>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【赤ちゃんプレイを味わえるAV】羞恥心を解き放った先にある本当の快楽とは

エロにタブーはない。

フェチや好みは人それぞれであり、他人の思想を規制することは誰にもできない。

被害者さえいなければ、どんなことでも許されるべきである。

しかし、許すことと、理解することは違う。

誰にでも、どうしても理解できないプレイがあるはずだ。

わかりやすいものでいえば、「スカトロ」とか。

なんでそんなこと・・・そんなもので・・・興奮するのだろう?と。

でも、好きな人はいるわけで、それを否定してはならない。

だから、赤ちゃんになったって、いいじゃないか。

とはいえ、

「何がいいのだろうか?」

どうしても、そう思ってしまう人もいるはず。

むしろ、わからない人の方が多いだろう。

でも、他人の評価はその道を引き返す理由にはならない。

赤ちゃんになろう。

赤ちゃんの最大の特徴とはなんだろうか?

それは、「わがまま」であること。

そして、「羞恥心」がないことだ。

赤ちゃんプレイを求める人間の願望・・・

それは、

全てをありのまま受け入れて欲しい

これだろう。

世間では、我を通すのは醜いこと、恥ずかしいことであるとされている。

我慢するのが大人だ、と。

だとすれば、大人なんかやめちまえ。

みんな、泣きながら生まれてきた。

アダルトベイビーは気持ちいいから一度は経験すべき

結論から言えば、みんな一度は赤ちゃんに戻るべきです。

しかし、それができないから、AVを見るのです。

赤ちゃんプレイというジャンルは、AVの中でもかなり特殊であることには違いありません。

ニッチ、フェチものはいろいろありますが、特に狭いはず。

正直、自分にはまだまだわからないことが多く、理解しているとはとても言えません。

そんな自分でも、特に感じるものがあった作品を紹介していきます。

赤ちゃんプレイものというのはは、探すこと自体は簡単です。

しっかり続いているシリーズもあったりします。

⇒ ぽっちゃり爆乳ママ M息子たちの赤ちゃんプレイ願望 八木あずさ 42歳

赤ちゃんの気分を味わいたい人は、きっと母乳も大好きなはず。

相性は最高なので、入口はどちらでも結局は両方いくことになるでしょう。

「母乳AV」にたまらなく興奮してしまう変態野郎が本当に見るべき本物の母乳を撒き散らしているAV女優と作品

赤ちゃんプレイを求める方にとって、何がヒットするのかまだまだ手探りですが続けます。

とりあえず王道。

⇒ お子様目線で母性全開まおママにバブみを感じてオギャりたい!倉多まお

この作品は、けっこう王道をブラッシュアップしている気がします。

結局、”これ”なんじゃないかな。

おっぱいに抱きしめられている様子

こうなりたいよーって、素直に思うことも快楽の一部でしょう。

だって、いい顔してるもん。

より”心”で感じたい方は、こういうのもいいかと。

⇒ 巨乳ママに赤ちゃん言葉で癒されたい 小峰ひなた

赤ちゃんになりたい方というのは、こういう感じも求めているはず。

”言葉”というのは、どのジャンルでも重要な要素になるようです。

せっかく赤ちゃんになるなら、やっぱり「えらいえらい」されたいですよね。

⇒ バブみあるななみママは僕がただ生きてるだけでえらいえらいして褒めてくれるので、オギャって甘えて赤ちゃん返りSEX 横宮七海

こちらもシリーズもので、プリティなAV女優ばかり採用。

一見、コンセプトに矛盾しているように思えます。

かわいらしいこに、あやしてもらうという矛盾。

しかし矛盾が興奮を呼ぶという現象は、このジャンルにも言えるのではないでしょうか?

自分に正直になればもっと気持ちよくなれる

赤ちゃんプレイとは、”する・される”こと以外に価値がないように思えます。

見てもそんなにわかんねぇよ、と

しかし、そんなこと言ったら「フェラチオ」とかも同じです。

自分がされているわけでもないけど、見ると興奮するもの。

やっぱり、ベタにこういうのもいいですね。

⇒ 鶯谷で超人気! 赤ちゃんに戻れる大人のおっぱいチューチュー授乳風俗店 松本菜奈実

赤ちゃんプレイへの入門としても、適切だと思います。

こういった羞恥心を捨てるプレイというのは、社会的地位が高い方が好むとされています。

そして、それは事実でもあるようです。

なぜなのか?

答えは多分、とても単純です。

日々偉い立場で部下の見本とならなければならない人

出世のために我慢して自分の考えを抑えてきた人

遠くに行けば行くほどに、戻りたくなるものなのです。

そりゃ、反転しちゃいますよ。

お尻ぺんぺんして欲しい

頭を撫でて欲しい

これらは一見矛盾する現象ですが、両方楽しめるのが赤ちゃんです。

もうぐちゃぐちゃにバブバブになりたい

そんなことが頭に浮かぶことが増えた方は、早めに赤ちゃんに戻りましょう。

日々強がっていればいるほど、受け入れるのは難しいかもしれません。

しかし、だからこそ楽になれるのです。

後退ではなく、前進と考えましょうよ。

成長の先にあったのは、おしゃぶりだった。

それでいいじゃないですか。

いつの日か、心の底からバブーと言える日を楽しみにしましょう。