>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【牧野紗代】どこにでもいそうな生活感が溢れるスケベ過ぎる華奢な熟女AV女優-これはもうどちゃくそ突きまくりたくなるぜ-

「エロい熟女」と聞いて、思い浮かぶAV女優はたくさんいる。

恵まれた時代だ。

その結果、”みんな同じように見える”というフェイズは避けることができない。

それを象徴する例として、熟女モノの雄センタービレッジがお届けする
「初撮り・・・ドキュメント」は、当初は画期的で時代にマッチしていたものの
今となっては、「同じような女優の大量生産」と正直思えてしまう内容が多い。

もちろん素晴らしいメーカーであり、分かりやすい例として挙げたにすぎない。

業界全体が同じ状況にあると言える。

何が言いたいかと言うと、「これだ!」という熟女優を見つけるのが難しいのだ。

特に”見た目”という最大の要素だけでは判別できず、そもそもレベルがみんな高い。

もちろん、熟女(女性)の見た目も様々だ。

熟女で言えば、「美熟女」や「垂れ乳」や「豊満」が王道と言えるがだろう。

一方で、”近くにいそう”だからエロく感じことこそが熟女の最大の魅力である。

「団地妻」や「友達の母」というのは、その典型だ。

そして、そっち系の熟女と探す際には”いいルックス”が邪魔になることも多い。

地味だからこそ、輝く系統でもある。

生活感のある熟女が華奢だったらエロいに決まっている

初見でまず思ったのが、「なんてエロいんだ!」という極めて単純な感想です。

間違いなく、”スキモノ”でしょう。

超天然モノの大物です。

エロくてケバい友人の母に奪われた童貞 牧野紗代

「牧野紗代」の見た目は、普通のおばちゃんです。

決して上品な美熟女ではない。

「どこにでもいる」と言う言葉が、非常に似合うことは否定できません。

友達のお母さんに、1人はいた気がする。

それも、あまり裕福ではないおうち。

これ以上は、よそう。

とにかく、”日常感”が出やすいタイプの熟女です。

それこそが、最大の魅力。

そして、特に注目するべきはこの作品。

久しぶりに再会した憧れの紗代先生 牧野紗代

内容に関しては、サンプルやキャプションが非常に分かりやすいですが
簡単に言えば、「かつて関係を持った教師がいい感じの熟女になっていた」というヤツです。

定番であり、そこそこありきたりな設定。

ただし女優はもちろん、脚本や男優もレベルが高い作品になっています。

3回のカラミは、それぞれ

「寝室で小沢とおる」

「ちゃぶ台の横で元生徒A」

「二階の和室で元生徒B」

黄金のローテーションです。

そして、素晴らしいのが「3カラミ全部ちゃんとカラんでいる」という点。

  • 余計なカラミ
  • やる気のないカラミ
  • 蛇足カラミ

といったものが見えてしまうAVは多もの。

しかし、この作品で牧野紗代は全てエロモチベーションを保ったまま
常に素晴らしいパフォーマンスをしています。

撮影した順番は分からないが、全部見ごたえのあるカラミです。

どんな女優でも、やはり3回目ともなるとやはり体力的にキツいもの。

男優が変わることは多いですが、女優だけは変わりようがないものです。

”こなす”というといかにもお仕事ですが、全てちゃんと魅せるのは素晴らしい姿勢。

そして、その理由が「スケベだから」という印象を与えてくれるのです。

  • フェラ
  • 腰使い

どれもこれもが、素晴らしい。

撮影にもこだわりが見える。

他のシチュエーションドラマものとは少し違うな、という印象を存分に受けます。

画角もいい。

綺麗だし、やや斬新だし、エロい。

絵コンテをしっかり用意する監督と見た。

人(元生徒)が泊っているのにキャミソールで寝ないだろ~

みたいな突っ込みどころは、多分にあります。

元生徒役2人の演技も、なかなかの大根。

小沢とおるの演技は相変わらずうまいが、いつも同じ役に見える。

これもよし。

女優だけでなく、見ておくべき要素がたくさんある作品です。

監督は「古賀丈士」。

「夫の上司と7日間・・・」を撮っている人みたいですね。

流行りもしっかり捕まえておられる。

当サイトで紹介した、「神宮寺ナオ」の作品も監督していらっしゃるよう。

マドンナ専属 神宮寺ナオ×珠玉の寝取られドラマ 最強のコラボレーション!! 夫の上司に犯●れ続けて7日目、私は理性を失った…。

こちらも、要チェケラ。

予告(サンプル)がやや”古っぽい”のも、個人的にはよし。

これはお得なヤツ。

美熟汁 五十路のマ○汁とまらない おマ○コぐじょぐじょ お口ベチョベチョ ハラ射 ムネ射 中出し 20人 4時間