>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

Sっぽい女性が従順Mな性奴隷として調教されていく過程がわかりやすく見られるAV作品

女を調教してみたいなー

それも美しい、いわゆる「いい女」を。

男であれば、一度は考えたことがあるはずの願望。

なんでも自分の言うことをを聞く女

どんなことでもしてくれる女

つまり、

自分の性欲を解消するために自由に使える女

いたらいいなー

欲しいなー

と思ったことがある方、今も思い続ける方は少なくはないはず。

しかし、欲しいだけでは手に入らないもの。

そもそも、性奴隷とは自分で作り上げるものでもある。

なかなか難しい。

そう、だからこそアダルトビデオが存在するのだ。

調教師を自分と置き換えて、楽しめばいいじゃないか。

徐々に変わっていく姿

性奴隷が欲しい

そういった願望や嗜好がある人というのは、基本的に「S(サディスト)」の傾向があるのではないでしょうか?

そして、その対象というのは「M(マゾ)女」になるもの・・・

と考えているのであれば、まだまだです。

より高みを目指すなら「マゾではない女」を、なんなら”つんとしている女”を性奴隷にするステージに辿り着きたいと考えるはず。

そして、それが難しいからこそAVの出番です。

こちらの作品。

⇒ 絶倫オヤジに一年間監禁され、毎日イカされ続けた肉体奴●記録 由愛可奈

傑作です。

主演は「由愛可奈」という、一線で活躍している単体女優。

有名であり、もちろん人気者。

ザ・単体女優。

ただ、正直それほど意識して作品を見たことはありませんでした。

偉そうなことを、言わせてもらえば。

この作品のおかげで、とても魅力的な女優だと知ることができたのです。

作品のコンセプトは単純です。

美しいひとりの女が性奴隷へと調教されていく

といった、すでに散々作り尽くされた内容。

しかしながら、同じ内容の他作品と比べた際に圧倒的に素晴らしい。

脚本、進行内容、すなわち調教過程が非常にわかりやすく描かれています。

つまり、演出が素晴らしいんですね。

というよりも、全てがその内容のために完璧に噛み合った作品となっています。

ちょっと特殊な性癖を描いたドラマものというのは、その辺のバランスが非常に難しいものです。

まず、男優のセンス、女優のセンス、相性で多くの部分が決まってしまいます。

それが噛み合ったとしても、プレイの内容や演出がハマらなければ不完全燃焼しがちです。

その点、この作品はずば抜けています。

簡単にいえば、ネチネチしてて、とってもエッチです。

男優の”この顔”ですよ。

全身リップさせられる性奴隷

ご主人様としての存在感がすごいです。

普通のおじさんです。

その辺の、男優が見せるギャップもポイントになるジャンルなんですね。

緊縛調教系なら、こちらもおすすめ。

⇒ 緊縛調教妻 欲求不満を溜め込んだ人妻を狙う義父の邪欲 戻れない日常、戸惑いと抗えない快感… 工藤あかね

素晴らしい作品を作るためには、やはり本物の男女が不可欠です。

つんとした感じの”嫁”が、小汚い”舅”にもうめちゃくちゃにされてます。

ほんものしか受け入れられないからこそ難しい作品選び

単体女優

調教

性奴隷

それらの組み合わせが、溢れている時代です。

おなかいっぱいです。

贅沢ですね。

いい作品もたくさんあります。

ただ、質の高い作品となると、どうしてもメンツが決まってしまうんですよ。

マンネリになりがちです。

綺麗な単体女優だから、激しいプレイだから、いいわけではありません。

ほんものしか受け入れられない、評価されないジャンルです。

作品が溢れた時代では、むしろ探すことが困難になってしまいます。

その結果、どうしても守りの姿勢になってしまうのです。

その点、新しい風を吹かせてくれた作品とも言えます。

性奴隷っぽい身のこなしをする素人系女優はこちらでも紹介しています。

ホンモノの性奴隷っぽい感じがするマゾペットAV女優がいました-もしも控えめな雰囲気の女性が変態女だったら-

企画というよりも、雰囲気とリアリティ優先。

本物でしょう。

性奴系、ガチマゾ系なら「藍川美夏」ははずせません。

【藍川美夏】支配欲を満たす「イラマチオ」の天才-喉奥フェラをするために生まれて来たAV女優とおすすめ作品-

今や様々な調教シリーズにひっぱりだこのガチモンです。

必見、要チェックです。

S嬢をマゾに調教する

冒頭で「マゾではない女をマゾにする」というポイントを提案しました。

その究極の形が、

エス嬢をマゾとして開発する

というものではないでしょうか?

女王様の奴隷化。

どうぞ。

⇒ 綺麗なS嬢をプレイ中に逆転拘束してバイオレンスイラマから大満足膣穴交尾へ・・

どうしても「企画ものだな」という印象は否めませんが、これはこれでお得だと思います。

どっちもちゃんといけるよ、という女優はやはり貴重ですね。