>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【精液が激増】ザーメンの量を増やす究極の方法を思いついたから実践したら本当にたくさん出たよ【最高に気持ちのいい射精】

ついに方程式を発見してしまった。

体験して、実感したから、間違いはないだろう。

とは言っても、とても単純なものだった。

極めて理論的な方法であり、当たり前と言えば当たり前の結果だ。

まだ道半ばだが、1つの辿り着いた答えとして

「ザーメンを劇的に増やす方法」

を記しておく。

おそらく誰にでも適用できる方法であり、一度は試してみて損はないと思う。

最高に気持ちのいいオナニーをするために最も必要なもの

”気持ちいい射精”は、ザーメン(精液)の量が鍵を握ります。

その量が多いほどに射精時の痙攣が大きく長くなることは明白であり、痙攣が大きく長いということは快感も大きく長く続くということ。

これに関しては、男性であれば誰もが納得することと思います。

つまり、ザーメンを増やすことは間違いなく正しいのです。

とは言え、

オナニーを追求する人であれば、誰でも求め工夫する要素でもあります。

「精子 増やす方法」等で、検索した経験は誰にでもあるはずです。

実際には、「精液 増やす方法」の方が正しいのですが。

当サイトでも、自分なりの理論を展開しています。

【ザーメンを大量に放出したい】「エビオス」以外で!エビオス以上に!精子(液)が増えるアイテムや成分はある?

しかしながら、「ワンパンチ足りないな」と思っていたことも事実。

もっと、できることはないのか?と。

ちなみに、最も単純な射精量の増やし方は「禁欲」です。

いわゆる「オナ禁」です。

ならば、

精子を増やす栄養素を摂取してオナ禁をすればいい

これはこれで、とても正しいこと。

と言うよりも、

当たり前の話ですね。

実際に、増えることは間違いない。

試したことがある人が、大半であると思います。

一方で、オナ禁をすればするほどザーメンが増えるわけでもありません。

<オナ禁>はしない方がいい理由とデメリット-ちんこが小さくなっても知らないよ-

限度があります。

そして”この点”に注目したことが、ザーメンを激増させることにつながったと考えられます。

ほんの少しの工夫で超増えたよ

僕が実践した方法は、とてもシンプルです。

1日2回のオナニー習慣を2週間継続した後、2日間の禁欲

これだけです。

しかし、この数字が重要であると考えます。

大げさに言えば、「身体の神秘」を利用した絶妙な配分なのです。

”2回分作るのが当たり前”の状態にしておく

毎日オナニーしていれば感じることですが、日によって”出”が違います。

これは、「1日1回」を習慣していれば顕著です。

体調がよくない時は当然のこととして、なぜか少ない日もあります。

一方で「1日2回」の習慣を、一定期間続けると”トータル”では明らかに増えます。

1日1回の時の1回分

よりも、

1日2回の時の1回目

の方が多くなるのです。

こればかりは1日2回を継続してみなければ実感できないことですが、ぜひ一度は試してみて欲しいものであり、基本的に全ての人の該当するはずです。

これは、僕の経験上すでに知っていたことでした。

AV男優というのは、1日複数回の射精は当たり前です。

しかも、1回1回の”見栄え”をよくする必要があります。

また、”長持ち”させるために”ヌいてから”挑む人もいます。

AVを見ると、男優さんは長持ちだなー遅漏だなーと思うはずです。

もちろん、鍛えてコントロールできる人もいます。

しかし、長持ちできるように一度射精してから出演している人も珍しくありません。

それでも、”あたかも1回目のように”射精する必要があります。

言うまでもなく、大量の精子を作り続ける体が必要であり
そのために必要なことは、”とりあえず頻繁に射精し続ける”ことなのです。

体が追い付いてくることを、僕は現場で生で見ています。

もちろん、「ザーメンを増やす食生活」や「サプリ」も必要です。

ある意味で、それは当たり前のことです。

何よりも大切なのは、「たくさん精液を作る必要がある」と体に教えることです。

バスケやバレーをやっている人に、背が伸びやすい傾向があるのと同じです。

必要だから、体が合わせてくるのです。

いきなりストップをかける

後は、単純です。

多めに精液を作る体にした後に、いきなり「出さない日」を作ります。

溜まります。

いっぱい溜まった後に、体に吸収される前に、出してあげるだけです。

作りまくって、溜めて、溜めて、減っていく前に出す。

この周期が絶妙であれば、それだけ快感も大きくなるはずです。

作られた精液が体に再吸収されてしまう時期には、諸説あります。

「7日」くらいが、おおよそのようです。

もちろん、人によって異なると思います。

かつて、僕が大量射精を目指してオナ禁していた経験から言えば、「4日目」以降では精子の量がそれ以上増えませんでした。

つまり、僕にとって4日以上の禁欲は精子の増量にとって意味がないことになります。

可能性は無限大だ!

今回は、

  • 1日2回
  • 2週間
  • 2日

という周期でしたが、数字を変えることでもっと増える可能性があります。

前々からなんとなく”うまくいくだろうな”とは思っていましたが、やはり自分にとって2日間の禁欲(いわゆるオナ禁)はなかなかつらいものでした。

ちょっとした風邪や二日酔いであれば、”決行”していたくらいなので。

連日の禁欲と言えば、よほど具合が悪い時くらいです。

最後に2日明けた時期は覚えていませんでした。

いろいろ考えて、僕の限界値がこの組み合わせだったのです。

1日3回を3ヵ月継続して、3日禁欲

究極の射精量を求めるのであれば、このくらいの数字になる気もします。

1つの目標です。

とりあえす、習慣的にオナニーをしている人にとっては

2×2×2

という組み合わせが、無理なく実践できるものと思われます。

ぜひ、お試しあれ。