>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【デブ専の定義とは】”ぽっちゃり”との境界線と許容範囲は何キロまで?-たるんだ腹とデカい乳とケツが素晴らしいAV女優-

「もしかしたら、自分は変態なのではないか?」

そう悩み、追い込まれている男性は今日もどこかに必ずいる。

でも、まずは安心して欲しい。

「特殊な趣味(SMやスカトロ等)」と呼ばれる性癖を持っている場合や、「特徴のある見た目」の女性に対して特別に欲情する人には必ず”仲間”がいる。

あなたは、ひとりじゃない。

まずは、心配しないで欲しい。

どんなに珍しい性癖にも、必ず理解者は存在する。

「フェチ(ズム)」と呼ばれることもある”ちょっと変わった趣味”は、それらを”異端”とするのであれば、「普通」との「境界線」も存在するはずだ。

「スパンキング」は、SMになるのだろうか・・・

「唾が欲しい」のは、スカトロの芽生えなのだろうか・・・

これらの境界線というのは、明確に定義されるものではない。

あくまで、「空気」というやつだろう。

そして、この”境界線”を考えた際に最も難しいものが「体重」だ。

太っている異性が好きな人のことを、「デブ専」と呼ぶ風潮がある。

この呼び方か正しいかどうかは置いておき、まぎれもなく一定数存在する方々。

というよりも、実際にはけっこう多い。

その「好きな体重(見た目)のレンジ」も人それぞれであることから、「自分は異常なのかも」と悩み、<カミングアウト>できない人もいるだろう。(別に性癖を言いふらす必要もないが)

また、場合によっては”ドストライク”を見つけるのが難しいことも多い。

「デブ」の基準はもちろん人それぞれ

一般的には、”痩せている=美しい”という認識があります。

しかしながら、これはあくまで”文化的”なものであり、”太っている”ということが美しいとされる国や地域もあります。

また、時代によっても美の基準は変わるものでもあります。

平安時代の美人顔が、「おかめ」だったように。

「デブ」の前には「ぽっちゃり」や「ムチムチ」と呼ばれる段階がありますが、これらのそれぞれの境界線に関しても、明確に定められていません。

一般的には「160cmで70キロ」くらいが、ぽっちゃりなのか?デブなのか?のラインであると考えられます。(160cm女性の70キロ代はどれほど珍しくなく、けっこういるもの。)

実際には、体重というよりも”見た目”の要素が大きい問題でもあり、”体重の数字”自体に価値観を見出す人も多いようです。

デブ専もまた、奥が深いものなのです。

最近では100キロ以上の女性を「ミケ(三桁)」と呼び、1つのジャンルとして、認められてきてもいる。

現実問題として、デブに対する「世間の目」のというのは厳しいもの。

「自己管理」とかいう言葉が飛び交うことも多い。

”ふくよか”なら軽くいじられる程度かもしれないが、デブは少し悲惨な感じもします。

しかし、それでも進むのが「デブ専の細道」なのです。

自分がよければ、気持ちよければ、それでいいじゃないかと。

「デブ専」とは「幸せもの」なのだ

ぽっちゃりや、デブといったジャンルのAVは十分に成熟してしまっている。

また「デカ尻」といった、局部的なフェチを追求した作品・女優もたくさんいる。

「たるんだ二の腕」が好きな男性は、けっこう多いんじゃないかな?

このサイトでは繰り返し言っているけど、あらゆるフェチにとって”いい時代”。

細かいニーズも、しっかりカバーされていて、必ず作品が見つかるはずと考えられる。

これこそが、近代化だと思う。

自分のことを言えば、

「オーバーザぽっちゃり」は許せるけど

「ミケはキツイ」というのが本音です。

【篠崎かんな】デブ寸前むっちりポチャAV女優最前線

やっぱり、これくらいがちょうど”ギリ一歩手前”でしょうか。

それほどデブ専ではない自分からしたら、「年齢」というのは大きなポイントだと。

なんとなく、「若い人は痩せている人が多い」と思いがちだから。

そんな人には、こちらを。

超乳ガチムチボディ!チ○ポ狂いのどすけべパイパン地味子 めぐみ 23歳 元水泳部 Kカップ(120cm超) ヒップ115cm 岡本めぐみ

こちらは、優しそうでよい。

ぽちゃカワ◆豊満介護士 ゆうな 23歳 介護福祉士

個人的には、デブよりも「だらしない体」がいいんだよねー。

ほんわかしたムッチムチ事務員さん 温和な癒し系おねえさんが巨根でメロメロ…ハメ潮吹いてヨガりまくる!

熟女好きとしては、やっぱり「オーバーザぽっちゃり熟女」も紹介しておく。

妙にカマトトぶるムチムチおばちゃんをトロトロに感じさせて挿入したら男優のチ●ポにドハマリ!理性吹っ飛んで獣みたいにイキ狂った!

やっぱり、「大森しずか」はいい。

猛乳Lカップを振り乱すドスケベ出張エステティシャン 大森しずか

なんだかんだと、たくさん紹介してしまいました。

正直、「デブ専向け」の作品はいくらでもあるから選ぶのも難しいです。

ただし、これもこのサイトで繰り返していることですが、「自分だけのオンリーワン」を見つけるためにはとにかく見まくるしかない。

大変だね。

でも、幸せだね。