>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【女性の性欲を高める方法】エッチなことが苦手で奥手な彼女やセックスレスになっている嫁を前向きにさせるための秘訣-

「女性の性欲を高める方法」

を知りたいという人には、2つの見方・立場があると考えられる。

1つは、

彼女にもっとエロくなって欲しい

嫁の拒否によるセックスレスを解消したい

といったことを目的とした、男性側からの目線。

そしてもう1つは、

パートナーはいるけどセックスが好きではない

そのことに罪悪感や不満があって性欲が欲しい

という、女性側からの目線。

共通しているのものは、「性を楽しみたい」という気持ち。

しっかりと高めて、楽しんじゃいましょう。

当サイトの管理人は非常に奥手な人間です。

このコーナーは「プロ」に寄稿していただいています。

そもそも”基本的にあまりない”という女性がほとんど

男性に比べれば、女性の性欲というのは基本的に少ないものであることが現実だ。

「めちゃくちゃ性欲が強い男」に比べて、
「めちゃくちゃ性欲が強い女」の割合は非常に少ない。

そもそも性(セックス)に関する価値が低く、
”妊娠(生殖)”以外に価値を見出せない女性も多い。

男性が”もてたい”と思う、そのほとんどが「セックスがしたい」といことが動機の一方
女性の中には、”異性から注目されることすら価値を見出せない”という人も多いようだ。

そもそも、「性欲の解消に対する情熱」が少ないのだ。

「彼女(嫁)にエロい女性になって欲しい」という考えは、極めて我儘な考え方と言える。

AV業界にも、「淫乱女優」を”演じている”人は非常に多い。

画面の中ではドエロかった女優さんが、

「プライベートでは全然していない」

ということは、決して珍しいことではない。

<増強>するのではなく余計なものを<除去>する

といった、”元も子もない話”は置いておきます。

ここからは、「エロいオンナ」にする(なるための)方法を合理的に考えていく。

そして、その際には

足し算ではなく引き算で考える

ということも大切。

「女性用のバイアグラ」といったものもあるにはあるし、「欲情する香水」とかも存在する。

精力を付ける食材である「高麗人参」や「マカ」や「すっぽん」は、女性にも効果的だ。

しかし、これらは根本的な問題の解決にはならない。

”加える”のでなく、マイナス要因を”減らす”ことの方がもっと大切。

どうすればエロくなるのか?

エロくなるための手段はあるのか?

ではなく、

なぜエロくなれないのか?

どうして欲情することができないのか?

と考えていくことが、本当に必要なことなのだ。

【性欲が強い女性の特徴】淫乱だからといってヤリマンではないし風俗嬢だからといってマグロではないとは限らない

鍵となる「メンタルブロック」を解き放つ

意識が高い言葉を使ってしまって申し訳ない。

特に女性は<心で感じる>傾向があり、感じない理由もまた心にある。

上記したように、男性と女性ではそもそも性欲に対するスタンスが大きく異なる。

女性にとっては、”性に興味がある”ことや
”セックスで感じることができる”ということは、1つの才能であると言える。

それと同時に、「育った環境」や「交友関係」も大きく影響するものだ。

特にアジアは性に対して厳しいご家庭も多く、知らない間に抑圧を受けていることも多い。

”はしたない”ということに関して、非常に抵抗があるはず。

男性からすれば、女性が持つ性への抵抗感を取り去ることが重要であり
「そんなものはない」と思っている女性も、しっかり受け入れることが必要。

特に女性はオナニーすることで、確実に感度が上がります。

”前向きになれない”ことにつながる様々な要素

「アルコール飲料」を飲むことで、一時的に性欲が高まる傾向があることは事実であり
それは「理性」がなくなるからであると考えられる。

”本能的”になることによって、性欲に対してアグレッシブになることは間違いない。

お酒をのみながらイチャイチャしてみるのは、一番簡単な方法。

※アルコールの強要・乱用は絶対ダメだよ!

とは言っても、

  • そんなことはとっくに試した
  • 一滴も飲めない

という人もいるはずであり、お酒の力を借りずに本能を引き出すことが必要だ。

「一緒にハプ(ニングが起きる)バー」に行ってみる、というのは極端な例だけれど
「一緒にAVを見てみる」というのは、古典的だがけっこう効果がある。

「自分の性欲を高めたい!」と思っている女性は、しっかりいろいろな作品を見てみよう。

2人で見るなら、”こーゆーやつ”は実際におすすめだ。

しかし、それさえも抵抗がある場合というのは”徐々に”ハードルを上げていく必要がある。

まずは、

君と”一緒に”気持ちよくなりたい!

ということを、しっかり伝えること。

俺そんな性欲強くないし

とか、

セックスだけが目的じゃないよ

とか、

カッコつけないほうがいい。

君の性感帯を発見させてくれ!

電マを試させてくれ!

とかを正直に伝えて、一段ずつ登っていこう。

最初の段階でフラれるか、気づいたら自然なセックスになっているかどっちかだ。

ただ、早い段階ではっきりしておいた方がいいことは間違いない。

とりあえず”物理的な問題”を取り除くことから

なぜセックスに抵抗があるのか?

その答えが、「痛いから」という女性は非常に多い。

”痛いだけで気持ちよくない”行為を、前向きにしたい人間はいない。

セックスという行為自体が好きではない女性の、その理由として

  • 痛い
  • ちんこを見たくない
  • 潔癖(主に唾液問題)

この3つが、ほとんどを占めることが現実だ。

この中で解決できるのは、”痛みを減らす”ということだけで
せめて”痛くない”という状況にすることが、セックスに前向きになるために必ず必要なこと。

それだけで解消できるのであれば、早い段階で解決しておくべき。

「30歳を過ぎるとエロくなる」

「子供を産むとエロくなる」

ということを耳にしたことがある人も多いと思う。

確かにホルモンバランスが変わることで、急激にエロくなることもあるかもしれない。

ただほとんどの場合、もっと単純な理由で、結局は”あそこが異物に慣れたから”に過ぎない。

「赤ちゃんの頭よりも大きなペニス」を持った男性は稀だ。

「赤ちゃん」に比べれば、さすがに楽に通せるはず。

また一般的な三十路女性なら、何度かはセックスしたことがあるはずだ。

大きな衝撃や経験を繰り返すことで、物理的にも精神的にも抵抗が減っていく女性は多い。

結局は物理的な問題だった、というのは珍しくはないこと。

もし若くて、慣れていないのであれば「ローション」や「潤滑ジェル」というものもある。

ローションを使っているカップルは、意外と多いよ。

何も特別なことじゃない。

女性としても、”楽”なもの。

慣れるためには、必要な段階でもある。

いずれは、「前身ヌルヌルマットプレイ」ができるくらいになるといいね。