>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

ケツ毛がボーボーで濃すぎる素人AV女優が出ている作品-処理がされていないアナル周辺の陰毛の魅力-

「ケツ毛」と言えば、「バーガー」だ。

忘れてあげよう。

世の中には様々な”フェチ”が存在するが、”ケツ毛フェチ”というのはおそらく少数派だと思う。

かの有名な「黒木香」の影響もあり、「腋毛フェチ」の方がやや多い気がする。

「剃り残しフェチ」のようなものもある気がするが、これもけっこう少数派だろう。

それに関しても、おそらく腋毛に限定されてしまう。

一方で、”髪の毛の色”に関しては「ブロンド好き」を代表として珍しいことではない。

黒髪しか愛せない

ピンクとかブルーのパンクな感じが好き

黒ギャルと白髪の組み合わせが最高

どうしても金髪ギャルがいい

いやシルバーだろ

ほんのり茶色でゆるふわ

極めて一般的で個人的な”好み”や”嗜好”の1つと言える。

「だからそれがいい!」と言える代表的な要素

で、ケツ毛です。

ケツ毛の何がいいのか?を少し考えてみましょう。

まず、ただ”未処理”という状態に惹かれる人がいます。

「だからいい」というやつです。

そもそも、「体毛が濃い女が好き」という人もいる。

中には、「最近なんか好きになった」という人もいることでしょう。

ある意味で、それは「成長」です。

自分の性癖を突きつめた結果、「それがたまたまケツ毛だった」というだけの話。

次に、「恥ずかしがっている姿がそそる」というパターン。

女性にとってケツ毛と腋毛は、どっちが見られたら恥ずかしいだろうか?

というのは愚問であり、もちろんアナルなんて普段見せることのない部位なわけで、そんなところが”更に汚い状態”になっていたら超恥ずかしいに決まっています。

「恥ずかしがっているのを見て興奮する」というのは、スカトロを含めた<排便(尿)>を求める人の中に確かに存在する層でもあります。

我慢できなくて・・・漏らしてしまう、そんな姿を見て興奮する人もいる。

「なんとなくわからなくもない」という人は少なくないはず。

いい年になれば、”あっけらかんとしたセックス”で興奮はできないはず。

羞恥心というのは欠かせないものであり、より多くを求めた際に「恥ずかしいことをさせたい」という”こたえ”に行きつく人もいるのでしょう。

そして最後が、「ギャップ」です。

”ギャップ萌え”は、珍しいことではありません。

かわいいのに・・・ケツ毛がボーボー、

というのも、1つのギャップのカタチでしょう。

ケツ毛の魅力は”親近感”?

今回紹介するケツ毛作品はこちら。

杉本明日香

「ケツ毛もの」というわけではないが、ケツ毛について改めて考えるきかっけとなった作品。

顔、体、ルックスに関して、はっきり言ってレベルは低いです。

しかしながら、「こーゆーのがいいんだよ」という人がいる気がします。

絶妙なスケベ具合だ。

「超ご近所系」とでもいうのでしょうか?

喘ぎ声が超自然であり、処理していないケツ毛と抜群にマッチしています。

脇毛もゆるいですね。

ジョリジョリ感が絶妙です。

そもそもの話になりますが、ケツ毛が生えていること自体珍しくはありません。

性別に関係なく、8割の人間にケツ毛が生えているという意見もあります。

特別な処理をしていなければ、そんなものなのでしょう。

処理している人を含めれば、9割くらいの人が自然なものとして生えている。

むしろ、生えていて当たり前とも。

となると、求められるのは”濃さ”そして”マッチング(もしくはギャップ)”になります。

この作品に出演している女優は、その辺が極めてハイレベルなのです。

とにかく、絶妙。

より親近感が沸く人も、きっといるはず。

それは、「マン毛」にも言えることでしょう。

”本当の陰毛”の話はこちらの記事で。

【矢部寿恵】おすすめの陰毛ボーボー剛毛AV女優【熟女と清楚系の手入れしていないマン毛はどっちがエロい?】

セットで楽しむべきであり、境界線なんて存在しないのです。

おすすめの「ケツ毛もの」作品

「ケツ毛作品」っていうのは、けっこう限られるみたいですね。

数が少ない。

実際には、それだけ特殊なのかも・・・。

その中でも、これはよいと思ったものを。

ワキ毛美人とケツ毛美人 2

まあ、どうしても”熟女より”にはなっちゃいます。

処理をしないのであれば、生きている時間だけ伸びるのだから。

ケツ毛ボーボー 毛むくじゃら妻に中出し 30人4時間

ケツ毛にも種類があるようです。

1人として、同じケツ毛はない。

ケツ毛とは「生きている証」なのかもしれない。

お得なヤツも。

黒アナル 50人8時間

極めて単純だが、センスのあるジャケットである。