>>「バーチャルセックス」をする方法<<

生姜は精力増強と勃起力の向上に効果があって当たり前-精力系サプリに「ブラックジンジャー」とかが配合されている理由-

そもそも勃起という現象は、「陰茎海綿体」に血液が集まって起きるものです。

簡単に言えば、ちんこの血管に血液がメチャクチャ流れている状況です。

更に言えば、”流れ続けて”いることで”硬い状態をキープできています。

血流が流れ込むことで起こり始め、緩まれば収まります。

血液と血管は、物理的な面で勃起時に非常に重要な鍵を握ることになりますが
一方で、精(性)力の話題において”軽く考えられがち”な要素でもあります。

どうしても、「勃起が強くなる”成分”」といったものばかり注目されてしまいます。

しかし本来であれば、血液が関わっている要素というのは
勃起の力を強めるための成分よりも、優先すべき項目であると言えるのです。

いくら性的に強くなる成分を摂取しようとも、
陰茎に血液が流れ込まなければ、勃起という現象は起こりません。

ある意味で、”強制的に勃起を促すこと”を目的とした「バイアグラ」に関しても
もともとは「高血圧」の患者に向け、血管を広げることを目的に作られたものです。

血液が関わる機能が、勃起にとっていかに大切なのかが分かります。

もちろん、”成分”は大切な要素です。

であるのであれば、「血行に関わる成分」にも注目するべきです。

その中でも、つい”軽く”考えられがちな「生姜系成分」こそ今注目するべきなのです。

精力アイテムのかには、「ブラックジンジャー」といったものが含まれるものがあります。

たかが生姜で?と、”脇役”として考えられることも多い成分ですが
”血行”という面から考えた際には、”他の主役級成分”同等に力を発揮する存在でもあります。

勃起のベースアップ”血行の促進”

生姜と言えば「冷え性」ですが、冷え性対策に生姜がおすすめされる理由こそ
血行を促進することによって、体を温める作用が期待されるためです。

実際には、生姜に含まれる

  • ショウガオール
  • ジンゲロール
  • ジンゲロン
  • シネオール

これらの成分が中心となり、血行を促進することになります。

発汗と保温にもつながるため、摂取後はいわゆる”ぽかぽか”してくることになります。

体温が上がると、基本的な身体能力が高まります。

勃起も例外ではないはずです。

また、生姜には他にも

  • 殺菌
  • 抗炎症
  • 免疫強化

といった効果があることは、すでに広く知られていることです。

血行が悪化するとインポになりやすい

血液の質が悪いことで引き起こされるトラブルには様々なものがあり、
勃起不全というのは、あくまでその中の1つに過ぎません。

EDは糖尿病の合併症による典型的な症状でもあり、その理由は血流の悪化です。

糖尿病とは、血液が汚れている状態でもあります。

その結果、

血が汚くてちゃんと流れない

というのは、ちんこにも同じことが言えます。

血液の質の悪化

それによる血流の悪化

これらは、確実に勃起の質を下げるものです。

栄養不足や疲労によるインポとは別の次元であり、より深刻なものと考えられます。

生活習慣病とインポは、基本的にセットであると考えましょう。

「綺麗な血」をスムーズに<流す>ことが大切

血流をよくするためには、血流自体をアップすることに加えて

  • 綺麗な血液(流れやすい)
  • 健康な血管(流れる場所)

これらの”血行の基礎”とも言える要素も、大切なものとなります。

まずは、何と言っても血液を綺麗にすることが必要です。

流れやすい「サラサラな血液」を作る食材には、様々なものがあります。

昨今では、

  • 主に青魚に含まれるDHAやEPA(オメガ3系)
  • オリーブオイル・アマニ油(いい食用油)

といったものが注目されています。

健康的な血管を作るためには、適度な運動によって血管に刺激を与えることが必要です。

健康的な血液を定期的に強めに流すことで、血管に柔らかさが生まれます。

結局は、

  • 食生活の改善
  • 運動習慣

この2つがベースとなるものであり、生姜を取り入れることでメリットが高まります。

”インポ知らず”なのは生姜のおかげ?

なぜ、今回これほどまでに生姜にスポットを当てたかと言えば、

自分にとっての勃起のために役立っている食習慣

を考えた際に、生姜が欠かせないものであると気づいたからです。

こんなブログをやっていますが、非常に不規則な食事と生活習慣を送っています。

お酒もかなり飲みます。

それでも、息子は元気です。

最近は食生活の乱れも加速していて、何よりも日々年をとっています。

それでも、息子は衰えしらずです。

何でだろう?と考えた際に、「人の何倍も生姜を食べている」ことが挙げられました。

おそらく、僕は一般的に見て異常な量の生姜を摂取しています。

チューブ生姜は絶対に切らしたことがなく、いろいろなメーカーのものを試しています。

冷奴に乗せる量も、常人の5倍くらいです。

もう、何にでもかけます。

「岩〇の新生姜」とか、「寿司ガリ」とか、何かしら備蓄があります。

谷中生姜の季節を、毎年楽しみにしています。

こういったことからも、生姜はかなりおすすめできる勃起食材です。

血行の促進につながる食材としても、コスパを考えた際には生姜が一番だと思います。

血行促進効果を求める際には、基本的には「生」がいいとされており
本来であれば自分で”自分で擦る”方がいいと思われますが、チューブでも大丈夫でしょう。

”ちょい足し”もしやすです。

今日から、ぜひ。