>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【今井夏帆】ヤンギャルとは-元ギャルとかヤンキーだったけど今は落ち着いているオンナ達の丁寧なフェラ-

”限りなく素人に近いシロウトもの”は、一期一会の女優に出会えることも魅力。

今こそ、シロウトがアツい時代。

素人系レーベルも、急激に増えてきている。

同人作品との闘いになっているから、自然な流れでもあるが。

一般的な作品よりも短い尺だったり、長編のカラミを分割して販売しているある意味で”軽い”作品は賛否両論あるだろうが、手軽っちゃ手軽だ。

無駄のない、”お得感”が求められるのは時代の流れだろう。

AVは、確実に”使い”やすくなっている。

ある意味で”使い捨て”にもしやすい、非常に恵まれた世の中だ。

ただし、これは<発掘>という面ではメリットとデメリットの両方が生じる。

レーベルによって名前が変わることが多く、表記の仕方も数パターンある。(基本的には「本当の芸名の下」が使われることが多いが、苗字が変わることも。)

デメリットを簡単に言えば、

「この人いい!」

「他に出ている作品はないの?」

となった時に、探す・見つけるのが難しいくなったこと。

「他にどんな引き出しを持っているのか?」

「他の体位の時などんな感じになるのだろうか?」

知りたくて知りたくて震えるのは、AVフリークのあるあるであるはず。

メリットは、見つけた時の興奮が大きいことだ。

大手配信サービス(FANZA等)や、AV紹介系サイトであれば、作品紹介の「女優名」をクリックすることで他の出演作が一気に出てくることが多い。

しかし、リンクすらない作品が増えてきているのだ。

元ヤンは「一期一会」であることも魅力

問題の作品がこちら。

まゆら

いい感じのヤンキー感で、アホそう(本当に誉め言葉)。

で、実際にスケベです。

最高です。

「THE郊外の元ヤン」です。

子持ちのヤンキーというのは、”独特の乳の垂れ具合”をしています。

それを絶妙に再現している肉体。

元ヤン好きは必見。

【”本物臭”のする元ヤンAV女優まとめ】一番”素でエロい”のは「ヤンキーだった女」である-パッパラパーだからできる本能むき出しの性交-

で、この人の他の作品を探しましたが、ないのです。

この1回なのかな?という可能性も高いのですが。

それはそれで、よし。

こういった感じで他の作品を見つけられないのはちょっと悲しいものですが、「だからこそ余計に貴重なものである」と思え、より輝きを増すのが”一期一会”です。

「便利じゃない」から情熱が生まれるものでもある

でも、昔はこんなこと当たり前でした。

ワンクリックで「一覧」が出てくることが、異常で便利過ぎる時代なのです。

インターネットですぐ見つかる時代であることが、当たり前となってしまいました。

もちろん、それはそれでいいことです。

便利さには、情緒を失わせるデメリットが付き物。

必死に探したあの頃

そんなことを思い出させる、貴重な経験でもあります。

そもそも、繰り返し同じ作品(それは他人のセックス)を見るというのは異常なこと。

恋人がいたり、結婚したりしていれば、同じパートナーと繰り返しセックスするのでしょうが、特に若い男だったり、結婚歴が長い場合には「他のオンナ」に目移りすることが多いはず。

実際にヤった時の興奮は、やはり何度もヤッた相手に比べて大きなものに違いありません。

「1作品しかでない」という儚さは、興奮との引き換えなのです。

ますます貴重になる「ヤンキー」というジャンル

”ヤンキー”という人種は、近頃本当に見なくなりました。

そのうち、”すけばん”みたいになるのでしょうか?

存在しなければ、憧れる者もいなくなる。

そして、需要がなければ供給もなくなる。

ついでに見つけた女優。

・今井夏帆

今井夏帆 バツイチ日焼け元ヤンギャル 若くても経験豊富なエロすぎ美ボディ!「エッチはぁ…しないと分かんないでしょ?w」

若干違うかな・・・という気もしますが、なかなか貴重な存在です。

設定とか演出に関しても、ちょっと行き過ぎている感がありますが、最近では珍しい”ギャルと言うよりもヤンキー”であることに価値があります。