>>プロが選んだこの世で一番ヌケるオカズ<<

女性AV監督【真咲南朋(まさきなお)】過激なプレイで活躍した元AV女優はしっかりヌける作品を撮り続けている

AV監督は、”基本的に男性”ということが一般的だ。

当たり前のように、思われている。

アダルトビデオとは、オトコのためにオトコが作るものであると。

そんな中で、「女性AV監督」というのは異質な存在と言える。

メーカーの「広報」や「プロデューサー」と呼ばれる役職には女性も多いが、こと制作現場のトップと言える監督には、メーカー内でもなかなか見かけないものだ。

監督志望の女性や、メーカーが”作る”監督は存在する(した)が、その多くがうまくいかない。

それはその女性の力不足ということではなく、根本的な理由がある。

言うまでもなく、アダルトビデオというのは基本的に男性向けに作られているものだ。

「男性目線」なのだ。

そのため「女性ならではの目線」というものが、どれほど有効なのかも正直分からない。

意味があるのか?という意見もある。

何よりも、”主観”になれないという最大のハンデがある。

しかし、そんな厳しい目を向けがちな女性AV監督の中にもしっかり評価すべき女性がいる。

いわゆる1つのサクセスストーリー

この方以外の女性AV監督が、みんなダメなわけではありません。

やはり”男性にはない発想”があり、男性がヌける場合もあります。

中でも、特にレベルの高い女性AV監督として紹介いたします。

真咲南朋(まさきなお”安藤なつ”妃)

⇒ 鼻穴飲精変態狂

2006年にAV女優としてデビュー(安藤なつ妃名義)。

2008年に監督デビューし、2016年AVOPENにて監督賞受賞。

女性AV監督というと、やはりどうしても”きわもの扱い”されがちであり、「元AV女優」となると”それで売っているんでしょ?”と思われがちです。

真咲南朋は8年間監督として撮り続け、その結果しっかり評価され、今も撮り続けている作り手です。

なんちゃって、ではないのです。

そもそも、「最初から監督志望」だったらしい。

デビュー当時は「企画」とか「キカタン(企画単体)」と呼ばれる、はっきり言って”その辺にいくらでもいる”AV女優の1人でした。

しかし、彼女はその後監督へと上りつめることになります。

もととも野望があったのか?

そうなるのは必然だったのか?

超貴重な、まともな作品を撮る女性AV監督へと成長しました。

AV女優時代の作品も、なかなかに見どころがある作品も多いです。

ドキュメンタリーものとしても、これは傑作。

⇒ 愛していると言えなくて〜真咲南朋 美尻温泉旅行

彼女を知ったのはAV女優時代で、その後に監督になったことを知り生温かい目で見守っていました。

「なかなかやるな」と感じ、彼女に関するいろいろなインタビュー等を読みましたが「ナチュラルに変態なんだな」という印象であり、十分にポテンシャルの高い方でした。

監督作品に関しては好き嫌いが分かれるものが多い気がしますが、当然の結果と言えます。

だからこそ、価値があるのです。

どんどん質が高くなっていく作品

なんとなくフェードアウトしていくことが多い女性監督ですが、真咲南朋は作り続け、そして質も確実に高くなっています。

その過程のイチオシ作品。

⇒ if…もしも、佐々木あきがAVを引退したら…引退後はどんな中出しSEXをしてるだろうか。 佐々木あき

やっぱり、見せ方がちょっと違いますね。

「レズ」とか「M男責め」が人気らしいですが、普通っぽい作品もなかなかいい。

⇒ ビキニによく合うカワイイちっぱいとローライズからはみ出るプルリンお尻 メイドビキニ 向井藍

個人的な性癖というよりも、”普通となんとなく違うエロさ”に惹かれます。

とはいえ、やはり特別なシチュエーションの作り方がうまい。

こちらの記事で紹介している作品は、特に素晴らしい。

【とても残酷なAVがもっと過激なエロになる】組み合わせて興奮度が増す「種付けプレス」を超えたシチュエーション

意外と今までになかった内容で、質もとても高い。

真咲南朋監督だからこそ作れる作品でしょう。

これが「オンナが撮る意味」なのか、と考えさせられます。

かわいいこをかわいくエロくもできる。

⇒ 射精ホヤホヤの敏感チ○ポ、今日はヤメずにシャブってやるからな 楓カレン

AV監督の中で、”自分が好きなように”撮れる人というのは、実は限られた存在。

「こういう感じのを撮ってください」と言われて、言われたように撮るケースが多いもの。

そんな中で彼女は比較的自由が許されている感じがするし、本当に楽しんで意欲的な作品を作り続けているように見えます。

ありきたりな、偉そうな締めになりますが、今後にますます期待します。