>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【妄想を現実にしてくれるAV】ありえない想像を実現してくれる最高のシチュエーションAVとは

AVとは、想像力を失わせるものでもある。

それは、その役割が”実像を与えてくれる”ことそのものだからだ。

「エッチなこと」を見せてくれる商品、それがアダルトビデオである。

だからこそ、想像力を保ち強化する必要がある。

AVの内容というのは、基本的に現実の世界では叶わないものだ。

あんなこといいな

こんなこといいな

あの女優とやりたいな

あの女優とこんなことできたらな・・・

AVを見る目的は、その欲望を満たすことそのもの。

無意識にというか、自然と「男優」を「自分」に置き換えているはず。

もちろん、”誰かにやられている”姿を見て興奮することもあるだろう。

それに関しても、「ハメてくれる誰か」を用意してくれるのがAVだ。

そんな、都合のいい現象を見せてくれるのがAV。

それに応えるために、しっかりと妄想力を磨いておくべきなのだ!

・・・ここまでは、「普通のAV」の話。

妄想には、「リアルなもの」と「絵空事」がある。

これをAVに当てはめてみた場合・・・

前者であれば・・・いい女を好きにしたい。

後者であれば・・・透明人間になって女湯に入る。

この両方を表現してこそ、「創作」と言えるはず。

AVとは、出る人作る人見る人が共に作り出す旅路。

ありがとう、AV。

AVとは一緒に作り上げる興奮である

アダルトビデオ自体、そもそもが作りものです。

ドキュメンタリーを除き、またドキュメンタリーですら脚本があるものも少なくありません。

そもそも、なんでもありです。

ナンパ〜ハメ撮りに関しても、”やらせ”であることはもはや常識。

それでも、それを見て興奮する。

出張先で女上司に誘われて・・・

そんなわけないんですよ、現実には。

興奮するためには、”もしも本当だったら”という妄想が必ず必要なのです。

基本的には、ライトな妄想を動画にしたものがAVになります。

つまり、全てが妄想ものとも言る内容。

だからこそ、受け取り方で興奮を操作できるのです。

まずは、あえてここで「ちょっと昔のいい感じのやつ」を紹介しておきます。

⇒ ワタシがぜ~んぶしてアゲル。 2 森高千春

かわいいこがいろんなシチュエーションであんなことやこんなこと・・・

立派な妄想ですよ。

今や当たり前のことも、昔は新鮮だったんです。

⇒ 働く女のエロ事情

OLやナースが仕事中に・・・なんて、極めて典型的な妄想。

どれだけリアルに受け取れるか。

作っている側だけでなく、見る側の受け取り方がいかに大切なことであるか、もう一度真剣に考えてみましょう。

もっとAVを楽しめるようになるはず。

エッチな妄想とは本物の夢でもある

一方で、まさに荒唐無稽な妄想もあります。

これこそが、醍醐味でもあると言えますが・・・

その代表的なものの1つが、「時間が止まるやつ」でしょうか?

⇒ 中年男の夢を叶えるセックス やりたい放題!

時が止まったら何をするのか?

わかりやすい例、それもリアルな日常で起きたら・・・という内容が収録されているのが上記の作品。

こういった妄想ものといえば、「長江隆美」ですよ。

ドラマAVの巨匠ですが、実はかなりイっちゃってる作品もたくさん作っています。

この「やりたい放題シリーズ」も、名作の1つ。

真骨頂はこちらでしょうか。

⇒ 中年男の夢を叶えるセックス やりたい放題! 5

抜ける、というよりは、面白い感じになっちゃってる章も・・・

賛否両論があるのも、ある意味で仕方がないと言えるでしょう。

ただ、他にはないものが観れることは間違いありません。

このシリーズは、あり得ないシチュエーションと見せかけて、非常にリアリティのある妄想を叶えているお話もたくさんあります。

「ある帽子をかぶると他人が自分の言うことを何でも聞くようになる」

というやつが、特におすすめ。

上記「1」と「5」そして「3」にも収録されてますね。

⇒ 中年男の夢を叶えるセックス やりたい放題! 3

まさに、”これ!”というやつです。

少し前の作品ですが、普遍的なんだなーと思わせてくれます。

それぞれのコンセプトが特集された作品もありますが、個別の作品がおすすめです。

まあ、とにかくシリーズ全部見て欲しいと思います。

典型的な妄想が一番興奮する

妄想とは、実は内容が単純なほど興奮するものでもあります。

現実的には可能だけど、できないこと。

やりたいと思ってはいるけど、自分ではできなさそうなこと。

例えば、

かわいいこを何でも言うことを聞く性奴隷に調教する

とか。

頑張ればできる人はできるけど、自分はできない。

不可能ではないが、極めて難しい。

可能だが、妄想の範囲となってしまうもの。

もし、叶えられたとしたら・・・

⇒ 無限ループアクメ[ちはる]

上記の例だけでなく、こんな妄想は無限にあるものです。

”目の前に”という別角度からの実現性

”実現”という面では、いよいよVRがガチで盛り上がってきているようですね。

ひと昔前とは比べものにならないレベルで、リアリティが向上しています。

【オナニーの未来】最先端のマスターベーション方法とは-Futere of Masturbation-

最近流行ってますね、「仮想空間」とやらが。

妄想ものやSF的なAVというのは、VRとも相性がいいはず。

今後の発展に期待します。