>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【山井すず】サディストを一番喜ばせるタイプの史上最強のロリカワイラマAV女優-メチャクチャにしてしまいたくさせる天才-

アダルトビデオを見るのが好きな人というのは、どちらかというと「M(マゾ)」よりも「S(サド)」の方が多いもの。

と言うのも、マゾの場合は”視覚”だけでは物足りないものであり、実際の”お店”に訪れないと満足できない人が多いからだ。

その点、サディストは

「責められている状況を見るだけで興奮できる」

という人も多く、”その筋”の作品を探す労力だけで済む。

必要なお金に関しても、お店に行くことに比べればたかが知れている。

マゾよりも、サドの方が省エネであり、お得と言えよう。

とは言え、

もっとくれ!

もっと過激なものを!!!

となっていくのは、サド・マゾの両方に共通するもの。

もっと深い内容・質を求めてしまう。

しかし、そもそもコンセプトは”ふつうじゃない”もの。

人に言える趣味ではなく、ひとりで追及しなくてはならない。

だから、興奮するのだ。

「メチャクチャにしていい」という天賦の才

エスエムの話は、本当はものすごく深いものらしいですが・・・

簡単に、浅く考えれば、サディストというのは”支配欲求”が強いと言えます。

性行為においては、

相手の女性を自分の好きにメチャクチャにしたい

という願望が強すぎる”癖(へき)”なのです。

当然、そういった人が求めるのは「メチャクチャにできるタイプ」です。

更に言えば、その過程において<メチャクチャ映え>するタイプ。

”映像”だからこそ、分かりやすいタイプを求めるものです。

お待たせしました。

「山井すず」ちゃんです。

飼われて嬉しい変態アナルペット 山井すず

少し前(2020年)に引退してしまいましたが、それまでものスゴイハイペースで出演作を増やしてきました。

「単体」から始めて、「キカタン」と「素人モノ」を併用するルート。

彼女がスゴイのは、デビューから引退まで成長し続けていたこと。

本人にとっていいことなのか悪いことなのか分かりませんが、天職だったと言えます。

とは言え、デビュー作から全開です。

全身性感帯のビンカンすぎるスレンダー潮吹きドMちゃん 驚くほどHの才能があったので口説き落としてAVデビュー!! 山井すず

”ただ過激”というわけではなく、非常に絶妙なのです。

人によっては、「やる気がない」とか「前向きではない」と思ってしまう雰囲気。

何となく、”魂が抜けている”という印象を受けます。

しかし、サディストならすぐに分かるはず。

「相当な訳あり」であると。

天才は、その過程に必ずドラマがある。

「本当の過去」なんて知る由もないが、手首や下っ腹や乳首が物語っている。

若いのに、かわいいのに、大変だったんだろうなーと。

山井すずのフェラチオ

そして開眼する

デビュー作では、

「過激っちゃ過激だけどなすがままで反応はイマイチ」

という印象は否めませんでした。

それでも、続々とオファーが来た模様。

次々と出まくりました。

ここまで出まくっている女優は、意外と今時なかなか珍しいです。

素人モノでは名義がコロコロ変わりますが、すぐにわかりますね。

やっぱり、他のコとは違う。

これはただただイチオシのただただかわいいやつ。

すず

もちろん、当たりはずれはあります。

ただ、平均点が非常に高い。

そもそもルックス的に、好きな人は好きなタイプ。

普通にかわいい。

デビュー時は目が死んでいて、マン毛もケツ毛もボーボーだったけど、死んでいる目はそのままで、体や顔色はどんどん良くなっている。

イラマもどんどんレベルアップ。

喉マ●コ中出し 美少女ご奉仕イラマチオ 山井すず

最終的に何でもありになっています。

縛交 縛肉交尾快楽に狂ったメス獣少女 山井すず

危うさとエロスのギリギリに挑み続けます。

Msイラマ人形

サディストが好きなプレイの1つに、「イラマチオ」があります。

「喉奥フェラ」と呼ばれることもある、簡単に言えば”苦しそうなしゃぶるヤツ”。

苦しそうにすぶる姿を見たい、という願望はSにとってデフォルトでしょう

現実の世界では、「専門店」でない限りなかなかできないもの。

だからこそ、”イラマもの”というのはかなり需要があるものです。

これができるかできないか、うまいか、魅せられるかが「M女優」の評価を左右する。

【藍川美夏】支配欲を満たす「イラマチオ」の天才-喉奥フェラをするために生まれて来たAV女優とおすすめ作品-

現代では、過激なイラマや喉奥フェラが珍しいものではなくなっています。

求められるのは徹底的に過激なもの、そして質が高いものになる。

「ぬるいのにえぐい」という印象を受けていた山井すずも、最終的には「しっかりえぐい」喉奥イラマができるようになっています。

感じる汁姦 山井すず

凌辱イラマモノというのは、

「とても見ていられない」

「見ていてかわいそうになる」

という感想を持つのが、普通の人です。

受け入れてくれる女性も、なかなか見つからないもの。

実際には自分にできない(難しい)ことをやっているところを見れる

というのは、アダルトビデオの最大の意義。

楽しみましょう。