>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【オナニーの未来】最先端のマスターベーション方法とは-Futere of Masturbation-

初めて「マスターベーション(オナニー)」をした日のことを覚えているだろうか?

「もう、忘れてしまった」

という人は、おそらくいないはず。

それは「セックス」に関しても同じことだ。

忘れることは、ない。

その時の”おかず”や”相手の名前”は、忘れてしまった人もいるかもしれない。

でも”その時”というのは、忘れることはできないはずなのだ。

”重い”感じで申し訳ありません。

「習慣」となってしまったことで、感動が薄れてしまうのは仕方がないこと。

それと同時に、もったいないことでもある。

これから先も死ぬまで続けているのであれば、もう一度見つめ直し、そしてステップアップしていくことも大切です。

マスターベーションをアップデートしよう

マスターベーションとは、極めて個人的なものです。

人に語るものでも、自慢することでもありません。

「いつもと同じオナニー」

それを、ずっと続けてるのも悪いことではありません。

しかしながら、<探求>もまた楽しいものです。

年収も、社会的地位も関係なく、誰もが平等に突き詰めることができるものは貴重。

オナニーと筋トレくらいでしょうか?

オナニーと筋トレは、差別も区別もなく全ての人にとって成果(快楽)が出るもの。

ぜひ、楽しむべきです。

常に進化し続けているオナニーのためのツール

現在の一般的なオナニーを表現すれば、

スマホにダウンロードした動画を見ながらシコシコ

となるはず。

これが30年前であれば、基本的にはエロ本(ビニ本)だったと考えられます。

今となっては、”極めて質の低いおかず”を手に入れるのも苦労した時代がある。

わずか30年で、オナニーは劇的な進化をとげた。

そしてはるか昔、まだ”紙”すらない頃には、エロ本でオナることもできなかったのです。

オナニーは、人類が誕生した時点でセットとなっていたもの。

一部の「類人猿」には、日常的にオナニーをする種族もいる。

猿もやっているのだ。

猿だった頃からやっていて、これからも僕たちはオナニーをし続けるでしょう。

変わらないのは、”シコシコ”すること。

しかし、本当にそうでしょうか?

「バーチャルセックス」をする方法

”SFの中の世界”がいずれ必ずやって来る

「未来のオナニー」の1つかたちとして、「バーチャルセックス」があります。

特に男性にとってオナニーとは基本的にセックス代替行為であることから、限りなく”それ”に近いかたちを追い求めているこはずです。

性的欲求と技術の進化というのは、非常に密接に関連しているものになります。

それは生物の究極の生存目的が<生殖>であり、金儲けも健康も”全てのそのためにある”と言っても過言ではありません。

仮想現実の世界でセックスする技術は、いずれ開発されることは間違いないこと。

実際に、いくつかの「SF映画」や「SF小説」には描かれているものもあります。

何よりも、誰もが皆、”あるならやってみたい”はず。

「ダッチワイフ」に関しても「セックスロボット」として進化するはずですが、物理的なものにしてしまうことでコスパが悪いものになってしまうでしょう。

1人1人が理想的なセックス像を持っているはずであり、できるだけ多くのおかずで楽しみたいのは変わらないはず。

今、AVを選んでいる時のように。

バーチャルセックスのパターンはとしては、まず「ソフト」として販売され、いずれはダウンロードしてハードに読み込むことになると考えられます。

もしかしたら、最初からダウンロードかもしれない。

ファミコンが発売された頃には、ソフトをダウンロードできるなんて考えられなかったはずであり、それに関してもわずか30年で実現したことなのです。

そして、技術の進歩スピードは劇的に早くなっています。

決して「夢物語」ではなく、期待してもいいはず。

”そろそろ”であると。

いずれは”シコシコしない”オナニーに?

現在でも、オナニーの際にペニスに刺激を与える道具は「利き手」だけに留まりません。

「オナホール」といったものが、数多く存在します。

それは基本的に「女性器を型どったもの」だが、様々な工夫もなされています。

バーチャルオナニーが実現した際にはそういったものを装着することも考えられますが、「電極」や「脳への刺激」といったものの方が”バーチャル感”がある。

キモイかもしれないが、ワクワクしてこないか?

やっているところを見られると相当恥ずかしい

といった、解決するべき問題も山積みだぜ。

こういったことを考えて(妄想して)いるのは自分だけではないはず。

頑張れ!科学者達よ!!!