>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【翔田千里】現役最高級レジェンド熟女AV女優の”素晴らしさ”や”いやらしさ”や”最高傑作”について整理しておく

恐れ多くて語れない、自分が語る必要もない。

感謝しか、ないっすよ。

それだけです。

でも、もしかしたら「熟女好き界の若手」の中には
知らない人もいるかもしれないので、注意喚起の意味でも一度紹介しておきます。

今のサッカー少年は、「カズ」とか「ラモス」とか知らないのかもしれない。

でも、熟女好きでこの人を知らないのはかなりマズイ。

今の熟女ブームを作ったと言っても過言ではない、「翔田千里」という存在。

今や多すぎるとも言える、熟女AV女優だが
「こぎれいな熟女」の量産は、おそらくこの人がきっかけとなっている。

そして、本家には敵わないな、と思わせる存在でもある。

「レジェンド」と呼べるようなAV女優は、各ジャンルにそれぞれいて
熟女ジャンルで言えば、例えば「風間ゆみ」さんだろうか?

「歴」と「数」の両方が必要で、そうなると意外と限られるもの。

ただし、一流の熟女AV女優の中には若い時から活動していたり
一度引退して、復活したパターンの女性も多い。

そういった人達の中にも、もちろん素晴らしい女優さんがたくさんいるが
「その辺の主婦」から昇りつめという点で、翔田千里さんは貴重な存在なのです。

熟女AV女優による「ちゃんとしたドラマもの」を開拓者

意外にも?といったら失礼だが、翔田千里は「ドラマもの」がいい。

置き屋に落ちた恩師の妻 翔田千里

熟女優のサクセスストーリーとしては、「初撮り~」みたいな作品に出て
徐々に「シチュエーションドラマ(もちろん人妻設定)」に進出することになります。

若い女優のように、”素材”を活かして何度も同じような作品は撮れない。

”生中”とか、”複数”とか、同じようなスタジオ撮影は厳しい。

そこで次のステップが「ドラマ」であり、そこでつまづく。

そして、普通の主婦に戻っていく。

”だからいい”のかもしれない。

今の時代、デビューする人も多ければ、すぐに引退する人も多い。

活動期間が短いのは、現代のAV女優の最大の特徴と言えるはず。

”なりもの入り”でデビューした女優が、2.3本撮っていなくなるのはよくあること。

そんな中、”デビュー時から熟女”且つ”15年以上”も活躍し続けている存在は奇跡。

そしてそれは、ドラマものでのブレイクが大きく影響していると考えられます。

「普通」と「天才」を併せ持つ奇跡

そもそも、”演技”をちゃんとするのは難しいものです。

経験もない人間が、”ちゃんとできるわけがない”ものでもあります。

それを、求めているのがAV業界であり、求められるがAV女優。

だから頑張る。

頑張ったからといって、すぐにうまくいくわけがない。

そのため、演技ができる女優というのは限定されてしまう。

若い女優であれば”やる気”や”体力”もあるかもしれないけれど、熟女は違う。

だからこそ、ドラマもので”まともに使える”熟女優は非常に貴重な存在になります。

性の相談承ります 未亡人SEXヘルパー

そんなドラマAVを、彼女はなんなくこなしてきました。

最初からある程度うまかったのです。

天才だったのでしょう。

”ぽっと出の主婦”が、みんながなかなかできないことをあっさりこなす。

”できる人”は、一気に呼ばれまくるのがAV業界であり
「団地妻系オムニバス女優」から、短期間で有名女優に上り詰めた。

常に”今その瞬間”がピーク

”からみ(セックス)”以外に求められているものがあると、ハリがあるのでしょう。

ドラマものに出ているAV女優は、息が長い傾向があります。

やっぱり、モチベーションが大切なお仕事。

しかし、人にはピークというものがあるもの。

それが20代なのか、50代なのか分からない。

そんな中、翔田千里は今が・常にピーク。

一度引退したり、引退すると言ってしなかったり
”宮崎駿”的な振る舞いは、AV女優にはご愛敬である。

五十路も近づき、そろそろピークアウトかな?と思わる時もありますが
その後に、しっかりと巻き返してきたりするのです。

どんどん体もいやらしくなって、もうサイボーグなんじゃないかと。

ささやき淫語で誘惑する淫乱五十路妻 翔田千里

無理しないで欲しいと、心から思う。

「最高傑作」これといってなし

基本的には、全ての作品を”並み以上”にしてしまう存在。

この人が出ているだけで、駄作にはならない。

しかも、作品を選ばない。

悪い意味ではなく、どんな作品・監督・ジャンルでも軽くこなしてしまう。

・デビュー直後の貴重なオーソドックス作品

きれいな奥様 千里37歳

長くやっていると、どうしても高飛車になりがちなAV女優だが、彼女は”ちょうどいい”。

いい感じで”ツン”としていて、特に物腰柔らかいわけでもなく
”普通の主婦が遠いところまで来ちゃった感”が、ちゃんとある。

初めて見かけた時、天才はかざらないんだな、と思った。

・貴重なドキュメンタリー作品

美熟女ドキュメント 翔田千里のすべて

この人のドキュメンタリーは、「タートル今田監督」に撮って欲しいなー

と思っていたら、撮ってくれた。

賛否両論あり、”全てホンモノ”をさらけ出しているということはないだろうけど
今になって、天才の側面を見れる意味のある作品となりました。

中学生の特に出会い、アラサーになった今もおかずになる女優は貴重だ。

今の自分(十分に人生のレールを踏み外しているが)は、この人なしではありえない。

感謝しか、ないっすよ。