>>「バーチャルセックス」をする方法<<

「お酒を飲むとうまく勃起できない(勃ちが悪くなる)」本当の理由と残念な結末を防ぐための方法

相手が”彼女”なのか、”プロ”なのかはともかく

「飲み過ぎたからかなー」

なんて、”勃たない言い訳”をしたことのある人は少なくないのではないでしょうか?

アルコール飲料を摂取し過ぎると勃起しにくくなる

というのは極めて常識的なものであり、また事実でもあります。

実際には、

少量の飲酒であれば血行を促進し、催淫効果のあることから勃起しやすくなる

過度な飲酒は神経を鈍くするために、あらゆる角度から勃起を邪魔してしまう

ということが、一般的です。

もちろん、飲めない人にとっては少量でも勃起どころではなくなってしまいます。

”どの程度で”というのはその人の体質によるため、絶対値は存在しないものになりますが、だからこそ”付き合い方”が大切です。

ボッキしづらくなるのは当たり前

過度な飲酒が勃起を妨げる理由は、単純に感覚が”鈍く”なるためです。

”自分にとっての一定以上”の量のアルコールを摂取することで、

  • 力が出ない
  • 早く走れない
  • 思考が安定しない
  • 呂律が回らない

こういったことが起きるのと同じように、勃起に関しても”弱く”なります。

極めて、当たり前の現象です。

”勃起”とは様々な物質・神経が関わっている現象であり、多くの場合には「性的な興奮」をきっかけとして発生します。

下半身、特にチンコ周りといういのは、神経が密集している部分です。

  • スイッチが入りにくくなること
  • 興奮を伝えることができないこと
  • 伝わった後に”反応”が帰ってこないこと

何重にもなって、勃起しずらい状況が成立していきます。

”勃起できる限界飲酒量”を知っておくことの大切さ

だからどうした?

という話にはなりますが、分かっていても”残念な結果”を経験するのはなぜでしょうか?

勃たないのに風俗店に行ってしまう

という、ジレンマを抱えた人は少なくないはずです。

酔った勢いで

酒でも飲まないと恥ずかしい

酒を飲んでいるからイケない

ある意味で、”勃たない状況だから”行ってしまうのです。

それも1つの青春かもしれませんが、単純にお金がもったいないです。

”もしも”の時のために、「自分の限界」を知っておきましょう。

「潰れない潰されないために自分の限界酒量を知っておけ」

というのは、新社会人や大学生向けの格言として使い古されています。

しかし、

  • 飲める限界
  • 勃起できる限界

というのは、けっこう違うラインです。

ここを自覚しておくことで、悲劇(お金を払ったのに発射できない)を防ぐことができます。

まして、それが「ターゲットをやっと落とせた後の大切な場面」だとしたら尚更です。

自分の限界勃起ラインを知る最も単純な手段が、

「勃起しながら飲む」

というものです。

勃起を維持できなくなったら、”そこ”が限界点と言えます。

半分冗談みたいな話ですが、何もしなければ愚かな過ちを繰り返すだけです。

変な誤解を受ける可能性もあるので、女性がいるところでは控えましょう。