>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【出会い系攻略】スグ簡単にセックスさせてくれるオンナやセフレを探すために最も効率的な方法とは

いわゆる”出会い系”と呼ばれるメディアがある。

その名の通り、男女の<出会い>を供給・仲介する存在。

ひと昔前であれば、「出会い系サイト」と呼んでいたものが
現在では「出会い系アプリ」となり、なかなかお盛んなようだ。

最近では、

即系

暇つぶし系

本気で恋人を探している系

なんとなく真剣な人達が集まる系

と、それぞれのアプリ(サイト)でコンセプトも分かられているそう。

あくまで、表面上は。

「マッチングアプリ」とか呼ばれるメディアも増えてきた。

とは言え、本質的には大した差がないことが現実。

どれも利用しているのは、<異性とのコミュニケーション>を求める男女だ。

違うのは、”求めるコミュニケーションの度合い”である。

実際に、1つの会社が様々なコンセプトのサイトを運営していることも多い。

「じつはこのサイトとこのサイトは同じ会社が運営している」と驚くことも。

「健全な出会い」を掲げているサイトを運営している会社が、
「ヤリモクとヤリマンが集まるサイト」を運営していることも珍しくない。

結局は、メディアのシステムの設計・仕様や利用者の動線は”同じでいい”ということ。

時代が変わり、ハードやソフトが変わっても、
男性利用者の大多数は、”ヤりたい”から利用しているはずだ。

そして、<セックス>を目的として出会い系を利用するのであれば
「かつて出会い系サイトと呼ばれていたもの」を利用することが、まずは何よりも重要。

当サイトの管理人は非常に奥手な人間です。

このコーナーは「プロ」に寄稿していただいています。

ちゃんと「ヤれるオンナと出会える系サイト」を利用する

いや、そんなことは分かっている

という人もいるかもしれない。

しかしながら、”大原則”とも言えることを忘れて
わざわざ難易度の高い道や手段を選んでいる、残念な人も多く見られるのだ。

カッコつけなのか、修行なのか、分からない。

プライドなのかもしれない。

わざわざ「ヤりにくい(ワンチャンに向かない)サイト」利用して、
「ヤりたいだけなら不合理だよ」という行動をして、無駄な時間やお金を使っている。

本当は、「ただヤりたいだけ」にもかかわらず。

だいたい、出会い系を使っている時点で、プライドは捨てるべきなのだ。

ナンパも同じ。

モテないから、そんなことやるのだ。

「ヤりたい時にヤらせてくれるオンナ」がいないから。

まあ、そんな女がいる男はなかなかいない。

だから、頑張ろう。

要は、セックスがしたいなら

「オシャレなマッチングアプリ」

ではなく、

「ホンモノの出会い系」を使えよ、ということ。

自分に正直になって合理的な手段を考えよう

「出会い系の攻略法」というのは、(出会い系でヤりたい)誰もが求める情報だろう。

そのてのブログもサイトも、数え切れないほど存在する。

生まれては、スグに星になる。

しかし出会い系サイトでうまくやる最大の秘訣は、
とにかく、「ヤりやすいサイト」を利用することだ。

まずは、そこだ。

とにかく、そこなのだ。

一方で、同じサイトを使ったとしても「ヤれるヤツ」と「ヤれないヤツ」がいる。

だからこそ、「ヤれた情報」を求めるのだろう。

”自分もそうなりたい”と。

「プロフィールの書き方」といったものは、ぜひそういったブログを参考にすべきだ。

しかし現実は非常に地味なものであり、一番必要なのは「手数」なのである。

軽い気持ち”を持ったオンナが集まりやすい出会い系サイト解説

※「無料ポイント」でなんとかしたい、と考える人も多いだろうが
本気で<ヤり続ける>のであれば、多少はお金がかかることも覚悟しよう。

そして、だからこそサイトを<絞る>ことが必要だ。

回り道は、結果的にコスパが悪いことなのだ。

こっそり自分だけ楽しくヤろう

本当にうまくやっているヤツは、ブログなんかやっていないもの。

発信をしない。

自分の知り合いにもいるが、「やってくれ!」と言ってもやってくれない。

セックスしたいから出会い系を使っているのであって、
ブログをやるために出会い系を使っているわけではない。

らしい。

というのは建前で、自分が思うに”ライバルを増やしたくないから”だろう。

自分だけ知っていれば、ライバルがいなければ、自分だけ”いい思い”ができる。

わざわざ、「自分の椅子に座る可能性のある存在」を生み出さないのだ。

その男はどちらかというとブサイクで、間違いなくハゲるタイプだ。

だからこそ、ライバルは増やしたくないだろう・・・

これは、「儲かる方法を教えてくれる人は詐欺師」と同じ理論だ。

教える必要、ライバルを増やす必要がない。

攻略論を語っている人というのは、基本的に”うら”がある。

細く・長く・活動し続けられるように

”ホンモノ”がブログ等で発信しないのは、発信する意味がないことはもちろん、
「やったオンナ」にブログがバレると、<活動>しにくくなることもその理由だ。

何かやらかすと、すぐに「掲示板」とかに書き込まれてしまう時代だ。

実際に、有名なハメ撮りブログ等の「こんな感じでヤれました」という
「報告」や「写真」には、嘘の設定や他サイト(アダルト系)からの無断使用の写真も多い。

それはアクセスを増やすことと同時に、女性からの<クレーム>を防ぐためでもあるはず。

こういった点からも、「自宅から遠いところ」をホームにする等
”活動できなくなる”という事態を防いで、長く快適に利用するための工夫が必要。

上記したように、出会い系の攻略に必要なのは”手数”だ。

それは失敗から学び、成長する、という当たり前に必要な過程も含まれる。

出会い系なんか使う男は、基本的には恥ずかしい存在だ。

しかし、

「妻も恋人もいない」

「風俗はいやだ」

でも、

「セックスしたいな」

と思うのであれば、出会い系を利用するのも1つの妥当な判断だ。

本当は”ちゃんとした相手”が望ましいが、「ナンパ」に比べてればはるかに合理的な判断。

当サイトではことあるごとに述べているが、「ヤるなら本気」だ。

すでに恥ずかしいのだから、胸を張っていこう。

確率の高い場所でとにかく「成功体験」を積む

繰り返しになるが、出会い系をうまく利用していくのであれば
鉄則として、まずは「大きなメディア」を利用するべきだ。

「登録している女性(ターゲット)の人数が多い」という当たり前の理由からだ。

それは「=確率が高い」ということにつながる。

経験のない人間、大きなサイトでうまくいっていない人間は、まずはそこから始めよう。

そこでうまくいったら、なんだか”通”なサイトで遊べばいい。

とりあえず、まだ登録していないのであれば「PCMAX」から。

ここで無理なら、どこでも無理だよ。

加えて「Jメール」は、最初から”ワンチャン目的の男女”をターゲットにしていて清々しい。

「目的が同じ相手」が集まっていることで、より難易度が低くなるだろう。

<セフレ作り>も合理的な方法で

”セフレ”とは、「セックスフレンド」の略であり
セックスとは「性交」を意味し、フレンドは「友達」だ。

即ちセフレとは、性交をする友達である。

一緒に気持ちいいことをするお友達。

最高に素晴らしい関係。

じゃあ、何でできないんだろう?

みんな探しているのに、なかなか見つからないよね。

「親友」よりも、「一生の友」よりも、出会うことが難しい。

なぜだろうか?

”気持ちいいこと”は、絶対にみんなが好きなはずなのに。

なかなか出会えない。

自分が気持ちいいと思うことが、自分の好きなことが
全ての人にとって、気持ちよくて、好きなものでであるとは限らないんだね。

信じられないことに、「セフレが欲しくない男」も存在する。

それは、「セフレが欲しい女」もいるという希望でもある。

「いるところ」にイクべし

”自分と同じ価値観の人間に出会いたい”なら、
「自分と同じ価値観を持った人が集まる場所」に行こう。

阪神ファンなら、甲子園だ。

阪神ファンというのは、基本的に野球が好きだ。

全ての人とは限らないが、基本的にルールくらいは知っている。

つまり甲子園には、野球が好きな人間が集まりやすい。

たとえ阪神ファンでなくても、一緒に野球を楽しめる人種に出会える。

こうやって、噛み砕いていくことが大切なんだね。

「セフレになってくれそうなエロいオンナ」を見つけたければ、
「セフレになってくれそうなエロいオンナ」がいるところに行けばいい。

これを読んで、

「よし!じゃあ風俗に行こう!」

と思った人は、もう救いようがない。

彼女達はエッチなことがしたいのではなく、お金が欲しいのだ。

風俗サイトや雑誌には、

「エッチなことが好きでこのお仕事しています。」

みたいなコメントが載っていたりするが、大嘘である。

風俗店で働いているのは、

  • お金が欲しい女
  • 承認欲求が強い女
  • それしかできない女

基本的には、このどれかだ。

勘違いしてはいけない。

風俗嬢のセフレを作る方法

「夜の女とのタダマン」という”都合のいい下心”は捨てよ

確かに、

「硬い女よりも軽い女の方がセフレにしやすい」

というのは、間違っていない。

「普通のOL」よりかは、「キャバ嬢」や「風俗嬢」の方が”潜在的に軽い”ことは確か。

しかし、彼女達は”自分達の体はお金になる”ということを知っている。

”その駆け引き”こそが、仕事なのである。

やらせる意味がない相手に、そう簡単に最後のカードは切らない。

そんな女性達の”特別な存在”になるのは時間がかかるし、とても難しい。

何よりも、「初期費用」が必ずかかる。

「商売女とタダマン」は、逆に高くつくのだ。

それよりも、「普通のOLの中に混じっている宝石」を探してみよう。

あえて「淫乱変態女」を探そう

極端なことを考えれば、「変態」や「淫乱」を探すことをおすすめする。

東大を目指して勉強すれば、慶應早稲田くらいには入れる

という理論だ。

この考えは、一見ふざけているようで、非常に合理的で、どんなことにも当てはまる。

実際に変態を見つけるためには、出会い系サイトの「変態コーナー」を探すのが一番早い。

これは本当です。

セックスを求めている女は、セックスを求めている男が集まるところに集まる

という、単純な理論そのままです。

もちろん、出会い系サイトには「割り切り」が目的の女性もいる。

「業者」もいる。

これは、どうしても仕方がない。

変態のくせに、変態であることを隠している女もいる。

うまく見分けるしかない。

そう簡単に、ホンモノは見つからないのだ。

ただし、風俗嬢をセフレにするよりもはるかに楽な道だ。

とにかく”合理的に”と考えよう

凡人にできることは、努力と工夫。

時間は有言であり、効率を考えた行動をしよう。

早めに自分でアクションを起こす意味がある。

何でも簡単にできるようになった、いい時代ですよ。

「待っていれば性欲が強い女が寄って来る」

なんてことは、絶対にない。

「やりたいなー」だけじゃダメなんだ。

そもそも、

やらせてくれる

させてもらう

といった表現には、”男は乗り気だけど女は乗り気ではない”というものを感じる。

こういった価値観こそが、間違いだ。

「ちんこを求めている女」がいる場所に、行こう。