>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【北沢真理】リアルでベタな京都風関西弁の喘ぎ声がエロ過ぎる真正ドスケベ熟女AV女優

「あかん!」

「かんにんして!」

そんな”ベタ中のベタ”と言えるフレーズを、ピストン中に聞いてみたいと思ったことはないだろうか?

実戦を考えた際には、”その辺に住んでいる人”じゃないと簡単なことではない。

それができないからこそ、「関西弁」が聞けるAVを探すことになる。

でも、これが意外とない。

あったとしても、”つくりもの”だったりする。

「方言モノ」というのは1つのちょっとしたジャンルだが、実際にはなんとなく”やり過ぎ感”が多いものが目立つ。

過剰なのだ。

コンセプト上、仕方がないのことなのだろうが。

”そうは言わん”というか、リアリティに欠けるものが多い。

ナチュラルじゃないと、意味がないのに。

これ以上ないであろうと思われる自然な関西弁喘ぎ

そんな、こだわりの強い本格派に送ります。

ホントに、普通のおばちゃんです。

⇒ 初撮り奥さま!いき過ぎですよ! 北沢真理 44歳

美熟女で溢れているこの時代に、ここまで生活感がある女優は貴重です。

その”生活感”も、もちろんリアリティをサポートしています。

この「北沢真理」は、「長乳首女優」としても評価すべき存在です。

いわゆる「そのへんにいそうな現実感のある熟女」なのです。

衣装(私服)も絶妙。

上記はちょっと古い作品であり、「懐かしいなー」という気持ちも起こさせてくれます。

作品としては、ちょっとイマイチ。

というより、かなり。

いろいろ雑です。

でも、

だからいい

それがいい

という見方で、楽しめるはず。

表情も、反応も、すごくナチャラルな感じなのです。

関西熟女の騎乗位

全く作られたものではない。

実際、現代の量産型AVに比べてもこっちの方が興奮する人もいるともいます。

”今のヤツ”しか見たことのない人にとっては、目新しさもあるのではないでしょうか?

昔は、こんなのも多かったんです。

「エロ度」に関しては、こっちの作品に出ている時ですかね。

⇒ 四十路マダム 23

有名なオムニバス熟女シリーズの中の一遍として収録されています。

じっくり見たいなら前者、エロ度を確認したいなら後者。

もちろん、両方見ることをおすすめします。

「方言モノ」なんてなかった時代の、ナチュラルな魅力を堪能してみてみてください。