>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【熟女AV入門】柔らか”そう”な体をしていることが「ヌける熟女AV女優」の条件である

「いい熟女」の条件というのは、熟女好きの数だけ存在する。

”熟女好き”というのは、あくまで「ジャンル」を愛する同志全てを現わすものであり
その中でも”自分の好み”というのは、人それぞれ分かれるものである。

ただし、そんな中でも「共通している要素」として
いい熟女というのは、”なんだか柔らかそうである”ということが挙げられる。

実際に柔らかいのことも大切だが、柔らか”そう”ということが大切だ。

これは「体型」のことではない。

痩せていても、柔らかそうな人もいる。

たるんでいても、堅そうな人もいる。

まあ、熟女という時点で基本的には柔らかいものだけど
”ぱっと見”から感じることができる、「雰囲気」とでもいうものが鍵を握る。

当サイトで個別に紹介している熟女AV女優は、全てその条件を満たしていると自負している。

「本当にドスケベな熟女AV女優」の記事一覧

いい熟女AV女優は、すでにたくさんいてピックアップするのはきりがないが
特に”はずさない”ために必要なこと、一度目を通しておいて欲しい女優さんを紹介する。

「ふくよかな熟女」は鉄板であることは確か

何から熟女を始めるか?

迷ったら、まずは「ふくよか」から始めてみよう。

痩せている熟女の中にも、いい熟女は存在すると述べたが
実際には、”少しふくよか”な方が柔らかそうな割合が多いと考えられます。

また、基本的に熟女好きというのは「母性」や「包容力」を求めているもの。

そのため、痩せているよりは太っている方を求めがちなはずです。

”痩せているからこそ皮膚が薄くたるみやすい”という魅力もあり、
ぜひ視野を広げていって欲しいのだが、やはり最初は”たるみ”を楽しむべき。

まずは、スタンダードから。

まずはボディの”堪能のし甲斐”がある作品から

はずしたくないなー、というのであれば
「ジャケット」から判断しやすい、「裸の主婦」シリーズがおすすめです。

はだかの主婦 品川区在住 村上涼子(40)

実際に、”熟女もの入門”におすすめのシリーズ。

熟熟という感じの方は少ない一方で、しっかりバリエーションもあります。

どちらかというと、「カラミ」ではなく「見ること自体」を楽しむ
観賞用ビデオという側面が強いが、それだけにボディを堪能できます。

正直、「熟女道」を長年歩んでいる人間から見れば
ぬるいというか、物足りないことも多い作品です。

しかしながら、ある意味でそれは”麻痺している”という証拠。

最初から、ハイレベル(還暦とか)に行く必要はありません。

徐々に、少しずつ、その道を楽しんで行って欲しいと思う。

「コースギリギリ」のボディに慣れていく

少し慣れてきたら、一度「ギリギリライン」のボディを楽しんでみましょう。

上記シリーズにも登場している、「村上涼子」さんはまさにその典型です。

歴も長く、その分作品数も非常に多い女優さん。

そしてボクサーや騎手のように、ギリギリの体重コントロールをしている方。

作品ごとの、わずかな違いを楽しんで欲しいと思います。

S級熟女コンプリートファイル 村上涼子6時間 其之弐

まだまだいける、という人はもう一段上がってみようか。

・青井真理

家政婦奴隷 青井マリ

この人に興奮し始めたら、なかなか才能がある。

とにかく見まくる

まあ、この辺はまだまだ初級です。

ここがスタート。

「本当に理想とする熟女」に出会えるまで、とにかく作品を見まくってください。

同じ人のをいくつか見て、別の人に移って、戻って来る。

この繰り返し。

AVは、見れば見るほどに、より楽しむことができるようになる娯楽。

こんな素晴らしい女優さんがいたんだ、と気づくこと、新しく知ることが醍醐味の1つ。

特に熟女に関しては、理想的な(ヌける)人というのが常に変わってくるものです。

新しい自分に出会えるジャンルでもある。

好みが変わるのか、もともともそれが好みだったのか、それは分かりません。

ゴールがないから面白く、考え方によっては、永遠に楽しめむことができるのです。