>>「バーチャルセックス」をする方法<<

「母乳AV」にたまらなく興奮してしまう変態野郎が本当に見るべき作品-ミルクで張っている乳房と肥大して真っ黒になった乳首の魅力-

「熟女が好きです」とは言えるが、「母乳が好きです」とはなかなか言いづらい世の中だ。

”その魅力をしっかり語る機会”というのは、今までなかった人がほとんどだろう。

実際には、「SMよりは重い」けど「スカトロよりは軽い」程度だろうか。

乳首をつねられるのが好き。スパンキングするのが好き。は、酔っぱらったら言えそう。

うんこ食べます。は、死んでも言えない。

母乳ってたまんないよなー。は、まさにその中間だろう。

しかし、いざその魅力を語るとなると”なんとも言えない”ことも事実。

落ち着いて考えると、何がいいんだろう・・・?という人も多いのではないだろうか?

実際に、母乳好きの意見を伺ってみると

  • 「母乳という液体自体」が好きな人
  • 「母乳という概念」を愛している人

この2つの種類に分かれる。

母乳の道もまた、哲学なのである。

「母乳が出るオンナ」は情報量が豊富な存在

母乳という液体が好きな人に関しては、1つの”フェチズム”と言えます。

「限られた時期しか出ない」という、ロマン

「赤ちゃんが飲むものであり赤ちゃんのために出すもの」という、背徳感

こんなところでしょうか?

実際には、

  • 母乳が充填された膨らんだ乳房
  • 肥大して黒くなった乳首

といったものに対して、興奮している人が多いと思います。

今や、立派な1つのジャンルとなった「母乳もの」
”それ”が見れることができるからこそ、確立できたものであると考えられます。

「母乳が出る女性」というのは、非常に多くのジャンルをカバーしている存在なのです。

  • 膨らんだバスト
  • 黒く大きくなった乳首

これらに加えて、

  • 基本的に「人妻」であり
  • 確実な「母性」を感じる

”熟女好きより”の男性にとって、魅力的な・脂の乗った状態。

今振り返るべき名母乳女優

母乳ものにおける興奮ポイントは、何と言っても

乳飲み子(ちのみご)抱えてなにやってんだよ

なに、感じちゃってんだよおかあさん!ってところでしょう。

熟女好きな自分だが、実は母乳に関してはそこまで関心は高くない。

ただし”ハマった時期”もあり、選択肢の中の1つであることは確か。

正直言って、昔の作品の方が臨場感がある。

母乳が出せる女優さんは圧倒的に現代の方が多いし、尚且つルックスもよくなっている。

でも、昔の方が断然エロかった。

今では”プラス母乳”ということに、魅力を感じる女優が少ない気がする。

何というか、”出産しました感”がない。

ほとんど全部のジャンルに言えることだけど、昔の作品は圧倒的に”リアル”があった。

・かわいいママさん系

母乳ママ!! 愛原唯

そもそも、授乳期にAVに出るのはおかしいんだよ。

人それぞれ、事情がある。

今の母乳系作品には、「事情の香り」がしないんだ。

訳アリじゃなきゃ、イヤなんだ。

E-BODY専属デビュー なにわの母乳若妻 夫が帰ってくるまで5時間半 初不倫地方撮影ドキュメント 結月恭子

その点、母乳の最高峰は「ヤンキー」なのかも。

母乳天国 3

旦那が働いていたら、ダメなんだよ。

有言を実行した「羽月希」

ちょっと今の母乳AVジャンルをディスってしまったけど、
比較的新しい作品として、これはなかなかいい。

・羽月希

初母乳大噴射イキ 羽月希

「羽月希」は十分に有名な女優さんで、非常にお綺麗な方。

ルックスも上々で、演技もできて、長い間一線を走り続けてきたAV女優の1人。

そんな彼女は、「スカパー!アダルト放送大賞2017」を受賞した際のインタビューでは

――出産したいんですか?!

羽月 はい。AV女優業は長く続けたいんですが、私も“アラサー”なので子ども欲しいな、という思いが芽生えはじめました。

――相手はいるんですか?

羽月 いませんよ(真顔で)。

――……。

羽月 めぼしい男性が見つかったら、即妊活に入ります。その間は“手コキ専門女優”や“フェチ女優”になり、アソコは使いません。出産後、落ち着いたらまた戻ってきたいです。

と、答えている。

いかれてんな、と思った。

そして、彼女は有言実行した。

気合の入った、素敵な作品に仕上がっています。

”復活系”だと、これもいいな。

マイナー女優が復活する時は、たいてい”絶妙な事情”あり。

Kカップ母乳人妻 根本わか復活

「また、生んだんだ。」っていう何とも言えない感じ。

”出ないと育てられない”感じがいい。

女優さんに関しても、非常に情報量が多く素晴らしい。

しっかりドスケベです。

要チェケラ。