>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

本当に”赤ちゃんが寝ている(たまに起きてる)隣で”ハメ撮りしているっぽいAV作品

こういった作品は、好き嫌いが激しいと思う。

好きな人はメチャクチャ興奮すると思うが、嫌悪感を抱く人もいるだろう。

まあ、この記事を読んでいただいている時点で、そういったことはもう関係ない。

興奮できたら、一人前の鬼畜変態なのかもしれないね。

”ホンモノ”なのかどうかに関しては、いろいろ突っ込まない方がよさそう。

ただし、なかなか”リアル”だ。

ハメている途中に見切れるのだが、ちゃんと動いてるんだよねー。

ピストン中に男優が気にしている場面も、非常にリアルでよい。

シリーズものゆえ、「全部そうなわけ・・・」とも思う。
(シリーズ全てに”それ”が登場するわけではない。)

販売されているシリーズの番号が、とぎれとぎれなのも「大人の事情」を感じさせる。

いろいろ勘ぐってしまうが、純粋に楽しんで欲しい。

けっこう貴重なシリーズであり、作品だと思う。

さすがにちょっとびっくりする

肝心な作品。

まあ、見て欲しい。

母乳ママ大好き! 42

女優さんが2人登場するが、問題は後半の方。

地味な方。

同時上映のママさん(ジャケットの表1の方)もなかなかいいから、損はしないです。

こういったシチュエーションのAVでは、「人形」が使われることも多い。

「さすがに・・・」となるのが、普通だ。

でも、これはガチなのかなー?。

今の時代では絶対に無理な内容でしょう。

コンプラ系です。

企画段階でボツ。

見どころは、終盤の「バック(後背位)」の場面で
ママさん(女優)と、「同じかっこう」をしているところ。

何を言っているか分からない人も多いかもしれないけど、とにかく見て欲しい。

で、何が”いい”かというと、お母さんがちゃんと感じてるんだよね。

自分は、女優が本当に感じている時と、そうでない時をほぼ完全に見分けることができる。

この女優さんは、しっかり感じているよ。

人間って、すごいな。

カラミの内容に関しては、非常にオーソドックスだ。

ただし、ちゃんとエロい。

特に問題の方は、「地味熟女」としてもレベルが高い。

母乳とか、”それ”抜きでも、おすすめ作品です。

監督(ハメ師?)も、いい味出している。

いろいろと”時代”を感じる作品

「母乳もの」のポイントの1つに、「悲壮感」がある。

そんな時期に・・・というやつ。

ハッピーな家庭の奥様、まして子供が生まれたばかりで、AVには出ないのだ。

セックスレス

シングルマザー

夫の借金

いろいろあるだろうし、いろいろ想像の余地がある。

そういったことにエロさを見出すのも、1つの楽しみ方だ。

その点で、母乳ものは一番”深い”ジャンルなのかもしれない。

そしてこういった作品があるからこそ、そういったことを思い出すことができる。

感謝しよう。

帰り道、何を考るのか?

を、考えさせる作品である。