>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

「まだ若いのに柔らかくゆるんだおっぱいとだるんだるんにたるんだお腹の妊娠線がベストマッチで賞」を授与したいAV女優2選

「FANZA」でランダムにディグってると、それほど有名ではない「企画単体レベル」でも、むしろ無名の女優の中にも素晴らしい逸材がいることに気付く。

ある程度、発掘作業の経験があれば誰でも経験があるはず。

<ヌく>以外に、何か僕にできることはないのか?

真剣に考えた結果、何か賞をあげたいなー、と思ったので作っちゃいました。

特に最近目に付くというか、自分が注目している存在が

ゆるいからだのAV女優

という存在。

いわゆる「単体」の、顔が綺麗でスタイルのいい女優さんよりも全然ヌける。

ちょっと崩れたボディの方が、なんというか「人間味」がある気がするのだ。

単体女優というのは、結局「こんなきれいなこふぁAVにでるんだー」感がウリであり、正直言って美人(かわいい)のパターンというのはすでに5週くらいしている。

ありきたりな表現なんだけど、高級料理も毎日だと飽きる。

いつでも、簡単に満たせる状況では快感は小さくなってしまう。

お腹いっぱい食べれたらなー、食べれるようになりたいなーと思っていたものも、毎日簡単に、大量に、いつでも食べれるようになると「もういい」となってしまうものだ。

酢豚とか、ミートソーススパゲティとか、食べたくなる。

結局、贅沢だけでは、幸せにはなれないことに気付くのだ。

人生はバランスが大切だということを、妊娠線は教えてくれる。

”ミスマッチ”と”母性”が彩るだらしないボディ

肝心な2名の受賞者の発表です。

まずはこちら。

⇒ ひな

素人ものにいくつか出てる女優さんですが、正確な名前はないっぽいですね。

最近、そういう「下だけの名前」でやっているコも増えています。

ルックスは「ほんわかゆるふわ系」で、優しそうな感じ。

図書委員で、弟の面倒とかよく見ていそう。

なんか、ちょっとアホっぽい、イタい感じもいい。

シチュエーションも、アダルトビデオの極みです。

かわいい経産婦

看護師ナンパして、童貞の世話させる。

過去未来世界中探したって、そんな事体は現実には起こらない。

いたら、天使である。

天の使いだ。

で、体が最高なんですよ。

そこそこ大きくて、ゆるんだおっぱい。

同じレーベルで名前が変わっちゃってる雑な感じもよいです。

⇒ ゆい

立派な胴回り。

大きなおしり。

「THE おんなのからだ」って感じ。

妊娠線のある若くてかわいいAV女優

続いてはこちら。

絶妙な企画単体女優「益坂美亜」ですね。

⇒ 僕の彼女が不在の3日間、彼女の親友の爆乳グラドルとヤリまくってやった。 理性を失いむしゃぶりついた胸糞映像 益坂美亜

「限りなくキカタンに近い単体」というポジションで活躍。

意外と少ない、貴重な存在。

妊娠線のある爆乳AV女優

特にこの作品は、しっかりと”流行り”に乗っていて内容も悪くないです。

というより、なかなかいい。

ボディが存分に活かされています。

しかし流行っているねー「彼女がいない3日間系」のやつ。

もう、これは1つのジャンルになりそうですね。

ありそうで、なかったNTR。

この子は何がいいって、ガタイがいい。

もちろん、アホっぽくてよい。

おっぱいがでかいのはもちろんなんだけど、正常位の時のお腹周りがエロい。

「こういう感じの体」をしているコはけっこういますが、どその中でも特にレベルが高くて”こういう体の完成形”みたいな感じです。

何を言っているか分からないと思うけど、とにかく見て欲しい作品です。

ここでピックアップした2人は、おそらく「産んでいる」でしょう。

※あくまで管理人の推測です。

「妊娠線」に関しては、もしかしたら気づかれたくないかもしれませんが、僕の目はごまかせないし、むしろチャーミングポイントになっていると思います。

プリティーです。

そして、この2人に改めてこちらも追加させてください。

【花狩まい】素朴な雰囲気をまとったそばかすがかわいい癒し系AV女優

リアルな事情に興奮しましょう。

もちろん、めちゃくちゃエロい女優です。

妊娠線というのは、女の体をより魅力的なものに進化させるものです。

ちなみに、当サイトで紹介している「熟女AV女優」には基本的に妊娠線があります。

「本当にドスケベな熟女AV女優」の記事一覧

大切な”選考基準”の1つなので当然といえば当然ですが、みなさん素晴らしい妊娠線が刻まれています。

渋い妊娠線を求めている方は、やっぱり熟女になりますかね。

結局「オンナらしい体」が一番エロい

「綺麗な体」が評価される時代が長く続きました。

どうして、いつの間に、AV業界はかわいいコばかりになってしまったのだろうか?

そりゃ、かわいくてスタイルがいい子のセックスはみんな見たでしょう。

でも、あまりにも”そういうコ”が多すぎる気がするのです。

みんな人工的(いろんな意味)だし。

ある意味で恵まれすぎいて麻痺しているのかもしれませんが、ここでもう一度「人間は1人1人違うものである」ということを再確認すべき。

オンリーワンとか、ありのままでいいとか、そういうことでなく、個人差があるからこそ”違うエロさ”を楽しめるのだと。

好みの問題はあるだろうけど、女性の体はゆるい方が自然で魅力的だと思います。

太っているとか、体重とかじゃない、おんなのからだ。

峰不二子ばかりではつまらない。

一流モデルと呼ばれるような人達は、出産後のケアに相当な金をかけるらしいですが、「美しい子持ち」とか「ママに見えない」とかすごい不自然だろ、と。

”不”自然とは、こういう意味なのかと。

”やわらかい感じ”こそ、もっと評価されるべきでしょう。

そう考えると、どうしても熟女とか経産婦は有利になっちゃいますが。

熟女ブームというのは、必然だったわけです。