>>「バーチャルセックス」をする方法<<

”かわいい熟女AV女優”と言えば【望月加奈】くらいしかいない時代があった

失礼なタイトルですが・・・

今という時代は、「熟女好き」にとって非常に恵まれている。

なんだか、”老害”みたいな言い方になってしまうが
こんな素晴らしい環境でオナニーをすることができるのは、とても幸せなこと。

そもそも、選択肢が多すぎる。

若妻

綺麗な熟女

いやらしい熟女

30代

40代

50代

細かいコンセプトで分けても、それに該当する女優さんがたくさんいます。

特に熟女に限定したことではなく、あらゆるジャンルに言えるですが
少しだけ前の時代まで、こと「熟女優」といういうのは非常に選択肢が狭かったもの。

「美少女ブーム」もあり、とにかく若くてピチピチしている女性に人気が集まり
30代以降の女性が見向きもされない、日の目を見ない時代がありました。

そういた中では、”そこそこちゃんと見れる女優”というのは非常に少なく
特定の女優に出演が集中するため、正直”代り映えのしないメンツ”だったことは事実。

また”熟女”というコンセプト自体が、非常に曖昧でもありました。

今となっては、「30代の熟女など若すぎる」という意見もあると思いますが
20代後半でも、”熟女扱い”されていた時代があったのです。

そんな中で、特別な輝きを放っていたのが「望月加奈」さんでした。

かわいくてアグレッシブ

”熟女ジャンル”に足をつっこんだら、一度は「かわいい熟女AV女優」を探すことになる。

年をとっても”おさかん”で、尚且つチャーミングな存在を求める。

そんなの、昔は望月加奈しかいなかった。

彼女を知らない人は、とりあえずこれでしょうか?

「熟女の口はもっと嘘をつく。」 熟雌女anthology #005 望月加奈

今は活動休止(引退?)してしまったようだが、
今だからこそ、こんな時代だからこそ、全ての熟女好きには知っておいて欲しい存在。

「VHS」が「DVD」になり始めた頃に、彼女はピークを迎えていて
「熟女」として評価されてはいたが、実際にはまだ30歳前後だったはずです。

とてもかわいくて、とてもエロかった。

かわいいのに、アグレッシブ。

そして彼女の特に素晴らしいところは、ちゃんと<演技>もできるところだった。

実際、彼女は非常に多くの「ドラマもの」に出演している女優の一人である。

間違いなく、「歴代トップレベル」の作品数と言えます。

「演技派」と呼ばれる中途半端な女優が増え始めた時期に、しっかりと演じていた。

その点、現代のAV女優はルックスは良くても演技ができる女優が少ない。

本当のAVドラマを知るためにも、彼女が出演しているオムニバス作品をおすすめすめしたい。

やはり、そこは「ヘンリー塚本」監督や「長江隆美」監督を推しておきます。

夫以外の男と味わうオルガスムス 不適切な関係

償い 〜つぐない〜

どれも彼女の魅力・演技力を、しっかり引き出している。

ちなみに、望月加奈は「松沢真理」という名義でも活躍していました。

「川崎軍二」という、こちらも鬼才監督の作品によく出演していて
少し若めの時期であり、また違ったかわいさがあります。

”今の女優”にはない、何とも言えないかわいさ。

色欲 歌舞伎町の女

昭和官能劇場 下町慕情篇

川崎軍二監督の「昭和シリーズ」も傑作揃いであり、彼女も存分に活かされています。

「レズ」や「アナル」もこなせる、オールマイティープレイヤーであり
少し前の時代において、それはそれは貴重な存在だった。

何より、かわいかったのだ。

完璧な熟女優が、かつていた。