>>「バーチャルセックス」をする方法<<

【水戸かな】はデビュー作が一番素晴らしい最高傑作であるということとAV女優の”逆サバ”への問題提起

近年、AV業界では「逆サバ」が流行っている。

本来であれば、女性にとって、こと年齢において
<サバを読む>というのは”実年齢よりも若く申告する”ということだった。

しかし、最近は逆なのである。

本当は28歳なのに、30歳ということにしてみたり・・・

ひどい場合は、実年齢20代前半の女優が30代を演じてみたり
「熟女」という冠を乗せられて、人妻という役を担っていたりする。

もちろん、「女優」というのは”役”になりきるのが仕事である。

とは言え、最近はあまりに限度が過ぎている作品が見受けられる。

そもそも、なぜサバを読むのだろうか?

その答えは簡単だ。

「その方が売れる」

つまり、

「その方が嬉しいんでしょ?」

という考えからである。

近年の熟女ブームが、逆サバを蔓延させてしまった。

パラダイムシフトであり、まさに資本主義の局地。

怒らないから「本当のこと」を言ってごらん

そもそも、AV内やパッケージの表記や事務所のプロフィール上における
「年齢の数字」というのは、基本的にかなりアバウトなものでした。

そんなとこ細かく見てないし・・・

若ければ若いほどいいんでしょ?

という、制作側の思惑があったことは否めないはず。

そこで起きたのが、熟女ブームです。

それまでは需要がないと思われていた「おばちゃん」達が続々とブレイクしていきます。

そして、熟女好きというのは”リアル感”を重要視するものであり
中でも”年齢”というのは、とても重要な鍵を握る要素になります。

従来であれば、

42歳でも、43歳でも、どっちでもいいでしょ?

とされたいた表記も、より正確なものが求められ、それがウケていきました。

そして・・・嘘をつき始めます。

「そっちの方がウケるから」

こうし、ふざけた”熟女モノ”が蔓延していきました。

「リアル」の素晴らしさを思い出そう

そろそろ「水戸かな」の話をします。

いい女優さんです。

キレイで、本当にエロい。

「フェイク淫乱」が急増するこの時代において、とても貴重な存在です。

何作も繰り返し見る価値がある、単純におすすめの女優さんの1人。

だからこそ、「一番いい作品」を見て欲しい。

「水戸かな」というのは、”綺麗系熟女”を探している方なら必ず目にする名前です。

そして、次にとる行動は”どれがヌケル(質が高い作品)”かを探すものです。

売れっ子なので、作品はいくらでもあります。

でも、実はデビュー作が一番”いい”のです。

Madonna超大型専属 新人 水戸かな 32歳 AV Debut!!

簡単に言えば、魅力が分かりやすい。

デビュー作なのに、完璧です。

本来であれば、それはマイナスです。

「ああ、プロ連れて来たんだな」

とか

「再デビューかな」

と感じてしまうもの、

しかし、この水戸かなだけは、それがプラス要素なのです。

「お金持ちの愛人だったんだろーなー」という邪推ができるのです。

そして、更に”素晴らしいポイント”の1つに”年齢”があります。

「32歳」となっていますが、おそらく本当か、もしくは「もう少し上」なのです。

ちょっと、(本来の)サバ読みしてるっぽいのです。

十分に綺麗であり、20代と言われても納得できます。

もしかしたら、「女のプライド」とかの事情もあるかもしれません。

ちなみに、プライドの高い変態が一番エロいです。

繰り返しになりますが、

水戸かなは、キレイで、エロい。

かなりレベルの高いAV女優の1人です。

ただ、デビューして以来徐々にレベルが落ちている(本人は悪くない)ことも事実。

だからこそ、その”スタート地点”を見ておいて欲しい。

「もういろいろ見たよ」という方であっても、このデビュー作は必ず見るべきです。

見ましょう。

見ていないのは、非常にもったいないですよ。