>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【「アナル」で気持ちよくなる方法】肛門の感度をよくするための秘訣は”慣れ”である

「アナル」とは、お尻の穴、つまり「肛門」である。

今や常識となっているワードであり、恥ずかし気もなく”ふつー”に使う人も多い。

特にエロ業界では、日常会話で使うのは当たり前のものだ。

ちなみに、アナルは”肛門の”という「形容詞」であり「名詞」ではない。

「アナルがかゆい」は、正確には「”アヌス”がかゆい」と表現するべきなのだ。

一方で、「肛門性交」である「アナルセックス」は正しい表現と言える。

そう、アナルは性的な行為で快楽を得るための”1つのスイッチ”でもある。

いわゆる「性感帯」というヤツだ。

ただし、これははっきり言って”人による”と言える。

また本来は「うんち」を出すところでもあるため、慎重な姿勢が必要になる。

だからこそ、開発できた時の喜びや興奮は大きなものとなるだろう。

アナルとは

アナルが性器であるのか?については、非常に微妙なラインです。

これは「モザイク」の問題だけでなく、性的なものを含む「法律」の問題も関わります。

割と現実的な問題もはらむため、その辺の追求はしません。

この記事では、あくまで”自分自身”が楽しむための方法を考えます。

ちなみに、日本のアダルトビデオにおけるモザイク処理は

  • 販売用
  • レンタル用
  • 衛星放送

といった、流通経路によって微妙に異なります。

アナルに関しては、「最初からしっかりかける(レンタル等)」場合と「相手の指が触れたら性器とする(販売用)」とで”かける基準”が違うのです。

こういった基準は、行政や条例の”ノリ”で決められることも多く曖昧なものです。

またカトリックでは、肛門性交は「罪(タブー)」なものでもあります。

<オナニー>も同じことだが、生殖を目的としない性的な行為はだめみたい。

「快楽だけ追う」ということを、禁じているみたいですね。

極端な人は、コンドームの使用もダメみたいだし。

実は、自分は一度だけアナルに挿入しピストンしたことがある。

感想としては、「最初挿れる時きつくて中はゆるい」というものだった。

射精には至りませんでした。

ちなみに、舐められるのは好きで、感度もいい。

肛門という器官の特性が、非常によく現れている例。

基本的には、<表面で感じる>ということがアナルにおける最高の幸せでしょう。

アナルで感じるために必要なこと

本題に入ります。

アナルオナニーにしろ

アナルセックスにしろ

アナルを使って気持ちよくなるために、必要なのは”感じることができる”こと。

アナルに興味がある人というのは、アナルの感度を上げたいと思っているはずです。

最初に言っておきますが、「アナルは才能」です。

特に”中で感じる”ためには、天性の感覚が必要になります。

無理はしない方がいいです。

本来は、”そうやって使わないところ”だから。

挿れるのではなく、出すところであり、本来は一方通行。

ただし興味がある時点で、どちらかと言うと才能があると思いますが。

とにもかくにも”慣れ”は不可欠

性的なこと全般に言えることだが、感度を上げる一番の秘訣は<繰り返し>です。

要は、”慣れ”です。

何もアナルだけではなく、マ×コも同じこと。

最初は特に痛くて、しばらくは”痛いだけ”というのは広く知られています。

少しずつ慣れて、少しずつ気持ちよくなっていく(感度が上がっていく)のです。

物理的にも、心理的にも慣れが必要なのは2つとも同じ。

問題は、アナルが”全ての人にとって本質的に気持ちいものではない”ということ。

確かに感じる人は存在します。

”そこそこいい”というケースは、珍しいことではない。

そして、それこそが才能でもあるのだ。

ダメな人はいくらやってもダメ、ということも多いから注意が必要。

「エネマグラ」と呼ばれる道具を使った、「ドライオーガニズム」というものがあります。

最近流行っているようですが、実は事故も多い。

人に言わないからあまり知られていないけど、けっこう大変なことになることも。

改めて、無理は禁物。

上記したように、基本的には”表面”で感じるのが理想です。

はたして、アナルの実力主義とは・・・

実力主義 電動エ●マ ブラック 緩やか振動 [5種の振動][3種の回転速度]

値段はピンキリですが、やはり高いものはいいようです。

徐々に負荷を上げていく

ここでは、中で感じる才能があった、且つ慣れてきた場合を想定します。

とは言っても、やはりここからも”慣れ”の世界です。

1本2本と増やし、ゆっくりとしたピストンから徐々に早めていく。

この過程を楽しむことが、アナルの醍醐味かもしれない。

性的なこと全般に言えることだが、一番大切なのは「想像力」だ。

「気持ちいい」と思いながらすると、気持ちよくなる。

セックスも、オナニーも、アナルも同じこと。

慣れたらてきたら、新たな世界に行くこともできる。

「前立腺オナニー」の安全なやり方と男が潮を吹くための方法-何度も繰り返す「ドライオーガニズム」は本当にできるものなのか?-

アナルアプレーのに欠かせない準備

アナル関係の行為をする際に、一番気になるであろうことが”うんち”でしょう。

うんこが竿に付いてしまうのではないだろうか?

不潔なのではないだろうか?

という問題。

竿にうんこが付くし、不潔です。

少し考えれば分かること。

アナルプレーをする前には、ちゃんと「浣腸」をしましょう

愛好家にとっては邪道かもしれないが、しっかりと細菌がいます。

”アナルに突っ込んだヤツ”をそのままマ×コに入れたり、咥えさせたりしていることもあるけど、そういうのはやめた方がいいです。

アナルで楽しむ人は長生きできるかも?

”アナルを使う”ということが日常的になると、自然と便秘は解消されていくはず。

特に挿入するためには、うんちがいてもらっては困る。

性欲の力は偉大だ。

便秘だったとしても、なんとかして解消しようとするはず。

腸内環境は健康のや美容の鍵を握る要素であり、言うまでもなく便秘は悪。

そして、アナル愛好家に便秘の人はいません。

アナルプレーは、”長生きの秘訣”と言っても過言ではないでしょう。