>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【加賀美さら】「本物のドM」なのか「イタイ子」なのか”瀬戸際感”が魅力のツイッターが面白い系AV女優

ツイッターが、なんか面白い。

「加賀美さら」を初めて知ったのは、”リツイート”がきっかけだった。

非常に”今時”であると言える。

ひと昔であれば、

エロ本

ツ〇ヤとかゲ〇の18禁エリア

といった場所に「新作コーナー」というものがあって、「新たにデビューしたAV女優」の情報はそういった所で知るものだった。

時は流れて、今では”デビュー前”から知ることができ・・・

「こんなかわいくておっぱいが大きいコがこれからアッパレするのか!」

という、新しい販促法によって新人AV女優を知ることも多い。

とは言え、毎日のように新しい女優がデビューする昨今では全てを追うことは難しく、だからこそ余計に”運命”を大切にしたくなるのである。

最近では「大喜利AV女優」が話題になったり炎上したりと、”SNS”という要素はAV女優にとって重要な舞台であり道具となっている。

だから、みんなやる。

でも、面白いのは一部であり、目に止まるのも一部。

そんな中で、加賀美さらは絶妙なつぶやきをしている存在だ。

で、肝心な作品に関して・・・

結果として、SNSが諸刃の剣となってしまっているように思える。

そして、それが魅力であるとも。

ドMが飽和したこの世界の片隅で

加賀美さらは、いわゆる「ドM」をウリにしている女優です。

若くて、見た目も悪くない。

今となっては「いくらでもいるレベル」ですが、”見た目は普通感”もよい。

基本的には、

若いのに性癖がねじ曲がっていて何でもできちゃう

そういった女優を求めている層に、需要があるはずです。

ただし、「そういうコ」もたくさんいるのが今のAV業界です。

イラマが好きです。

お尻を叩かれたいです。

首を絞められながらピストンされるのが最高です。

そんな女優は、すでにいくらでもいます。

その中で目立つのは”もうワンパンチ”が必要になり、時には大喜利が必要になります。

加賀美さらの場合はそれが「日常的なツイート」であり、そこには時々「作品への思い入れ」や「過去」を匂わす内容がある。

自分で分かっているのか天然なのか、”その辺”が非常に絶妙なのです。

僕達は「裏側」を知るべきなのだろうか?

性欲の対象として見ていた女性の「本当の姿」というのは、”スパイス”になる。

分かりやすいのは、

・プライベートのセックス

・メンヘラ感

といった日常の姿を知ることで、作品を見た際に余計に興奮するのです。

「ドキュメンタリーもの」というのは、まさに「掘り下げた後のセックス」が魅力であり

・暗くてよく見えない

・カメラがブレすぎている

といったマイナス面を補う、「なんか興奮するやーつ」が売りになっている。

一方で、知ってよかったのか、知りたくなかったのか、微妙なことも・・・

その中に、「作品の裏側」といったものがあります。

AV女優のツイッターでは定期的に「作品の紹介」がされますが、それと同時にいわゆる「病みツイ」というものも定期的に見られてしまいます。

もちろん、それが当たり前であり、それも魅力です。

一方で、それが”仕事の話”を思わせる内容の場合・・・

「どの作品なんだろう?」

と考えてしまうものでもあります。

そして、その作品が分かった際には

・だから興奮する

・興奮できなくなってしまう

どちらかになるのが常です。

ここでは内容にはあえて言及しませんが、加賀美さらの場合は全てが絶妙。

興奮するか、興奮できなくなるかは、あなた次第です。

「絶妙に面白いツイートがたまにある」⇒加賀美さらのツイッターはこちら

やっぱり”張り切らない”方がヌケる

ここまできて、やっと作品の紹介です。

僕が選ぶ、加賀美さらが一番輝いている作品。

でびる

まさかの”素人設定”です。

周知の事実だから、加賀美さらとして紹介してもいいでしょう。

やっぱり「単体名義で気合が入っている作品」より、「こーゆーやつ」がいい。

出る方も、観る方も。

”ちゃんと系”だったらこちら。

もっと激しく嬲られたい… こじれた性欲!苦痛が快楽! 規格外の変態ドM美少女AVデビュー! 加賀美さら

「慣れてない感がある変態」は、やっぱりいい。

体に気をつけて。

喉マ●コ中出し美少女嬲りイラマチオ 加賀美さら

無理はしないでね。

”頑張っている感”が目立つとヌけない

必死とエロは対極にあります。

アダルトビデオの目的とは、基本的には<オナニー>です。

気持ちよくなるあために、見るものです。

その気持ちよさを追求するために自分の「性癖」や「こすり方」を追求し、<フィニッシュ>する場面を選んで、最高潮の状態で射精することを目指すのです。

そこに”無理”があると、途中で萎えてしまうことも多い。

その点、加賀美さらは「どっちか分からない」のが魅力。

個人的には、「藍川美夏」

【藍川美夏】支配欲を満たす「イラマチオ」の天才-喉奥フェラをするために生まれて来たAV女優とおすすめ作品-

「春原未来」

【春原未来(すのはらみき)】真面目にセックスを頑張るメンヘラっぽい女が結局一番エロいんだよ

二人を合わせた感じ?なのか、これからなっていくのか楽しみです。

なんだかんだ言って、ちゃんとしているコなんだと思う。

頑張るガチ?M系女優は、寿命が短い。

頑張り過ぎないで、頑張って欲しい。