>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【滝沢さゆり】最高の垂れ乳を振り回す究極にドスケベな熟女AV女優を紹介しておきます

ぜひ、知って欲しい。

自分だけのものではないので、内緒にする意味もないから教えてあげるよ。

というより、教えたいんだ。

今や1つの文化として浸透している、ちょっとミーハーな印象も受けてしまうこともある「熟女好き」という存在。

自分で言うのもなんだけど、「熟女ブーム」が来る前から”熟女が好き”です。

こっちは本気でやってます。

”にわか”じゃない。

熟女ブームと言われて長いけど、それ以前からも「いいもの」はたくさんありました。

いい女優さんもいたし、DVDやダウンロード以前には”雰囲気”がありました。

ブームがこなかったら「変態」扱いされてたかもしれないから、昨今のブームには感謝していますが。

失礼な話だけどね。

そもそも、熟女が素晴らしいのは昔から事実なのだから。

思えば、熟女好きの目覚めというか、”やっぱこれだ”と思ったのは「翔田千里」さんでした。

【翔田千里】現役最高級レジェンド熟女AV女優の”素晴らしさ”や”いやらしさ”や”最高傑作”について整理しておく

デビューした時は、まだ30代。

⇒ 新・熟女LEVEL A 6

40代50代が当たり前の昨今、十分お若かった。

デビュー以降、ルックスも絡みもどんどんよくなっている。

ちなみに、今も現役の素晴らしい女優さんです。

⇒ 密着セックス 〜真夜中の訪問で求め合う寂しい人妻と男の不貞関係〜 翔田千里

ずっと活躍を確認できるって素敵やん。

今も、お世話になっております。

翔田千里がブレイクしたあたりから世は「大熟女時代」になっていき、数多くの熟女優さんがデビューしていくことになった。

そしてこの中年女優の活躍によって、時代は確立されていくこととなったのです。

完成された淫乱垂れ乳熟女

必ず覚えて帰ってください。

「滝沢さゆり」

史上最高の熟女AV女優の可能性があります。

まず、その天然の垂れ乳は芸術の域に達しています。

そして、何より、スケベです。

「本当にエロイんだな」

ということが、画面越しにこれほど伝わって来る人はなかなかいません。

スケベの天才です。

「あくまで演技でやっている淫乱だな」と思ってしまう女優や「この女優はあまり前向きではないな」と思ってしまうな作品も多い中、この人はホンモノです。

どの作品を見てもエロい。

いわゆる「垂れ乳系」あでり、好きな人にはたまらないはず。

熟女の全てが詰まっているAV女優です。

1つの究極の熟女のカタチ。

自分は総集編やベスト盤はあまり好きじゃないけど、滝沢さゆりを知らなかった人にはこれが一番おすすめですかね。

⇒ 俺たちの熟女 さゆり 43歳 垂れ乳熟妻・刺激的すぎるSEXに感動の涙がポロリ

もしかしたら、見た目はそれほどよくないのかもしれません。

でも、熟女好きの中には間違いなく”ストライク”な人もいると思われるルックス。

作品を見た後に見ると、どんどんいやらしくなってくる。

滝沢さゆりのどすけべな垂れ乳

何よりも、絶妙にたるんだ肉体はたまらない人にはたまらないものであるはず。

全体的なフォルムとして、1つの”特定のジャンル”ではトップレベルでしょう。

これとか、動き”がとにかくヤバい。

⇒ 初脱ぎ熟女 ゆかり・さゆり・奈々子・しおり・芽衣の事情

他の女優さんも、なかなかいい。

こんなに安くなっちゃっているのは、マジで信じられない。

最近は新作がリリースされていないので、もしかしたら引退されたのかな?

だとしたら残念ですが、「この人の一番いい時期にAVに出たな」という印象。

とにかく、見てください。

これなんて、「不倫旅行もの」の傑作と言える内容。

⇒ 刹那的背徳旅行 人妻失格 #34

シチュエーションも最高。

スケベさの表現も最高。

正常位で広がる垂れ乳

知らない熟女好きは、損していますよ。

体に刻まれた人生を味わう

熟女の魅力に関しては、一生かかっても書ききれるものではありません。

でも、やっぱり書いておきます。

熟女が好きです。

性的に。

日頃単純に「綺麗だなー」と思う人は若い女性であることも多いですが、”興奮する”や”欲情する”に近いのはどうしても熟女になります。

女性の見た目に関しては、特に好き嫌いはありません。

美人でも、ブスでも、あまり気にならない。

”美人”という存在は認識できるけど、”ブス”でもいいやって感じ。

淡泊なくせに。

たくさんの美人とやりたい!

よりも、

いろいろなタイプとやりたい!

っていうタイプです。

そんな人間が辿り着くのもまた、熟女なのです。

なぜ自分は熟女が好きなのか?

ひとことで言うと、”体から発せられている経験”が魅力なんだと思います。

首のシワ

肘のかさつき

お腹のたるみ

特に、”自然にやわらかくなった感”が欲しい。

「年には勝てない自然の法則を受け入れている感じ」

も欲しい。

牛肉(いわゆる熟成肉)と同じで、本当のエイジングってそういうものだから。

「美魔女」とかよりも、「その辺を歩いている感」が欲しいのよ。

もちろん、内面を感じさせることが必要。

酸いも甘いも知っている、とか

経験が豊富とか、とか

肉体と精神を全部ひっくるめた、「これまでの人生」を背負えているのかが大切です。

それが結果的にエロスにつながっていることで、奇跡が起きるのです。

熟女好きを突き詰めた僕が、本気で選び抜いた熟女達。

「本当にドスケベな熟女AV女優」の記事一覧

言葉にできないし年齢は関係ない

熟女の魅力というのは、”なんとも言えないもの”と言うしかない。

全てを言い表すのは不可能。

好きに理由はいらない。

”タイプ”っていうのは、そんなもの。

ちなみに、”年齢という値”はそれほど関係ないと思います。

20代でポテンシャルを感じる人もいれば、50歳でピークを迎える人もいる。

一方で、60歳でも”未熟”な人間はいる。

特にAV女優等は、”その人はピークなのか?”を感じる楽しみもあります。

若い女性に「熟女となった未来」を見い出す喜び。

未来とは、過去に楽しむことができるもの。

熟女好きの道は、「禅」や「哲学」に通じるものがあると考えています。

「マザコン」とは関係がない?

熟女好きというと、「マザコンなの?」と思う人もいみたいです。

自分はマザコンではないか?

と悩んでいる熟女好きな人もいるのではないでしょうか?

自分の場合は、むしろ逆と言えます。

母親との関係は、かなり悪いものだった。

というよりも、母性を感じたことがない。

まあ、それも確かに”マザー”に対する”コンプレックス”に違いありませんが。

ちなみに、「近親相姦もの」は大嫌い。

少し見るのもいやだし、セリフを聞くのもいやだ。

まあ、個人的なお話。

そう考えると、確かに「母親との関係」は”関係なくはない”ように思えます。

自らの加齢に伴って対象年齢も上がっていきませんか?

自分は、昔から「年上」が好きだった。

小学校の頃から、同級生よりもお姉さんに興味がありました。

高校生の時はすでに、「40代」が射程に入っていました。

これは熟女好きに共通することだと思いますが、自分の年齢と共に対象年齢は確実に上がっていってませんか?

20歳前後は「さすがに50代はキツイ」と思っていたけど、今(アラサー)となっては、「還暦を迎えていなければいいか」みたいになっています。

これは「時代」とか「食べ物」の影響もあるかもしれない。

今は本当に綺麗な熟女が多いですよね。

”年甲斐もなく”という最高のツボ

こと「熟女AV女優」を考えた際、熟女とセックスを絡めて考える時に「もう若くもないのに年甲斐もなく感じている」という”タブー感”は興奮ポイントの1つ。

「子供ができたら男女の関係は終わり」

「子供を産んだらセックスする必要がない」

「セックスの最大の目的は生殖」

「年と共にオンナではなくなる」

「いつまでもはしたないことはしない」

そういった時代もかつてあって、そういった感覚を持った人もいます。

にもかかわらず、快楽のためにセックスをする人間もずっと存在していたはず。

「年甲斐もなく感じる」

という姿、だけでなく、”事実”こそが最大のエロスなのだと思います。

うまくまとまりませんが、「ひとりごと」ということで。