>>「バーチャルセックス」をする方法<<

どうしても性欲が沸かなくて興奮することができなくなってしまったらどうすればいい?

「勃起がしたい」という”枯れない漢”のになるために最も大切なこと・・・
そもそも勃起がしたいということは、根本的に「性欲」があるということです。

性欲があるのに・・・勃たない

基本的には「加齢」が根本的な要因となるこの症状ですが、
その克服は、”人類の一大テーマ”と言っても過言ではありません。

一方で、

「性欲すらない」

という人も、世の中にいます。

”性欲の量”は人それぞれであり、”生まれつき”と”生育環境”の両方が影響します。

  • ない方が楽
  • 性的な楽しみは多い方がいい
  • だからできない時に苦しい

性欲に対する意見や価値観も、人によって様々な意見があります。

ただし、本当に”根本的な性欲”がなければ当サイトのようなものは見ないはずです。

つまり、悩んでいる人というのは

「もともとはあったのに無くなってしまった」

というケースが多いはずです。

それは”不安”に違いありません。

このまま自分はオスとして終わってしまうのか・・・

それを「悲しい」と感じるのであれば、”なんとか”するべきです。

それでは、「かつてあった性欲」を取り戻すために必要なものとはなんなのでしょうか?

「一番大きな原因」を疑いケアすることから

性欲とは、

性的な興奮を求める意志

と考えられます。

”やる気”と表現することもできるかもしれません。

やる気が沸かない原因として、まず疑われるべきは「メンタルの不調」です。

「ストレスによるインポ」というのは、超典型的なED要因です。

勃起の質は精神状態と比例するものであり、決して軽視してはなりません。

精神面のトラブルは、内面的な落ち込みだけでなく

  • 不眠症
  • 食欲不振

といった、肉体的なデメリットを必ず招きます。

自覚している・していないにもかかわらず、まずは疑ってみましょう。

とにかく、「最も大きな要因」のケアが先決になります。

<中折れ>して「フニャチン」になってしまう原因と改善策

自分自身が「興奮できない本当の理由」を考える

もともと性欲はあったし、射精を楽しんでいた

という人であれば、その原因は上記した”メンタル”であることがほとんどです。

ストレス要素の減少だけで、少しずつ性欲が戻ってくるはずです。

一方、「いや、そうじゃないんだ」という方もいることと思います。

なぜか、”性的なことに興奮することができなくなってしまった”という人です。

しかしながら、”それ”に悩んでいるということは
「性的なことに興奮したい気持ちはある」ということになります。

その場合には・・・

うまく勃起できない

ということが、”性欲が沸かない”理由そのものになっている可能性があります。

性欲が沸かないから勃たない

のではなく、

勃たない(勃起する力が衰えている)から性欲が沸かない

ということです。

「玉がぱんぱん」という状況は、男性であれば誰もが記憶にあるはずです。

肉体的にビンビンであれば、おのずと性欲は沸いてくるものです。

鶏が先か、卵が先か、を真剣に考えてみて欲しいと思います。

新しい「興奮スイッチ」を見つける

なんとなく性欲が沸かない、弱くなってきたように思える

そのもう1つの典型的な理由として・・・

性欲の対象に対するマンネリ

ということも考えられます。

性欲が沸かないということは、興奮できなくなっていることです。

それは”感性が鈍くなっている”ことが原因である可能性もあります。

性欲・興奮・勃起のためのハードルが高くなってしまっているのです。

これに関しては、もう”新しい対象”を見つけるしかありません。

もしくは、”より激しいレベル”に上げていくこと。

ただし、これは”性欲解消の高み”を目指せる一方で”諸刃の剣”でもあります。

過激な性的嗜好、浮気といったことによるトラブルには、十分に注意してください。

<興奮>するのは「こころ」である

以上は精神論的な要素も多いですが、精神と勃起は大きな相関関係があります。

勃起させる、そのための興奮をするのは”こころ”です。

そもそも性欲のスイッチが入らないことには、勃起することもできません。

”きっかけ”としての性欲は、勃起するために不可欠な要素です。

使わなければ、必ず劣化していくのがペニスです。

沸かぬなら沸くまで待とうホトトギス

という姿勢では、取り返しのつかないことになってしまいます。

少なくとも、刺激を与える・受けることを止めてはなりません。

まずは、”興奮”することを探すこと・見つけること
興奮を”感じて”から、性欲が反応する過程を意識してみて欲しいと思います。