>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【松浦ユキ】本物の淫乱熟女AV女優代表2名【紫綾乃】

「淫乱」という言葉には、どうしても”はしたない”というイメージがある。

定義としては、「性的に乱れていること」らしいが、”乱れている”というのは改めて考えると難しいものだ。

エロ本とかAVを見まくっている

不特定多数とセックスしまくっている

といったようなイメージが近いのかな?

オナニーしまくっている

のは淫乱なのか?どうなのだろう?

なんとなく「女性」に対して使っていることが多いけど、「淫乱(色情)症」なるものは、男性にも適用されるみたい。

参照:色情症(「Wikipedia」に飛びます)

とりあえずことでは、「性欲の強い女性」ということにしておく。

特別に性欲の強い女性は「ニンフォマニア(異常性欲者の女性)」と呼ばれたり、「好色」とか「スキモノ」と呼ばれることもり、要は「スケベなオンナ」である。

とてもいいことである。

一度はそんな女性と”お手合わせ”願いたいと思うのがオトコだろう。

しかし、ことAV業界において、意外にも少ない人種でもある。

本当にスケベな人間は、一般社会に潜んでいることが多い。

風俗嬢やAV女優といった”性を売る仕事”というのは、まさに”お仕事”なのだ。

そして、お仕事の中で「本当の快楽」を得るのは難しいもの。

「来ないで欲しい客」や、「からみたくない相手」ともしなければならない。

”しなければならない”という時点で、すでに快楽から離れているのだ。

ただしそんな中でも、やはり”ホンモノ”は存在するものである。

”アダルトビデオ”というビジネスで純粋な快楽を得ている

正直言って、この2人は好みがはっきり分かれると思います。

実際に、自分はそれほど”好み”ではありません。

にもかかわらず、紹介したくなる、必ず知っておくべき2人。

凄すぎる。

「万華鏡写輪眼を開眼したスーパーサイヤ人」とでも言うべきか。

凄すぎて、逆に冷静に見られてしまい、損をしている女優だと思います。

人智を超えてしまっているのです。

こちらが「松浦ユキ」です。

⇒ 堕ちた人妻の雫

「雄叫び型」であり、ハマった際はマヂでヤバい。

野獣です。

オムニバスにまとめられてしまうことも多いけど、間違いなく一流。

上記の作品は、他の女優さんもとてもよく、非常にお得。

で、こちらが「紫綾乃」です。

⇒ 嫁の母親に中出ししてしまった 紫彩乃

「フランス帰り」らしく、”知的なエロス”を感じさせる方です。

作品によって、全然見え方が違う多彩な女優さんでもあります。

特に”静かな淫靡”は、他の女優ではなかなか見れませんよ。

振り返りたい新世界

2人とも、正直言って「今が旬」とは言えない女優です。

もうピークは過ぎているとも。

しかし、だからこそ、振り返って見る楽しみがあるはず。

この2人と、そして「滝沢さゆり」はトップ淫乱熟女と言っていいでしょう。

【滝沢さゆり】最高の垂れ乳を振り回す究極にドスケベな熟女AV女優を紹介しておきます

特別な変態プレイをしているわけでもない。(十分凄いが)

しかし、”マジで感じまくっている”のは確かです。

撮影なのに・・・仕事なのに・・・楽しんでいるのです。

とにかく、何でもいいから、ぜひ一度目を通して欲しいと思います。

「淫乱」として生きることの難しさ

改めて言うことでもありませんが、”淫乱”として生きるのは大変なことです。

ただでさえ”バレたらヤバい目で見られる”のに、自分で性的な欲求を抑えるのが難しく、にもかかわらず「満たしたい欲」は強い。

特に日本において、「女性は貞淑で当たり前」とされる時代は長いものでした。

女性の性が解放されたとはいえ、「淫乱オンナ」への目は厳しいもの。

上記の3名は立派な熟女ですが、”だから許される”みたいな風潮もあります。

若い頃から感度が高いのは、いいことばかりではありません。

「淫乱がウリの単体」は、どうしても”いたいたしさ”を感じてしまうもの。

それが”天然”であれ、”つくりもの”であれ。

いずれにしても、これから苦労することになります。

AV女優になれたのは、逆に”救い”なのかもしれません。

本当のことは、本人にしか分かりませんが。

本来、「天性のスケベ」というのは非常に危険なものなの。

かわいくてスケベで金のあるオンナに、悪いオトコが寄ってこないわけがない。

淫乱な女性、特に若い女性は、いろいろ生きづらさを感じているはず。

だから、”熟女くらいで丁度いい”のです。

いろいろと経験して、本人も受け入れる土壌ができる。

淫乱とは立派な才能である。

解放した彼女達を、その作品を、純粋に楽むことが僕たちにできることだ。