>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【TOHJIRO】過激な陵辱プレイをしっかり撮っているAVメーカーと言えば「ドグマ-Dogma-」だった

「ドグマ」と聞いて、股間がうずく人はそこそこ年季の入った変態さんだろう。

かつて、「過激なメーカー」が乱立した時代があった。

ちょっとヤバいメーカーがあったことも事実だ。

そんな中で、”他とは違うよ”という独特の存在感を放つメーカーがあった。

もちろん、ドグマである。

場合によっては、一線を超えているメーカーすら超えているのではないか?と思えるようなプレイや演出も、この人がやっていたからこそ、作品として成立していたのであろう。

「TOHJIRO」は、陵辱系監督としてその名を刻む天才。

今となっては、ちょっと懐かしい気もするのは、他にも質の高い陵辱系メーカーが増えてきたから。

どのメーカーもきっと、一度は「ドグマのTOHJIRO」を参考にしたことだろう。

間違いなく一斉を風靡した存在だ。

もちろん、今でもファンの方々が多いメーカー。

TOHJIRO監督を紹介しつつ、改めてドグマを振り返ってみる。

性癖は、ほどほどに。

過激過ぎる作品を量産しまくった芸術家

ドグマとは、超大手メーカーである「ソフト・オン・デマンド」からTOHJIROが独立して作られたメーカーです。

2001年に創立されているので、ちょうど20周年くらいですね。

詳しくは、Wikipediaをどうぞ。

熟女の代名詞だった「溜池ゴロー」も所属してたんですねー。

AV監督【溜池ゴロー】とは-熟女ブームを牽引した後に女教師の自宅を占拠しているらしい-

ドグマが珍しかった点として、「監督」が注目されたことにあります。

TOHJIROだけでなく、「ビーバップみのる」といった癖のある人間(作品)が魅力でした。

特にビーバップみのるは「淫語痴女」というジャンルを確立しました。

⇒【お得セット】まとめて抜ける!!淫語パイズラー シリーズ 黒澤那智 杏美月 青木りん

好きな人は、きっとめちゃくちゃ好きでしょう。

「カンパニー松尾」「キャノンボール」シリーズでも、独特の存在感を放っていますね。

【カンパニー松尾監督】ハメ撮りドキュメンタリーAVを築いた男の作品の見どころ【タートル今田】

陵辱系以外でも、基本的に変化球的な作品しかリリースされません。

相変わらず、独特な世界観が構築されていますね。

⇒ パイマゾ 葉月シュリ

もちろん、ドグマからブレイクしたAV女優もたくさんいます。

ドグマの現場をこなしているということは、いろいろな意味で”すごい”ということです。

顔つきが違います。

とはいえ、やはり”ドグマとはTOHJIRO”なのでしょう。

TOHJIROが生み出した作品は、当時としては、というより・・・今見てもかなりヤバ目ですね。

⇒ 限界突破シリーズ第一弾 イラマチオ全集 喉奥限界突破100人

しょっちゅう限界突破させています。

人間の限界に迫る、”徹底的に行くとこまでイっちゃおう感”がすごいものばかり。

TOHJIROでなければ、どれも撮りきれないものばかりです。

⇒ Mドラッグ・スペシャル 女体肉便器ベスト vol.5

TOHJIROは、もともと映画を制作していた人間です。

まず、顔と声が怖い。

AV業界丸出しの人・・・という印象を受けてしまいがちですが、むしろ逆かもしれません。

非常に文化色の強い方です。

それも、アーティストというより”芸術家”という感じ。

そういった人が作るAVというのは、普通じゃなくて当たり前です。

AVというのは、なんだかんだ言ってまともな映像・芸術界の方々からは見下されることの多い業界です。

そんな中、TOHJIROは量産します。

やばい作品を、作って作って作りまくるのです。

圧倒的な力を見せたのです。

そんなTOHJIROの新作がこちら。

⇒ 拷問・肉達磨 塩見彩

こちらの記事でも紹介した「塩見彩」が主演。

【ガチの腹パンと飲尿】グーで殴られて本気で感じておしっこをゴクゴク飲む限度を超えたマゾAV女優【塩見彩】

TOHJIRO×塩見彩なんて、ヤバいに決まってますね。

正直言って、過去に比べればドグマの勢いは衰えています。

しかし、やはりそこは唯一無二だったメーカーです。

塩見彩のような逸材も、出てきています。

大復活の狼煙となることを、期待します。