>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【琴音ありさ】おすすめの絶妙なギャル系AV女優2選【七海ひな】軽そうなオンナが意外とちゃんとしたプレイをするという”ギャップ”を楽しもう

正直言って、

自分はあまり「ギャル」には興味がない人間だ。

だからこそ、”そそられる”時というのは、何かの”感じるもの”があるということ。

「ふつうのギャル」は求めていない。

見たいのは、奇跡だ。

ギャルなんて、どこにでもいる。

そして、みんな大好きだ。

ギャルという属性は常に需要があるものであり、AV業界にとっては”楽”な存在でもある。

ある程度は、需要が見込める。

ギャルが好きな人が多いから、ギャルを出しておけばいい。

”かたい”のだ。

今時ギャルなんて・・・という人も多いだろう。

しかし、ギャルに憧れていた世代はまだまだ需要の中心にいる。

そして、供給されるから好きになるという現象もある。

ギャルは、不滅だ。

「ギャルもの」というのは、ある時期を境に劇的に広まっていった。

世間的に”コギャルブーム”みたいなのがあって、それにAV業界もしっかり乗っていった。

「ガングロ」とか、「黒ギャル(日焼け)」とかは必ず記憶にあるはず。

丁度「VHS(ビデオテープ)」から「DVD」への過渡期であり、大量生産と大量消費が互いに競い合ってとにかくめちゃくちゃ売れた。

作れば作るだけ売れた。

みんな好き。

はずれなし。

作りやすい。

ギャルのおかげで、儲かったメーカーはたくさんある。

ギャルに感謝。

人はなぜギャルが好きなのか?

ちょっと話が長くなるので、先におすすめの作品を紹介しておきます。

ここでは「アン」となっていますが、ありさです。

⇒ アン

ジョッキが似合いますね。

詳しくは、後ほど。

続けます。

今となっては、熟女系、清楚(地味・オタク感がある)といった女性も人気です。

しかし、少し前までは圧倒的な需要(数字)を持っていたのはギャルです。

オトコというのは、基本的に若いコが好きなもの。

女優が若くなければ、需要がないとも考えられていました。

そして、”若いコ=ギャル”みたいな時代があったのです。

ルーズソックス

ガングロ

様々な種類はあれど、簡単に言えば”なんか派手な見た目の女子のカラミ”が求められていた時代。

そんな時代でも、本当のギャルというのは実は少数派でした。

世の中には、普通の子、地味な子の方が圧倒的に多いのです。

一方で・・・

真面目に生きてきた男ほど、周囲にギャルがいなかった男ほどギャルを求めました。

正直言って、普段はどちらかというと馬鹿にしている(ふりをしている)存在。

だかこそ、憧れであり、コンプレックスを解消してくれる存在でもありました。

若い女の子が不良の男に憧れるのと同じく、おじさんにとってギャルは魅力的なもの。

ギャルという存在の特徴。

それは、”みんな同じに見える”ということである。

つまり、誰を使ってもそう差が出ないのです。(実際にはギャルには種類がたくさんある)

空いているコ、ギャラが安いコでも、ある程度ちゃんと撮ることができる。

おびただしい量のギャルAVが量産されました。

つまり、ギャルAVこそ”一期一会”なものなのです。

そんな中から、”お宝”を見つけ出すのは至難の業。

「ギャルなのに」というギャップに萌えろ

ギャルが好きな男には、「M(マゾ)」が多いもの。

生意気な若い女に、バカにされたい、いじめられたい。

普段自分が見下している存在から、罵倒されたい。

”ちょっとした変態”を満たしていたのも、ギャルという存在でした。

一方で、「ギャルの癖に素直」といった”ギャップ”を楽しみたい人もいます。

また、”自分ができなかった妄想ができる”ことが魅力的だと言う人も。

ダッシュボードに”ふわふわのヤツ”が乗っている車でデートする、みたいな。

もちろん、楽しみ方は人それぞれ。

本物は常に輝きを放っている

ギャルに関して、”全部同じに見える”という人は少なくありません。

自分の場合も、それほど個性があるとは思えないかった。

そんな中で、特に「おっ」と思った作品・女優をピックアップしました。

「普通のギャル」

「ギャルらしいギャル」

は、無視。

ちょっとクセのある方々を選びました。

「琴音ありさ」はちょうどいい感じに少しだけ落ち着いたギャル系です。

⇒ 天然エロ可愛い女子!琴音ありさの初めて尽くし 〜生まれて初めての生中出し・ごっくん・顔射!初めてだらけで汚された一日〜 「こんなHがしたかった…」

ガチギャルから、ちょっと落ち着いてきた感じ。

見た目とは裏腹に従順で、要求に素直に応えてくれる。

素人風お仕事系。

なんか性格が良さそうな姉御肌な感じが魅力。

「ギャルなのに」という、失礼なギャップに萌えましょう。

だらしない体がまたよい。

現在は引退してしまったのかな?と思いきや、冒頭で紹介したような素人系作品にもちょくちょく出演しているようです。

髪色や髪型やメイクを変えて、いろいろな役をこなしています。

でもやはり、彼女が輝くのはギャル系ですね。

最新且最期のギャル系ならこちら。

⇒ ひな 1

洗練されたギャルであり、ギャルの最終形態。

最後のギャル族。

ギャルはここまできました。

この方は「七瀬ひな」名義で活動後、「七海ひな」で現在は活躍されているよう。

キカタンから素人モノに移って、その後人気急上昇。

最近多いパターンです。

上記の作品は素人系モノで、この時期の方が個人的にはおすすめです。

「頑張るギャル」は素晴らしい

ギャルが持つ”セックス感”というのは、非常に極端です。

「セックスとかマジめんどくさい」

という一方で、ちゃんと頑張るコもいます。

そのギャップが、よかったりする。

また、世間一般の「ヤリマン」という言葉がぴったりのコもいれば「彼氏一筋で一途」というコもいたりと、改めて”見た目だけで判断してはダメ”だと。

それぞれにそれぞれのギャル像があると思いますが、ぜひ”ギャップ”にも注目です。

現在ギャルは絶滅危惧種であり、「若いギャル」を楽しめる時間はあとわずか。

お気に入りのギャル女優を見つけて、その後を見守る楽しみもあります。

とにかく、いろいろ見るべし。