>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【麻布レオナ】責められて感じるグラマラスな艶女(アデージョ)-年相応のエロさを教えてくれた美熟女-

いやらしくて美しい熟女

今や”ほんもの”がたくさんいる時代。

しかし、そうではない時代もあった。

「美熟女」の定義が非常に甘い時期があったのだ。

それほど”美”ではなかったり、熟女という割に若すぎたり、サイボーグだったり・・・

そんな時代があった。

月日は流れ、熟女ブームが到来し、成熟すると、いつのまにか”美しかいない”状況に。

現在に至っては、美の基準が厳し過ぎる気もする。

むしろ、美しくないことに価値があると思えることすらある。

たまには素朴で地味なおばちゃんのカラミが見たいよね、と。

でも本当はやっぱり美しい方がいいよね、と。

人間の欲望は、底知れない。

お待ちかね、懐かしの美熟女シリーズ。

ガタイがよくてバブリーな雰囲気をまとった美熟女

知っていた方は、そこそこ通かもしれません。

懐かしいね、と思っていただければ幸いです。

「麻布レオナ」は、絶妙な時代に活躍した熟女AV女優です。

⇒ 美熟女画報 麻布レオナ

AV女優としてのピークが、熟女ブームの始まり(2003〜2005年)と同じ時期です。

初期の熟女ブームを牽引した1人と言っていいはず。

その存在が広く知られる前に、引退されてしまった印象です。

ただただ、綺麗でエロい熟女でした。

上記の作品では、36歳。

非常に「36歳らしい36歳」です。

ベスト36歳。

気品を感じる佇まい。

スペインとのクォーターで、元CA(スチュワーデス)なら納得です。

バブリーでグラマラス。

実は、そんなにバストが大きいわけではありません。

体全体が、ゆるんでいたりします。

でも、それがとても美しいんですよ。

「艶女」と書いて「アデージョ」と読ませる、女性を表す言葉が流行った時期がありますが、まさにあの言葉がぴったりです。

簡単に言えば、「年相応のいい女」と言えばいいのでしょうか。

なんてったって、”麻布”です。

何がいいって、しっかりエロいんですよ。

「いろいろ経験してきたいやらしいお姉様」のカラミを見せてくれました。

「本当に自分の性欲が抑えられないわ」みたいな熟女は、まだ少なかった時期です。

そんな中、

美人なのに

いい歳なのに

エロい。

その後の熟女AV女優を引っ張る存在だったと言っても過言ではありません。

で、そんないい女がしっかり責められて感じています。

責められている麻布レオナ

バックで喘ぐ麻布レオナ

どちらかと言うと、せめるタイプ見える、痴女っぽい雰囲気がありますが、せめられてる姿が素晴らしい。

”ギャップ興奮”という価値観も生み出してくれた、素晴らしい存在でもあります。

出演作は比較的少ないのですが、ピークの時に出演してくれたことに感謝です。

年相応な43歳のいい女はこちら。

【美谷雪絵】オンナが一番いやらしくなる年齢は「43歳」なのかもしれない

体型は違いますが、非常に上品な雰囲気は共通する部分があります。

ぜひ、両方楽しんでみて欲しいと思います。

こういうAV女優今なかなかいないよ

若妻〜還暦ババアまで、”熟女枠”というのは非常に広いものです。

そんな中で、30台後半〜40台後半というのは、まさにプライム層。

多くの男性のストライクゾーンに入る、激戦区でもあります。

美熟女と呼ばれるケースが、最も多いレンジでもあります。

女優の数も多い。

にもかかわらず、麻布レオナのようなタイプは意外といません。

美熟女が好きな方は、必ずチェックしておくべき存在なのです。

美熟女には飽きたけど、やっぱり美熟女がいいよ。

ちょっと”違う感じの人”が見て見たいな。

という方は、ぜひレオナ様の作品をご覧ください。

着物姿も映えます。

⇒ 親友の母 麻布レオナ・水紗和みずほ

派手な顔立ちの割に、着物姿が非常に映える。

実は、”和”の雰囲気もあるんですよね。

しっかりしたコンセプトが、非常に似合う方です。