>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【篠崎かんな】デブ寸前むっちりポチャAV女優最前線

「いやらしい体」というのは、非常に難しい。

一歩間違えれば「デブ」と捉えられかねない、ギリギリの体型。

たるんでいるのか、”やわらかさ”なのか。

賞味期限ギリギリの熟成肉のような存在だ。

そもそも「体型」というのは、その人の”顔”や”雰囲気”との相性も重要だ。

この顔だから、この雰囲気だから、多少肉付きがよくても許せる

むしろ、少しくらいふっくらしていた方が合っている

そんな女性というのは、意外と少ないものだ。

まして、特に女性は「細いことは正義」と考えている傾向もある。

太っている自分を自分で認めて、まして人に見せることができるのは難しいこと。

だからこそ、ゆるい体をしている人というのは心もゆるく、そのゆるさが肉体にも表れていて、これはもう”卵と鶏の話”みたいなものだ。

ギリギリでいつも生きていてくれてありがとう

この女優さんは、その肉体だけじゃなくて顔も雰囲気も「臨界点」です。

・篠崎かんな

はだかの主婦 足立区在住 篠崎かんな(32)

これ以上は・・・というライン際ギリギリを責めています。

作品によっても、”コンディション”の差がけっこう出ている。

この体型を維持するのは、逆にコントロールが難しいはず。

ある意味、ボクサーや騎手と同じ。

あと、肌が綺麗です。

それはそれで大変なものなのでしょう

いやらしい体というのは、簡単に言えば「ぽっちゃりさん」のこと。

しかしながら、デブではいけない。

”どちらよりなのか”によっても、好みが分かれるポイント。

「ぽっちゃりの一歩手前」という人はけっこういますが、ぽっちゃりを超えてしまって、尚且つデブにはなっていない人は貴重です。

そして、”その場所”にいる女性は基本的に肌が綺麗。

肌のハリというのは、「年齢」と「皮の下の厚さ」で決まります。

痩せている熟女というのは、どうしても肌がたるむもの。

そして、デブまでいくと汚くなる。(基本的に自己管理がダメだからでしょう)

ギリギリを保つのは、意外と忍耐が必要なのかもしれない。

デブ専やぽちゃ専のラインについて、もっと深く考えたい方は以下の記事より。

【デブ専の定義とは】”ぽっちゃり”との境界線と許容範囲は何キロまで?-たるんだ腹とデカい乳とケツが素晴らしいAV女優-

まだ変身の余地を残しているのでしょう

こちらの作品もおすすめです。

妻が旅行中、ふたりの巨乳義姉と過ごした2泊3日中出し生活―。

いやー流行ってますね、こういう系。

パートナーがいない間に・・・

更に複数プレイの波が来ています。

ちょっと一気に増えすぎな気もしますが、良作も多いです。

共演は「大森しずか」

こちらも、非常に魅力的なボディをした熟女です。

大型だけど、かわいさもある。

おそらくですが、篠崎さんは大森さんに近づいていくでしょう。

それはもう、規定路線だ。

しかし、「太っていくのは残念」などと思ってはいけない。

「まだこれからも違う姿で楽しませてくれる」と考えましょう。

最高じゃないですか。

今後に期待するしかない女優です。