>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【スマホでAVを作る方法】ブレないで綺麗にハメ撮りを撮影するコツ

「ハメ撮り」とは、ハメながら撮影することであり
今となっては、AVのAVのメインストリームの1つとして確立されています。

数々の名作駄作が生まれている中でも、その”臨場感”というのは他にないもの。

「ドラマもの」と同じく、監督によって特色があることもその魅力。

そして現在、人々にとってAVは見るだけでなく、”真似る”時代になりました。

「自分も撮っちゃおう」と考え、また実行した人もいるはずです。

そして、実際にヤってみた人は「けっこう難しい」ということに気付くはず。

向上心のある人は、「次はもっとうまく」と思うことでしょう。

何度もヤるしかない

基本的には、「練習」と「実践」でしかうまくならないものです。

どんなことも同じだが、ハメ撮りも例外ではありません。

実際のハメ撮り作品を”お手本”にして、”同じように”と思っているはずですが
そもそも日々ハメ撮っている人と、たまに撮っている人では経験の差が大きすぎる。

同じように撮れないのは、仕方がない当たり前のこと。

事実、今となっては一流の「ハメ撮り監督」も、初期はハメ撮りが下手なことも多い。

「個人の色」が出てくるのは、しっかり撮れるようになった後の作品なのです。

努力と試行錯誤をして、今のスタイルを作り上げているもの。

とにかく、反復あるのみ。

超お得な参考書を紹介しておきます。

特にハメ撮りを学びたいわけではなくても、おすすめの作品。

4人の最強ハメ撮り師が市川まさみをハメ撮る!プライベート的なSEXを全て曝けだす生々しい本気エロ4本番

コツとしては、「カメラを自分の体に近づけ過ぎないこと」を意識してみましょう。

”脇を占めて両手でカメラを持つ”と、安定して撮れるイメージはないでしょうか?

逆である。

カメラを自分の体に近づけるほど、映像ブレが大きくなる(揺れやすい)のです。

セックスは「全体運動」であり、動いているものからカメラは遠ざけた方がいい。

上腕と前腕で、「衝撃」を和らげる意識だ。

また両手よりも、片手の方がブレにくい。

衝撃を伝えてしまう要素は、少ないほどいい。

これは「ハンディカム」に関しても、「スマホ」に関しても同じことが言えます。

「スマホでハメ撮り」が当たり前の時代

そう、何と言ってもスマホの時代です。

無理にハンディカムを使わず、ハメ撮りもスマホですればいいのです。

今やハメ撮り作品の数は多すぎて、またハメ撮ることが当たり前になり過ぎた。

また、どこからどこまでがハメ撮りなのかも曖昧である。

「三脚を付けた固定カメラ」とのスイッチング(切り替え)は
ありなのか、なしなのか、どれくらいの比率ならハメ撮りと言っていいのか。

明確な決まりはない。

何が悪いということもないですが、意外となかなか革新がなかったジャンル。

そこで、スマホの登場です。

ありそうでなかった。

いや、あったんだろうけど、認知されるには至らなかった。

そして比較的最近、ついにスポットが当たった。

スマホムービーを組み込んだ、あるAVが密かに話題を呼びました。

彼女が3日間家族旅行で家を空けるというので、彼女の友達と3日間ハメまくった記録(仮) 川上奈々美

通常のAVの撮影は、やはり”それなりのビデオカメラ”を使うもの。

スマホムービーをそのまま使っちゃうの?と古い人間は思ったと思う。

ちゃんとしたカメラを使えない素人が、手軽なハメ撮りに使うものだろ?と。

いいのかよ?と。

それが、ウケました。

年よりは黙ってろと。

素人の方がリードしていたのだ。

ちなみに、上記の作品は「スマホ素材を使っちゃうのが新しい」という点だけでなく
その内容も素晴らしく、シチュエーションがスマホ撮影に最高にマッチしている。

女優さんもはまり役です。

とってもとってもエロい(ヌける)作品。

どんどん質が高くなっている「スマホハメ撮りAV」

この作品がきっかけに、スマホ撮影(映像)を組み込んだ作品が続々とリリースされた。

パクられ(オマージュ)続けています。

AV業界はすぐに他社作品をパクる傾向がある、と外から見ると思うかもしません。

でも「コンセプト」には、パクリもクソもないはずなのです。

同じジャンルコンセプトで、異なる監督が作り、質が高まっていく。

そもそも、オリジナルコンセプトなんて存在しないもの。

売れる売れないは別として、すでに誰かがやっている。

「本家」も、ようやくシリーズ化されたようですね。

もう少し早くしてもよかったと思うが、満を持してのことだろう。

彼女が3日間家族旅行で家を空けるというので、彼女の友達と3日間ハメまくった記録(仮) 枢木あおい

やはり質が高く、はまり役の女優さんを使っている。

今後も注目だ。

他のメーカー・監督も切磋琢磨して、この新しいジャンルの質を高めていって欲しい。

”スマホ自体”の革新を超えたAV

ハメ撮りにおけるメイン機材は、基本的にハンディカムであり
それも、「ちょっといい大き目のハンディカム」を使いこなすことが”正統派”でした。

しかも、「リングライト」とか付けるから余計に重くなる。

安定したハメ撮りには、「筋力」も必要。

そこで、スマホである。

ハメ撮りに使ってくださいと言わんばかりの道具である。

ハメ撮りをするために、作られたのではないだろうか?

どうなんだ?スティーブ?

時代は変わり続ける。

そしていつか「マホAV」も当たり前になり、新しいジャンルが生まれるだろう。

また、楽しからずや。