>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【春原未来(すのはらみき)】真面目にセックスを頑張るメンヘラっぽい女が結局一番エロいんだよ

「春原未来(すのはらみき)」は、一見なんの特徴もない女優だ。

と思ってしまう人は、感覚がマヒしている。

デビュー時は単体女優であり、それも美少女メーカー「kawaii」からだ。

でも、

「その割には、かわいくない」

と思ってしまうのは、「AV女優の平均的なルックス」の急激な底上げによるものである。

そもそも、春原未来の魅力は”見た目”ではない。

「真面目系AV女優」のはしりであり、今考えても”一番モノホンだった”と言える存在。

”今”と言っても、まだ現役で活躍されているようだ。

そして、だからこそ、その”成長過程”もチェックして欲しい。

春原未来は、「ドキュメンタリー風作品」になっている作品も多いことが特徴だ。

真面目で淫乱

何でもやります・できます・がんばります

お仕事大好き!

というAV女優は、やはりどこか”いたいたしさ”がある。

そして、そういったものがあまりにも見えてしまうと、抜けない。

春原未来は、その”ギリギリ”で危ういところが魅力なのだ。

あと、フェラがエロい。

ホント、エロい。

実際、気持ちいいんだろうなーと思う。

心の底から「どこで覚えたの?」と聞きた”かった”女優の1人だ。

ギリギリでいつも生きているオンナのエロさ

春原未来は「融通が利かない生真面目なオンナ」とでも言うべきか、気難しい、面倒くさいオンナなのかな?という印象を受けてしまうことがあります。

もちろんカラミとなると話は別であり、非常にエロく素晴らしい。

セックスで解放しているタイプなのかな?と思えることも。

そのギャップを思いながら、ヌクのがまたいいのです。

春原未来は、一時期エロ雑誌やエロサイトでよく特集が組まれた女優でもあります。

「AV女優になった理由」や、「仕事へのその姿勢」が注目されました。

今となっては”そういうAV女優”は珍しくもなんともないですが、当時は新鮮でした。

春原未来は、

何か自分が他人のためにできることはあるのか?

と考えた結果、

自分にできるのは性欲の処理だけ

という結論になり、AV女優になった、ということをしきりに語っています。

極端なコなのです。

でも、まあ、そもそも”普通のコ”はAVには出ません。

そもそも”何か”あって当たり前であり、そこまでは触れる必要もないもの。

春原未来を知りつつ、しっかり抜きたいなら、こちらの作品から。

⇒ ジンジンくる程温め合うSEX 春原未来

の後に、こちらを見るのがおすすめ。

⇒ あの娘のドキュメント AV女優 春原未来のすべて

時を経た、異なるテイストのドキュメンタリー。

どちらにも、それぞれの面白さとエロさがあります。

普通にヌきたい、という方にはこちらを。

⇒ 美乳お嬢様女子大生・みき Eカップの情欲SEX 春原未来

やはり、「ドグマ」で活きるタイプですね。

⇒ 私は穴 春原未来

不安定そうな女優を活かすドグマは、春原未来が好きな人はきっと好きになるメーカー。

【TOHJIRO】過激な陵辱プレイをしっかり撮っているAVメーカーと言えば「ドグマ-Dogma-」だった

いいメンヘラはかわいい

春原未来は、実際にパッパラパーも多いAV女優の中で、かなり”しっかりもの”です。

一方で、なかなかのメンヘラであることも間違いありません。

表面上は分かりづらいですが、いろいろな作品を見ると独特の感じがします。

分かりやすく言えば「分かりにくいメンヘラ」だ。

決して悪いことではなく、それはセックスを見せるオンナとして魅力的なポイント。

何しろ、エロさに直結しているのです。

攻めも受けもいいですが、真面目な人間というのは基本的にマゾです。

やはり、責められている時に輝いています。

真面目な女性というのは、ルックスのいい女性と同じくらい危険な存在。

なにしろ、調教がしやすいのです。

「調教がしやすいんだろうな~」なんて考えながら見るのも、乙なものです。