>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

”かわいい熟女AV女優”と言えば【望月加奈】くらいしかいない時代があった

失礼なタイトルですが・・・

今という時代は、「熟女好き」にとって非常に恵まれている。

なんだか”老害”みたいな言い方になってしまうが、こんな素晴らしい環境でオナニーをすることができるのは、とても幸せなこと。

そもそも、選択肢が多すぎる。

若妻

綺麗な熟女

いやらしい熟女

30代

40代

50代

細かいコンセプトで分けても、それに該当する女優さんがいくらでもいる。

これは特に熟女に限定したことではなく、あらゆるジャンルに言えることだが、少しだけ前の時代までこと「熟女優」といういうのは非常に選択肢が狭かったもの。

「美少女ブーム」といったものもあり、とにかく若くてピチピチしている女優に人気が集まったものだった。

今では考えられないが、30代以降の女性が見向きもされない時代があったのだ。

そういた中では”そこそこちゃんと見れる女優”というのは非常に少なく、特定の女優に出演が集中するため、代り映えのしないメンツだったことは事実。

また”熟女”というコンセプト自体が、非常に曖昧なものでもあった。

今となっては「30代の熟女など若すぎる」という意見もあるが、20代後半でも”熟女扱い”されていた時代があったのだ。

そんな中で、特別な輝きを放っていたのが「望月加奈」さん。

その人だった。

かわいくてアグレッシブなプレイができた

熟女ジャンルに足をつっこんだら、一度は「かわいい熟女AV女優」を探すことになります。

年をとっても”おさかん”で、尚且つチャーミングな存在を求めてしまうもの。

そうなった際、昔は望月加奈しかいなかった。

彼女を知らない人は、とりあえずこれでしょうか?

⇒「熟女の口はもっと嘘をつく。」 熟雌女anthology #005 望月加奈

今は活動休止(引退?)してしまったようですが、今だからこそ、こんな時代だからこそ、全ての熟女好きには知っておいて欲しい存在。

「VHS」が「DVD」になり始めた頃に彼女はピークを迎えていて、”熟女”として評価されてはいましたが、実際にはまだ30歳前後だったはずです。

とてもかわいくて、とてもエロかった。

かわいいのに、アグレッシブ。

そして彼女の特に素晴らしいところは、ちゃんと<演技>もできるところでした。

実際、彼女は非常に多くの「ドラマもの」に出演している女優の一人。

間違いなく、「歴代トップレベル」の作品数と言えます。

「演技派」と呼ばれる中途半端な女優が増え始めた時期に、しっかりと演じていました。

その点、現代のAV女優はルックスは良くても演技ができる女優が少ない気がします。

本当のAVドラマを知るためにも、彼女が出演しているオムニバス作品はおすすめ。

やはり、そこは「ヘンリー塚本」監督や「長江隆美」監督を推しておきます。

ドラマと言えば、ヘンリー。

⇒ 夫以外の男と味わうオルガスムス 不適切な関係

望月加奈もまた、ヘンリーに発掘生育された女優の1人と言えるでしょう。

演技派AV女優としての真骨頂はこちら。

⇒ 償い ~つぐない~

リメイクも多い名作の、その初期作品。

ドラマが彼女の魅力・演技力を、しっかり引き出しています。

ちなみに、望月加奈は「松沢真理」という名義でも活躍していました。

「川崎軍二」という、こちらも鬼才監督の作品によく出演していて、少し若めの時期ということもあり、また違ったかわいさがあります。

”今の女優”にはない、何とも言えないかわいさ。

その中に儚さ。

⇒ 昭和官能劇場 下町慕情篇

川崎軍二監督の「昭和シリーズ」も傑作揃いで、彼女も存分に活かされています。

「レズ」や「アナル」もこなせるオールマイティープレイヤーであり、少し前の時代においてそれはそれは貴重な存在でした。

何より、かわいかった。

完璧な熟女優が、かつていた。