>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【黒ギャルヤンママ系素人AV女優】遊んでいそうなのに母性を感じて派手なのに喘ぎ声がかわいい元ヤマンバ

「ヤンママ」という言葉が、かつてあった。

今の若い方は、聞いたことがないかもしれない。

ヤンキーっぽいママ

ヤンキーだったママ

要は、「ヤンチャしていた(いる)子持ち女性」を表す言葉だ。

いずれにしても、ヤンキーがママになるとヤンママになるのだ。

かつては、郊外に生息していた。

今は年をとって「ヤンババ」にでもなっているのだろうか?

それもいい。

ヤンキーと言える人間が、少なくなってきていることは事実。

ただ、”その属性”の人達というのは、時代によって呼び方やファッションが変わるからもの。

ヤンキーの前は「スケバン」で、ヤンキーの後は「ギャル」に当たるのだろうか。

全然ちげーよ、という声もあると思うが、”スピリット”という面では同じようなものだろう。

いずれにしても、魅力的に思う人間がいるので許して欲しい。

魅力的であるということは、アダルトビデオにおける”ジャンル”となる。

特に「ギャル」という存在は、長きにわたり根強い人気がある。

若い=ギャルのような感じもするが、更にギャルにも種類がある。

典型的な種族が、「黒ギャル」だろう。

そして、もし、黒ギャルっぽいヤンママがいたらどうだろうか?

すばらしくないか?

いつまでもかわいいギャルママでいてください

このブログは「ヤンキー女」が好きな方が集まってくれています。

【”本物臭”のする元ヤンAV女優まとめ】一番”素でエロい”のは「ヤンキーだった女」の本能的なセックスである

上記記事でも述べていますが、ヤンキーという個体は絶滅器具種です。

つまり、ヤンママもいずれいなくなります。

昨今では、ヤンキーとギャルの両方の性質を持つハイブリッド種「ヤンギャル」という絶妙な存在もいるようですね。

【今井夏帆】ヤンギャルとは-元ギャルとかヤンキーだったけど今は落ち着いているオンナ達の丁寧なフェラ-

更に、子持ちのヤンキーがヤンママと呼ばれるように、子持ちのギャルは「ギャルママ」と呼ばれています。

ヤンキーは、本当に種類が多いですね。

ただし、最終的には、その多くがギャルママに落ち着くことになります。

郊外のイ○ンとかに行けば、見ることができますね。

全く珍しくない存在です。

しかし、それが”まだまだ肌焼きまくり”だった場合には、話が違ってきます。

黒ギャルに関しては、その多くが結婚や出産を機に引退する傾向があります。

つまり、多くの黒ギャルが「普通のギャル」に戻るのです。

「ママでも黒」というのは、かなり貴重な存在ということです。

お待たせしました。

⇒ 元ヤマンバギャルの超絶美人専業主婦!!気は強いけどチ○コで乙女に大豹変!!!

素材自体も悪くない。

いやー肌を焼くのはもったいないなー、なんて思ってしまいますが、黒ギャルの姿も十分にかわいいです。

種族としては、昔流行った「ヤマンバギャル」というやつですね。

懐かしいです。

注目すべきはそのギャップです。

ヤンキーにしろ、ギャルにしろ、なんとなく”軽い”という印象があります。

頭もお股も、なんとなくちゃんとしていないと・・・

しかし、そんなことは決してないんですね。

一部のどうしようもない人がいる一方で、実は意外とちゃんとしている。

見た目は派手だけど、考え方とか言葉遣いとか、しっかりしている人も多いです。

また、結婚、出産を機に更生することも多いです。

それはそれで、なかなかよいシチュエーションです。

更に、この素人女優はしっかり恥じらっているんですよ。

見た目とのギャップがいろいろ多いタイプです。

ギャップフェチの立場から見ても、非常にお得と言えるでしょう。

あと、ハメ潮が素晴らしいです。

基本的な感度も高くて、エロいです。

「その爪で何ができるんだ!」

「引っかかったらどうするんだ!」

とか言いたくなる人もいるかもしれません。

少しくらい楽しませてあげましょうよ。

元山姥ギャルのおかわりが欲しい方は、こちらもどうぞ。

⇒ デカチンの容赦のない激ピストンでちょっと気の強いヤンママが素直なメスに神豹変!!!

ちょっと美形なタイプですね。

肌の色に関しては、けっこう抜けちゃっていますかね。

育児が忙しくて日焼けをサボっているのであれば、いいことです。

母性と性欲を両立するのは、なかなか難しいことでしょう。

両方ちゃんとしているのであれば、心配要りませんね。