>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【美谷朱音】「P to M(プッシー・トゥ・マウス)」と「串打ち騎乗位」を極めたベロチューの天才

アダルトビデオ業界では、日々新たにワード・ブームが生み出されている。

もちろん、どれも基本的に”シモ”に関わるもの。

中には本当に好きな人がいるの?流行ってるの?というものも度々生み出されており、不器用な人が多いからか「ステマ」をしようとすると失敗する。

事実、”流行らせよう”と仕掛けたであろう「スペンス乳腺」は、いつの間にか聞かなくなった。

そんな中で、今個人的に注目しているプレイが「P to M(プッシートゥマウス)」だ。

プッシー(マンコ)に突っ込んだチンコを、口(マウス)に入れる

要は、「ピストン」と「フェラチオ」を交互に繰り返すプレイだ。

何のことはない。

昔から、やっている作品はあった。

大切なのは、”言い方(呼び方)”なのである。

オシャレなネーミングをすることで、新たに活性化することもあるのだ。

自分のプ〇シー味のチ〇コ=セルフク〇ニ

<寝取る・寝取られる>といった、過去にいくらでもあった設定が「NTR(寝取られ)」とローマ字にされ、略されることで1つのブームになりました。

何て言えば”しっくり”くるのか、分からないものには早く名前を付けるべきなのです。

【妻が彼女が目の前で】世にも刺激的な「NTR-寝取られ-」AVの傑作おすすめ作品

「P to M」に関しては、”ちゃんとできる人が少ない”という点で実は貴重なプレイ。

クンニはできるけど、フェラはできない男が一般的であるように、フェラはできるという人でも、クンニはできないという女性は多いものです。

たとえ自分の一部だとしても、プッシーはキツいでしょう。

そもそも、レズビアンでない限り「一生クンニしない」という女性が普通なのです。

一方で、外国製(主にアメリカ)のポルノでは「標準プレイ」とも言えるプレイ。

勝てるわけがない。

「フェラと挿入の繰り返し」に関して、1、2回なら、なんとかできる女優さんはいる。

しかしながら、”なんとか”と言っている時点で、エロスが薄くなってしまっています。

特殊なプレイというのは、自分からガンガンいかないとダメなのです。

少しでも”躊躇”や”無理”が見えてしまうと、見ている方は冷めてしまうもの。

それが難しいからこそ、”特殊”と言えるもの。

もし「女優魂」で乗り越えるなら、少しでもそういった部分を見せてはならない。

だからこそ、「天然もの」が求められるジャンルなのである。

「口淫」に愛されたオンナ

そこに現れたヒロインが、「美谷朱音(みたにあかり)」です。

杭打ちピストン騎乗位で白く泡立った愛液まみれチ○ポをフェラしては再びマ○コに迎え入れるPtoMセックス 美谷朱里

個人的にも、最近好きな女優さん。

久々にハマりました。

最初の印象は、ベロチューエロいなー、しっかりなめるなー、というものだったが、いろいろな作品を見るごとに「なかなかヤバいコじゃん」という嬉しい発見が繰り返されました。

何よりも「天然」なことが十分に伺えて、純粋に作品を楽しめます。

「ホンモノのすきもの」と言えば簡単ですが、真面目であり探求家であることも分かるパフォーマンス。

イラマチオやアナル舐めといった「口淫」全般に関して、エロいことはもちろん、とても真摯に取り組んでいます。

で、満を持して”P to Mもの”です。

今一番相応しい、チョイスです。

今の時代で、このコ以上に<PM>をこなせる女優はいないでしょう。

実際に、非常にクオリティの高い内容になっています。

おそらく、本人も”ちょっとやりすぎちゃうかな?”と思っているのでしょうか?笑っちゃっている場面もありますが、それができることに価値があるもの。

この手のプレイっていうのは、「よだれ」とか「胃液」とか”見た目”という要素だけで、すでにNGだという人も多いと思います。

その点に関しては「好き嫌い」というしかないが、美谷朱音好きな方は要チェックです。

変態プレイの最初の一歩にもおすすめ

「恐怖」や「不安」を超えるためには、何よりも「興奮」が効果的です。

それは「抵抗」にも言えると思います。

一方で、ちょっとした変態プレイであっても「お気に入りの女優」なら受け入れられるということもあるはず。

まして、現実の世界で惚れている女性が相手なら、自分もある程度のことは受けいれるはず。

変態プレイの代表に「スカトロ」があります。

このスカトロに関しても、

誰のものでもいい

のと、

愛する人のものがいい(だったいける)

とでは、やはりちょっとニュアンス(コンセプト)は違うもの。

どこまで許せるのか?といったことにも、個人的な線引きがあるはずです。

そういったものを”お試し”できるのが、アダルトビデオ。

”そういうお店”に行って、「やっぱダメだった」となる前にテストができる。

もちろん、「新しい世界」を知るきっかけにもなることでしょう。