>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

【宮本紗央里】美人なのに崩れてゆるんだいやらしい体つきをしている絶妙なギャップがたまらない熟女AV女優

昨今のAV業界の流れとして、”素人回帰”とでも言うべきか、単体で売り出した後に「素人設定」で売り始める女優が増えている。

「そっちの方が売れる」

「両方で売れる」

という考えもあるのだろう。

二毛作である。

バリバリの単体よりも素人の方がいい、というユーザーは少なくない。

「その辺にいそうな主婦」がウケるように、”親近感”というのは興奮にもつながる要素。

そもそも、AV女優としての”名前がもらえる”ということはある程度の条件を満たしているということでもある。

ちょっとした作品なら、サクっと撮れるだろう。

「ポテンシャルの高いシロウト」として、出さないのはもったいない。

コスパの時代なのである。

美しく崩れた完熟ボディ

綺麗な顔しているのに、体はゆるい。

沙央里

最高っス。

もしかしたら、

というより、普通は

本来であれば、”残念”な印象を受けるのかもしれません。

もっと体を引き締めればいいのに・・・と。

しかし、「だが、それがいい」のです。

「いわゆるギャップ萌え」というヤツです。

アンバラな方が、どこか欠けている方が魅力的に写るもの。

後ろ姿は完璧なのに、しゃくれている。

顔は美人なのに、ミニラみたいな体をしている。

京都弁をしゃべるギャル。

清楚なのに、歯並びがガタガタ。

ギャップ萌えは宇宙である。

そもそも熟女好きの中には、「たるんだボディフェチ」が少なくはないと思います。

「昔は完璧だったんだろうなー」という感じもいいのです。

基本的には、子供の数だけ体はゆるんでいくことになります。

もちろん、たくさん産んでいた方が興奮します。

なんか、スミマセン。

宮本紗央里の場合、この作品では「2人」と言っていますが、下で紹介するデビュー作では「4人」になっています。

これもご愛敬である。

上記素人モノシリーズは、ハメ師(男優兼監督)もいいです。

ハメ撮りは下手なんだけど、反応がいい。

よく声を出すし、息が荒い。

リアルがあります。

たまにうるさいなーと思うけど、こうなっちゃうよねーとも思う程度。

プロ失格と考える人もいるかもしれないけど、これも逆にいいのです。

本当のスキモノ女は素人設定でこそ輝く

この女優は、相当な「スキモノ」だと思います。

美人で且つスキモノ、つくづく最高です。

そして、スキモノというのは”素人設定”の方が輝くもの。

単体モノやドラマモノだと、どうしても「演出」が入ります。

体位の順番や変えるタイミングも、指示されることが少なくはないもの。

没頭できないのです。

没頭してこそエロい人は、その魅力を引き出せないデメリットがあります。

デビューは「SOD」のシリーズものですが、この時は確かに素人と言ってもいいでしょう。

「デビューもの」というのは、「ギリ素人」を楽しむもの。

AV史上もっとも綺麗な40代 宮本紗央里 42歳 AV Debut

「AV史上・・・」は言い過ぎかもしれませんが、言いたくなるのは分かりますよ。

何というか、女子アナ顔である。

中堅の真面目系。

お昼の短いニュースを読んでいても、違和感がない。

その後の作品では、もう素人ではないですが「だいたいよいで賞」。

母の友人はクラブのママ 宮本紗央里

ポテンシャルが高いと、基本的にハズレがない法則です。

変な設定が多い気がしますが・・・・

やっぱり、素人設定に戻った後により輝いていますね。

宮本

舞台俳優が映画に出演した後に、舞台でより一層輝くのと同じようなもの?でしょう。

着衣もいい。

紗央里

母乳が出たり、出なかったりもいいです。