>>「バーチャルセックス」をする方法<<

「前立腺オナニー」の安全なやり方と男が潮を吹くための方法-何度も繰り返す「ドライオーガニズム」は本当にできるものなのか?-

「朝起きて、女になっていたら、何をする?」

という質問に対して、

「オナニーをする」

と答えない男は漢じゃない。

本当は、

「電マを使う」

かな?

どっちにしろ・・・

”オンナがイク時の感じ”というのは、経験できるなら、経験したいものである。

「オンナのオーガニズム」とは、男にとっての永遠の憧れなのだ。

今一番イケてるオナニー法!?

昨今、オナニー界では「アナル」が注目されています。

少し前までは、アナルは”変態が興味を持つもの”という印象がありましたが
「前立腺オナニー(アナニー)」が話題になったことで、一気に注目を浴びました。

それ以前にも、”いろいろなもの”を入れて楽しんでいる人もいたし
「フリスク」を入れる(アナリスク)”スースーしていい”と言っている人も。

しかしながら、

  • ドライオーガニズム
  • 男の潮吹き

これらによって、アナルを使ったオナニーは一気にスターダムに駆け上がることになる。

ところで、アナルの準備は万全ですか?

【「アナル」で気持ちよくなる方法】肛門の感度をよくするための秘訣は”慣れ”である

アナルオナニーの向こう側

「ドライオーガニズム」とは、

”射精を伴わない男性の絶頂”

を指す言葉であり、”ドライ”とはそういうこと。

「精通以前(精子が作られていない)」にオナニーした際にも、同じことが起こるらしい。

とすると、経験のある人もいるはず。

一般的には、オナニーは”射精したらおしまい感”があるけど
射精を伴わないことで、長く楽しめることが最大の魅力と言えます。

ある意味で、女性と同じようなもの。

”体力が尽きるまで”楽しむことがでるということ。

最高かよ。

「前立腺」とは、膀胱の下に存在する睾丸よりも少し大きな組織であり
この膀胱を直腸側から刺激することを、一般的に”前立腺オナニー”と呼びます。

その感覚は何とも言えず、”なんか癖になる”という表現が正しいと思います。

ハマる人がいることも、うなずけます。

そして「奥が深いんだろうな」と予感させる、”なにか”があることも確か。

「そのなにかの1つのカタチ」こそが、ドライオーガニズムなのでしょう。

ドライオーガニズムというのは、最初は”イケたかどうか”の判断が難しいものです。

まさに「おんなのことおなじ」である。

前立腺とは、女性にとっての「Gスポット」や「ポルチオ」に近い存在と言える。

その道を行けば、長い快感を継続できる他

  • 震える
  • おたけびをあげる
  • 失神する

いろいろな結果があるらしく、研究するに値する。

最初はもちろん「自分の指」で優しく丁寧に

ドライオーガニズムは、”前立腺オナニーありき”になります。

時間もかかる。

だからといって、焦ってはいけない。

最初は「コンドームを付けた指」で始めてみましょう。

ゴムを付けるのは”壁(腸壁)”を傷つけないためであり、しっかり衛星面も考えてのこと。

前立腺は、それほど深いところにあるわけではない。

人差し指の第二関節まで入れれば届く、「なんかむずむずするところ」にあります。。

触ってみればわかるはずです。

また、こう触ればイケる、ということはなようです。

そのポイントを探すこと、その過程も楽しむ、感じるべきなのでしょう。

ちなみに、アダルトビデオではアナルものを撮影する際に
「ローション」ではなく、「ワセリン」を使っています。

物理的な抵抗がある場合は、ぜひ使用することをおすすめします。

「エネマグラ」とか「アナル専用バイブ」とかいろいろある時代ですが、
そういったものを使うのは、修行が終わってからの方がいいと思います。

悪い印象(痛かった)は、オナニーにとって抵抗要素になってしまう可能性があります。

快楽が半減してしまうんですね。

女性オナニストの中にも、「生涯利き手だけ」という人も多いものです。

道具を使えばもっと気持ちよくなる、とは限らないこと。

自分は、極度の変態を見る機会に恵まれた人生だったが
彼(彼女)らは、”命がけ”で性を楽しむこともある。

見ていて”ヒヤヒヤ”することもあって、自分は安全第一にしようと決めています。

みなさんも、ぜひご安全に。

男の潮噴きはありえるのか?

「潮吹き」と呼ばれる現象が一般的に広まって、しばらく経ちました

AVの潮吹きプレイにおける、”あえぎ”はほとんどが演技だが
気持ちいいい、実はよくない、ということよりも

男も噴けるよ

ということの方に、興味を持つ人は多いはずです。

この男の潮吹きに関しては、まだまだ謎も多く曖昧なものであることが現実です。

  • 継続した射精である
  • 女性と同じものである

2つの意見が主流となっています。

前者は単純であり、<射精後に刺激を与え続ける>ことで実現するもの。

もちろん、快感も継続するはず。

最高かよ。

実は、これは”ブーム”がくる前から噂で聞いていました。

正直言って自分は達成できなかったが、定期的に楽しんでいる人を知っています。

”あともう少し”というところまでいけた気もするが、それ以上は難しい・・・

今後の課題ですね。

後者に関しては、より「女性の快楽」に近い。

ペニスと前立腺の同時刺激

によって実現できるとされています。

適度に勃起した状態

で、

適度な快楽でイケるようになる

ことで、

その射精の時間を長く、短期間で複数回できるよになる(らしい)。

「射精の分割」といも考えることができる。

<寸止め>の技術も必要となるだろう。

これはおそらくプロ(男優)でも難しいことで、AVでは”しこみ”を使うことも多いです。

ただし、

前立腺の刺激のみによる射精

というのは実際に可能なものであり、荒唐無稽な話ではない。

ちなみに”潮”というのは、男女にかかわらず「尿」であることがはっきりしています。

おしっこなんだね。

実際に、潮がかかったシーツを放置しておくと、それがおしっこであることが分かる。

まあ、最初から黄色い人もいますし。

【精液が激増】ザーメンの量を増やす究極の方法を思いついたから実践したら本当にたくさん出たよ【最高に気持ちのいい射精】

アナルの快感は基本的に「体質」に左右される

改めてここまで振り返ると、アナルとはやはり才能に左右されるもの。

”そこ”にたどり着く工程には、共通しているポイントもあり
ドライオーガニズムと潮吹きというのは、ある意味で矛盾した現象と考えられます。

”どちらになるのか?”に関しては、もう”体質”と言っていいかもしれません。

結局は、

「アナルの中でゴニョゴニョすること」

によって起きる現象なのだが、その結果は言葉では言い表せないもの。

自分自身が体験してみないと分からない。

ただし、「前立腺とペニスの同時刺激はヤバい」ということは確かなことのよう。

欲張らずに、適度に楽しむことも必要。

そこにアナルがあるなら

冷静に考えてみれば、お尻の穴を”性的な目”で見るのは異常なことです。

いかれてるよ。

でも、やるんだよ。

生まれついて性欲が強い人間というのは、死ぬまで冒険することがさだめ。

リスクなしに成功などあり得ない。

快楽と危険は、表裏一体なのである。