>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【藍川美夏】支配欲を満たす「イラマチオ」の天才-喉奥フェラをするために生まれて来たAV女優とおすすめ作品-

つい「イマラチオ」と間違えがちな「イラマチオ」は、
男女共に、好きな人は好き、嫌いな人は嫌い、というプレイだ。

イラマチオとは、簡単に言えば「過激なフェラチオ」である。

「フェラチオ」に関しては説明不要だと思うが、それが発展するとイラマチオになる。

イラマチオは、「口マンコ」とか「喉マンコ」なんて言われることもある通り
おもいっきりちんこをくわさせた後に、腰を振ってピストンすることが多い。

ただでさえ、女性にチンポを咥えさえるということは
「征服欲」や「支配欲」が満たされものであり、それを目的とする人もいるだろうが
イラマチオになることによって、それらは増加することになる。

イラマ好きの人というのは、この「支配している感じ」が好きな人が多い。

そして、逆もまたしかりである。

極めて珍しい存在だが、被征服・支配が好きな女性がイラマチオを求めることもある。

立派な変態と言えるだろう。

とは言え、基本的にはイラマチオを受け入れる女性は少ない。

フェラの際に頭をつかまれただけで、相手に対して悪い印象を抱く女性がほとんどだ。

勘違いをしてはいけない。

当サイトでは繰り返し述べているが、世の中の女性は思っている以上に淡泊だ。

一生に一度もフェラチオさえしない女性は、現実に少なくない。

酔っぱらって「私ってドMなんですよ~」と自己申告する女もいるが
そういった人が経験するイラマチオなど、たかが知れている。

軽く頭を抑えられたくらいだろう。

ちょっと無理強いされると、”特殊なこと”だと思ってしまう程度。

そしてこの点こそ、フェラチオとイラマチオの最大の違いである。

フェラチオに関しては、ある意味で「女性が男性を責めている」と言えるが
一方でイラマチオというのは、間違いなく「男性主導」となるプレイなのだ。

意外と貴重な「ちゃんとできるコ」

イラマチオに関して、個人的には「アリ」でもあり「ナシ」でもあるプレイ。

特にアダルトビデオの「イラマもの」は、なかなか選ぶのが難しくなります。

それは、「ちゃんとできるひと」というのが非常に少ないということ
”無理な感じ”も見られるため、どうしても”かわいそうになる”から。

現在のAV業界は非常にコンプライアンスを厳守しており、
特に過激なプレイにおいては、念入りに了解・同意をとっている。

ただし、

できるかも?やってみたいかも?とOKしたものの実際はけっこうキツかった

みたいなことは、稀にあること。

それでも、頑張り屋さんのコは、作品を完成させるために精一杯振舞う。

そういったものが見えてしまうと、どうしても「キツそうだな~」と思ってしまうのです。

特殊なプレイには難しいことだが、肉体的にも精神的にも
「感じている要素」がなければ、見ているこっちも楽しむことは難しい。

そんな中で光る、素晴らしい作品の紹介です。

変態喉奥奴隷 ドM胃液まみれ女 藍川美夏

内容に関しては、「けっこうすごい方」と言えます。

間違いなく。

イラマ自体が「過激プレイ」に入るものだが、なかなか徹底的にやっている。

普通のコなら、途中で気が狂うはずだ。

出演している「藍川美夏」さんは、
”ぱっと見”は「素朴な普通の女性」である。(見る人が見れば変態と分かるが)

ただ、「すごい」としか言いようがない。

「本当にイヤな顔」をしません。

イラマものの中では、いくらドM変態女であっても、一瞬ひるむことはよくあること。

「さすがにキツいっす」という顔をしてしまうこともよくあること。

一方で藍川美夏は、さすがに生物的な拒否反応(えずきとか)は見せるが
普通の女であればとても耐えられないことをやった後に、素面になれるのです。

イラマに関しては、SMプレイと中の1つとも言えます。

藍川美夏はもちろんマゾなのでしょうが、喉奥で本当に感じている。

「性感帯が喉奥」という、天性のイラマヒロインである。

最近では、本格的なSM作品でも活躍しているようだ。

被虐のマゾ女優 藍川美夏調教記録

イラマチオというのは、なによりも「ふつうにくるしい」もの。

当たり前である。

人間、本当に苦しい時は本当に苦しいものだ。

その先に快楽を感じることができるのか?が問題であり、普通は感じないのです。

上記の作品では、終盤にかけ藍川美夏が覚醒してきます。

イラマ作品が好きな人は、必見です。

このメーカーのイラマものは、なかなかレベル高いですね。

完全喉奥調教デビュー!!!最狂イラマチオに憧れて自ら応募してきた変態ドM素人娘ゆきちゃん(仮名)

イラマものに必要なモノとそもそもセックスに欠かせないもの

イラマ作品に欠かせない存在が、「デカチン」である。

デカチンが出てこないイラマ作品は、魅力も半分というより、作品が撮れません。

苦しくなければ、イラマチオではないのです。

普通サイズのチンコであれば、根本までけっこう入っちゃうもの。

入らないと思っているのは、精神的なブレーキや先入観であり、実際にはそれほど難しくない。

特に、すでに・日常的にイラマっている女には通用しません。

男の方にも、才能が必要なのがイラマプレイなのです。

そして、フェラにしてもイラマにしても、男は命がけです。

噛まれる、噛みちぎられるリスクは、常に無いとは言えないのです。

よくよく考えれば、フェラチオはとても危険な行為。

イラマチオ作品とは、

セックスには「何らかの信頼関係」が必要である

という、大切なことを思い出させてくれる存在でもあるのです。