>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【人妻のセフレを作る方法】欲求不満でエロい熟女はどこで何をしていてどうすれば簡単に出会ってヤれるのか?

まず最初に、「人妻」に手を出すということは
人様の家庭を壊してしまう可能性がある、ということを忘れてはならない。

巷の「出会い系でうまくやってますブログ」には、

これから人妻と会ってきますー

セックスレスで欲求不満の人妻の性欲はヤバいかったですー

セフレにしちゃいましたー

俺のチンコの虜ですー

みたいなことが書いてあるが、実際にはそんな軽い事例は相当珍しいもの。

すでに誰かと婚姻関係にある女が、その人以外と肉体関係を結ぶのは相当なことなのだ。

そうは言っても、

やっぱり、人妻はいい。

こういった記事をしっかり読む時点で、もう覚悟は決まっていると思うが。

やるなら、本気だ。

結婚していようが、「だからどうしたの?」という姿勢が大切だ。

ヤりたければ、出会いに行こう。

そう、まずは出会わなければヤれるわけがない。

当サイトの管理人は非常に奥手な人間です。

このコーナーは「プロ」に寄稿していただいています。

どこに行けば「やれる人妻」に会えるのか?

ナンパブログやハメ撮りブログ、出会い系実践ブログを熱心に読み込み
「いつか自分も!」と妄想していても、ただ待っているだけでは”同じ思い”はできない。

「いるところ」に行って、探して、捕まえることが必要だ。

その際には、そういったブログと同じように”出会い系”を使うのが最も有効な手段だ。

抵抗がない人は、まずは出会い系サイト(アプリ)を使ってみること。

というよりも、

出会い系で出会えなければ、出会える確率はかなり低いと言える。

これは人妻に限らず、セックスのターゲットを探すのであれば
一番”いる”確率の高い場所であり、出会える確率が高い場所は出会い系サイトだ。

そもそも、出会いを求める男女が集まるからこそ、出会い系なのだ。

その際にも、必ず「利用者が多い大手のサイト」を選ぼう。

第一候補は、どうしても「PCMAX」というベタな選択になるが、これは仕方がない。

ここで出会えなければ、他のサイトで見つけるのはなかなか難しいと考えるべし。

もちろん数は打った方がいいので、予算が許す限りサイトもメッセージの相手も増やそう。

ちなみに、「人妻に出会える(専門の)出会い系」をうたうサイトはやめておこう。

今となっては、詐欺系のサイトも、ひっかかかるやつも少なくなったが
「ピンポイントなコンセプト」をうたうサイトには、特に注意が必要な存在だ。

”軽い気持ち”を持ったオンナが集まりやすい出会い系サイト一覧

人の妻との<自然な出会い>は基本的に難しい

問題は、どうしても”自然に出会いたい”という「ナチュラル系」の人だ。

ただでさえ、人妻というのはハードルが高い。

未婚女性さえ捕まえられない人は、人妻を捕まえるのは困難だ。

現実を見よう。

いきなり欲求不満のドスケベな人妻に逆ナンされて、精力の全てを吸い尽くされる

といった、奇跡は基本的には起こらない。

だからといって、自分で探しに行く際に”どこ”に行く気なのか?

軟派なメディアでは、イ〇ンのような大型スーパーのフードコートには
ヒマな主婦やナンパ待ちの人妻がいる、という情報が発信されている。

真にウケて、そういった施設をウロウロしてしまった人もいるかもしれない。

そんなわけがないのだ。

落ち着いて考えてみて欲しい。

まともな女、まして世間体を重んじる人妻が、そんな場所に男をあさりに来るわけがない。

そんなところででナンパしているヤツも、逆ナンを待っているヤツも、相当痛い。

改めよう。

基本的に保守的な存在であることを忘れない

そもそも、

欲求不満だから、セックスする

という思考になる女性というのは、実際には少ない。

男性に比べて圧倒的に需要が多い女性は、本来であれば欲求不満にはならないはずだ。

セックスしたいと手を揚げれば、どんな女性にも寄って来る男はいるもの。

しかし、実際には「欲求不満の女(人妻)」自体は珍しくはない。

解消しようとすれば、解消できるのに。

つまり、欲求不満だからといって安易なセックスは求めていないのだ。

なんだかんだと言って、日本の女性は非常に保守的なのである。

これは結婚することで、制度上「人の女」になることで、より強固なものとなる。

ほとんどの人妻が、オナニーはするが、不倫まではしない。

そして、これこそが人妻に興奮する理由でもある。

「人のものになった体」に秘められた魅力

ここで改めて、人妻の魅力について振り返ってみよう。

人妻の何がいいのか?と改めて考えた際には、

「若い子や未婚女性にはない魅力がある」

といった、何とも言えない漠然とした答えを持っている人が多いと思う。

だが、その”魅力”が何なのかを説明するのは難しい。

人妻は、ステーキで言えば「叩いておいてもらったお肉」だ。

美味しくなっているのだ。

それに加えて、冒頭で述べたように「禁断の味」でもある。

人のものは、本来獲ってはいけないものだ。

”食べてはいけない”ということが、より魅力的に写ることは事実だろう。

出会い系以外でハントしやすい場所

「捕まえやすい人妻」を考えた際、更に出会い系サイトを考慮しない際には
「身近な人妻」という存在が、セックスの距離に関しても最も近いものと言える。

「不倫」といった事態が起こりやすいのは、基本的に身近な場所にいる男女だ。

恋愛にしろ、不倫にしろ、スタート・きっかけは「会社関係」が最も多い。

  • 社会人サークル
  • 近所に住んでいる妻のママ友

といったものも典型的な例だが、いずれにしても「すでに知り合っていた女性」になる。

バレた時の犠牲が最も大きいのもこのパターンであり、だからこそ興奮するのだ。

特に「ダブル不倫」は共犯関係が生まれ、その”仲間意識”が更に関係を強めることとなる。

ちなみに、人妻を狙うことを考えた際には、若い・未婚の男は不利だ。

「申し訳ない」という気持ちが沸いてくるのだろう。

未来を奪ってしまう、みたいな。

そのため、人妻を狙う際には「自分も恋人(妻)がいる」と嘘でも申告した方がいい。

「自分も同じ土俵の同じ人間(クズ)ですよ」

と伝えてあげた方が、確立は上がるだろう。

未婚の女性とは、真逆なのだ。

「お金」で手に入れやすくなっている時代

もう1つ、手っ取り早く人妻とやりたいなら「風俗」がいい。

若い女性に比べて、アフターや店外に応じてくれる可能性が高い。

「人妻風俗嬢」と聞くと、

セックスレスで欲求不満だから趣味も兼ねている

というイメージを持つ人も多いかもしれない。

とんでもない話だ。

そういったものは、あくまで”対メディア用”の言い訳であり
「家計のために働いている」という人妻が圧倒的に多い。

  • 養育費
  • 学費
  • 夫の借金返済

といった、極めて現実的な理由が背後にある。

シングルマザーの割合が非常に高く、若い女性に比べてより切実な状況だ。

だからこそ、「プライド」よりも「実利」を優先するのだ。

考え方によっては、若いコに比べて愛人関係を結びやすい相手だ。

ただし、それは快楽のためではなく、あくまで金のためであることも忘れないように。

一番合理的なターゲットの属性とは

もしかしたら、夢や希望を砕いてしまったかもしれない。

安心して欲しい。

自分の性欲を解消するために、セックスの相手を探している人妻ももちろんいる。

AV女優のプロダクションにしても、風俗店にしても、すでにスカウトは必要ない時代だ。

自分から志願してくる女性で、十分に溢れている。

そして、その中でも

20代前半に結婚式夫だけしか男を知らななくて・・・40歳になってからはじける

といった女性は、設定ではなく、実際に多い。

「50歳前後のAV女優」が増え続けていることからも、
「子育てが終わってから自分のために生きる女性」が、確実に増えていると考えられる。

これらを基にすれば、狙うべきは「子供の手が離れた人妻」であると言える。

もしかしたら、対象年齢よりも少し上になるかもしれないが、仕方がない。

30代40代だと、まだまだ子供は学生以下だったりする。

そんな女性は、本来火遊びしているヒマなどないのだ。

ターゲットが50歳前後となるのは、ある意味で必然的なことと言える。

真面目に生きてきた女性。

「私の人生は本当にこれでよかったの?」

なんて考えている女性。

繰り返しになるが、「人妻とヤるのはリスクが高い」ということは忘れないように。

特にその年代は、男(夫)に関しても、性に保守的な傾向がある。

だからなんだ?と思うかは、自分次第だ。

だからこそ、興奮が大きいのだ。

いずれにしても、人妻が最高であることには違いない。