだ。

吹くから気持ちいいいのか

吹いても気持ちいいわけではないのか

気持ちいいから吹くのか

気持ちよくなくても吹くのか

と。

実際に、吹いたからエロいこともあれば、吹いてもエロくないこともある。

ただ1つ言えるのは、後片付けが大変だろうなと。

噴水とエロティズム

今や当たり前のように受け止められている潮吹きという現象・・・

ものすごい潮吹きクイーンがデビューしたということで、改めて記事にしました。

「明日香ゆずな」は、超人気風俗嬢。

⇒ 風俗情報サイト東京1位!SNSのフォロワー5万人超え!インフルエンサー人気嬢AVデビュー 皇ゆず

某巨大風俗情報サイトの投票イベントで、東京No1になった女性です。

つまり、ルックス、接客の質、テクニックはものすごいのでしょう。

そうじゃないと、なかなかNo1にはなれません。

そのウリは、まさに潮吹き。

実際にすごい。

心配になっちゃいます。

ここまで吹けるのは、体質でしょうね。

つまり、天才です。

「ハメ潮(指の動作ではなくカラミ中に)」もすさまじい。

もちろん、プレイも素晴らしい。

さすがというしかありません。

ちなみに、AV史上最高に潮を噴いている可能性がある女優はこちらで紹介しています。

【本当にあった怖いAV】凄まじい感度によって失神寸前になり目がぶっ飛んでしまう閲覧注意のAV女優

ちょっと次元が違うので。

潮吹きを普及したゴールドフィンガー

潮吹きブームの始まりは、おそらく「ゴールドフィンガー」からでしょう。

ご存知、「加藤鷹」の必殺技ですね。(今の若い方は知らないかも?)

潮吹きと言えば、加藤さんでした。

主役級の作品も。

⇒ 街中でナンパした素人娘を加藤鷹が全員潮吹きさせちゃいました!!素人10名7.5時間全員潮吹き

間違いなく、この人が伝道師です。

ちなみに、元祖潮吹きクイーンと言えば「紅音ほたる」でしょう。

⇒ 潮吹きクィーン 紅音ほたる16時間

なつかしいですね。

「波多野結衣」は、潮さえも美しい。

⇒ 放尿、潮吹き、大失禁。 波多野結衣

美しい人が潮を吹くのは、確かにエロいんだよなー。

この作品は「初潮」というコンセプトもあり、ピックアップ。

あと、改めて潮はやっぱりハメ潮だとなーと。

こういった作品を見て、「俺も吹かせてー」となった男は多いはず。

実際に、「潮を吹かせたいから」という理由で明日香ゆずなを指名するお客さんが多いそう。

潮吹きとガシマンの関係

「潮とはなんなのか?」

「どんな成分なのか?」

ということは、ここでは掘り下げません。

おしっこと同じ?特別な成分なの?いろいろな意見や持論があるのでしょうが、その辺の成分構成的な話に関してはちょっと分野が異なります。

実際、潮なのかおしっこなのか分からない人もいますね。

⇒ 激イキし過ぎておしっこ解禁 人生初!大痙攣・大絶頂 失禁・超お漏らしオーガズム 坂道みる

止まらない人って、いるみたいですね。

一方で、潮吹きブームは同時に<ガシマン>を生んでしまった側面もあります。

クソ客の条件の1つみたいなので、お店で披露する際には注意しましょう。

自分はアダルトビデオに関わっていた人間として、

それほど感じていなくても吹く

ということを知っています。

一方で、いくら感じていても吹かない女性もいます。

吹けば吹くほど感じているのか?

と言えば、それもNOです。

「YES」の人もいますが、”量”は実際には関係ないようです。

結論として・・・

  • 潮吹きの量と快感は関係ない
  • エロい潮吹きができる女優は貴重

ということが言えます。

ぜひ、本物を見つけてください。

こぼれ話を1つ、

昔は「ホース」とかを使って吹いているように見せていたこともありました。

影やモザイクで隠れる場所にうまく仕込んで。

今はそんな現場はないでしょうね。

必要がなくなったので。

たくさん吹ける女優が増えました。

より自然な形で、ハメている最中に吹いている状態が好きな方はこちらの記事をどうぞ。

【感じ過ぎて失禁】ピストン中にお漏らししまくっているハメ潮AV女優

やっぱり、こっちの方がエロいですね。

男優のテクニックが上がったのか?

潮を吹くAV女優は、いくらでもいる時代です。

いつかを境に、急激に増えた気がします。

昔のAVって、潮吹きのシーンがないものが多かったもの。

あっても、「ぴゅっ」と出ちゃって、あら恥ずかしい、というレベルだったような。

今は、当たり前にありますね。

そもそも、潮を吹く女優は貴重だった気がするんですよね。

天才が出始めたくらいから、変わってきたのか?

⇒ 潮吹きSEXの天才003 晶エリー

今となっては、これもまた懐かしい。